ピクシブ百科事典

スカル団

すかるだん

ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場する組織。
目次[非表示]

概要

ポケモンSM』に登場する、アローラ地方で活動するトレーナーの集団。
服装・シンボルマークのモチーフはドクロ。

元々は島キングを中心とした組織であったらしいが、現在は廃墟と化したウラウラ島ポータウンを牛耳って拠点とし、他人のポケモンを奪ったり、試練の場を荒らしたりとさまざまな悪事を働いている。

しかし、これまでに登場した悪の組織とは決定的に違う点がある。

歴代の悪の組織

……といった危険な思想を抱き、その実現のための過激な活動を行う整然とした秘密結社だったのに対し、スカル団は一貫した目的もなく、純粋な自身の誇示のために悪行を繰り返す不良少年少女の集まりといった趣が強い。
強いて言うなら「無差別に迷惑行為を行う」事自体を目的としており、したっぱの一人も「世界征服などは考えていない」と発言している。その有り様は、過去作にいた“ぼうそうぞく”などに近い。

そもそも団員は島巡りに失敗したり、カプ神の怒りを買うなどしてアローラの社会から追い出された若者たちであり、アローラの社会や風習を快く思っていない者が多いようだ。
とある施設では10円払っただけで大喜びしながら主人公のポケモンを回復してくれる団員もおり、経済的にも厳しい状況に置かれていることが窺える。

実はエーテル財団の代表ルザミーネと密かに通じており、財団暗部の仕事を請け負い資金援助を受けていた。このことは大半の財団職員は知らずスカル団に保護活動を妨害されると不満を口にしていた。
ストーリー中盤、ルザミーネからの依頼を受け、リーリエコスモッグエーテルパラダイスに連れて行き、エーテルパラダイスに乗り込んできた主人公らに立ちふさがる。
騒動終結後はグズマの意向により解散し、各々違う道を歩んでいく。

尚、若者の不良集団であり歴代の悪の組織でも小物なためか、ウルトラサン・ムーンに登場するもう一つの悪の組織は彼らをチンピラ扱いし、スカウトの対象から外している。

メンバー構成

ボス

グズマ


スカル団のリーダー。
手持ちポケモンはアリアドスグソクムシャなどのむしタイプ
タイプを統一した手持ち構成は悪の組織のボスではサカキ以来。

幹部

センシティブな作品


見た目がファンキーな女幹部。
ゴルバットエンニュートなど、どくタイプを中心としたポケモンを使う。
スカル団の姉御的な存在で、意外と落ち着いた理性的な性格。

用心棒

グラジオ


スカル団に用心棒として協力している少年。主な手持ちポケモンはタイプ:ヌル
時折中二病めいた言動を見せる時もあるが、その素性はリンク先にて。

したっぱ

男は青色の髪と踝を除いた長ズボンが特徴で、女はピンクの髪でホットパンツを履いている。どちらもドクロの帽子とマスクを着用する。
ちなみに彼(彼女)らの着ている黒のタンクトップは自腹で買っているらしい(見た目とは裏腹にその辺は自分のお金でちゃんと買っている。ポケモン悪役ならではの憎めない一面と言える)。
ある場所で彼らのタンクトップが買えるが、値段は一万円と高い。
使うポケモンはスリープヤトウモリなど。使っているボールはネストボール。

スカル団 後輩の素朴な疑問
TEAM SWAG


一応決めポーズがあるようだが、どう見てもアレにしか見えない。

口癖は団体名に引っ掛けて「スカ」……と思われがちだが、実際には序盤に登場する団員の一人が印象付けのためにわざと言っているのみで、彼以外の団員は普通に喋る。
ちなみにストーリーが進むと他の女性団員から「スカスカ言ってたあいつ、どこに行ったのかしら?」と言われる始末。
前作で登場した悪の組織ポーズといい、したっぱはネタにされるのが宿命なのだろうか。
バトル中はラッパーのような仕草をしている。

ちなみに北米版では「スカ」ではなく、本場のギャングらしい"yo"や"homie"などのスラングを混ぜた黒人英語を話す。
それもあってか上のようなヒップホップ調の絵が描かれることもある。



アニメのスカル団

サン&ムーンギャグ劇場第25話「おまけ少ないのが何なんスカ!?」


CV:内野孝聡(SM1話~11話)→櫻井トオル(SM25話)(タッパ)/堀総士郎(ジップ)/朝日奈丸佳(ラップ)/岡崎体育(アキトシ)
※EDのキャスト欄では「スカル団員」と一括りにされている。

アニメ『サン&ムーン』編においては、放送開始から時間を置いてから登場することが多かった今までの悪の組織とは異なり、いきなり1話から登場している
しかもあのロケット団3人組よりも先に登場しており、これはアニメシリーズの悪の組織では初めてとなる。
ただしゲームと同様に今までの悪の組織よりかは小物感が強く、その辺の人物に因縁をつける「町のチンピラ」として描写されている。

したっぱの面々が早い段階で登場した一方で、ボスのグズマと幹部のプルメリに関しては長らく未登場の状態が続いていたものの、2019年に入りようやくアニメにも両者が登場することとなった。
ゲームと同じくポータウンが拠点で、今では珍しいブラウン管テレビを使っている。

主に男性したっぱで兄貴分のタッパ、デブキャラのジップ、女性したっぱのラップの3人組が登場している。
手持ちポケモンはタッパがヤトウモリ、ジップが※ダストダス、ラップがズバット。タッパはZワザを嫌っているらしい。
(※第1話でのみヤングースを使用。他二人が複数の手持ちを連れている状態だったので数を合わせやすいよう、巨体のダストダスではなくヤングースに差し替えていたと思われる)

したっぱのデザインはゲーム及び他の悪の組織よりバリエーションが豊富となっている。
メンバーの一人であるアキトシはグズマがスカル団アジトに帰ってくる際にはスカル団とグズマを讃えるラップを披露している。

1話ではカキに「リザードンをよこせ」と絡んできたが、バクガメスZワザで手持ちポケモンが倒され退散。
5話のスイレンの回想シーンではしたっぱ達がアシマリをいじめ、スイレンの海ライドポケモンだったラプラスれいとうビームを喰らう。
11話は1話で登場した3人がアーカラ島のジャングルでモーモーミルク配達をしていたカキ達を急襲。ペリッパーを傷つけ、ライドギアのベルトを切り、ダストダスで善戦するも、サトシのピカチュウが繰り出したスパーキングギガボルトを喰らい退散した。
25話ではムコニャとZクリスタルの争奪戦を繰り広げるも敗北。

久々に登場した65話ではタッパがイリマに一方的な恨みがあるらしく、手下たちを引き連れてポケモンスクールに乱入。数人がかりでイリマの相手になるも、イリマがイーブイと共にZワザ「ナインエボルブースト」を披露。最終的には女性メンバーたちまで虜にされ敗北した。
68話ではポケモンセンターへ職業体験に向かうサトシの前に現れるが、その最中にジップのダストダスが手入れ不足(毒詰まり)で体調不良となってしまう。強がってポケモンセンターへ預けられないジップを見かねたサトシ達の手によって大掛かりな清掃が行われ、無事元の健康体に戻った。

104話では大根泥棒をして大根を餌にオドリドリを捕まえるセコイ悪事を行っていた。そしてあっさりハプウに撃破される所をプルメリに見つかり撤退する。

128話から始まったアローラリーグではククイの発言に乗る形で彼らも参加、グズマが本戦進出。
準決勝でサトシに敗れるも、後半の熱い戦いぶりに感動したしたっぱやプルメリは「無敗伝説」を破った彼を見捨てることなく改めてついていくと決意表明する。
なお試合が無い時は、したっぱたちが落書きなどみみっちい悪事も働いていた。グズマはいざとなったら試合中もやらせる予定だったようだが結局未遂に終わった。

最終話のエピローグではグズマを初めとしたメンバーがバトルの特訓をする姿が描かれた。

余談

前作のボス同様に、早速グズマの公式絵がコラで遊ばれている。
Twitterで投稿されたものの中にも「お年寄りに電車の座席をゆずる」「アニメ版のサトシの公式イラストと組み合わせて握手してるように見せかける」といったコラ画像があり、もはや完全にクソコラグランプリ状態である。

また一般トレーナーでは、服装がスカル団に非常によく似ているバッドガイバッドガール(及びボーイとガールの組み合わせでダブルバトルを仕掛けるバッドカップル)も登場する。
SMでは詳しい描写がなかったためスカル団とバッドの関係は不明で、スカル団を抜け出したもの=バッドなのではとささやかれていたが続編で判明した。USMのエンディングでスカル団男女全員がバッドの姿に変わっている。
帽子にドクロマークがなかったり、マスクをしていなかったりと細かい所が違っている。

2017年3月、人類最速の男ことウサイン・ボルトと珍獣ハンター・イモトアヤコがしたっぱに仮装したCMが公式サイトで公開された。

関連イラスト

悪の組織



関連項目

ポケモンSM 悪の組織(ポケモン) アローラ

歴代の悪の組織

ロケット団 第一、二世代
マグマ団アクア団 第三世代
ギンガ団 第四世代
プラズマ団 第五世代
フレア団 第六世代
レインボーロケット団 第七世代(ウルトラサンムーンのみ)

関連記事

親記事

悪の組織(ポケモン) ぽけもんのあくのそしき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカル団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7275392

コメント