ピクシブ百科事典

ウサイン・ボルト

うさいんぼると

ウサイン・ボルトとはジャマイカ出身の陸上競技選手。現在な男子100mおよび200mでの世界記録保持者。 事実上な世界最速な男。1986年8月21日生まれ196cm95kg。
目次[非表示]

人物

「アスリート」ウサイン・ボルトとして

特徴

長身選手は不利と言われる短距離走においては異常ともいえる、196cmの長身を誇る。
生まれつきの脊椎側湾というハンデを抱えているためスタートを苦手としており、
スタートダッシュこそは有利と言われる選手と比べ決して速くはないが、2m76とも言われる一歩の大きさから生み出される圧倒的なストライドの広さから、中盤あたりから一気に加速をする、競馬で言うところの「差し」「追い込み」のような走法が特徴。
その爆発的な加速力ゆえ、他の選手が全力で走っている中ひとりだけ流して好記録を叩きだしてしまう事から、「カテゴリを男子・女子・ボルトに分けるべき」と言われる事も。

世界記録を更新したときのような見せ場では、天に向かって弓を射るような独特のポーズ『Lightning Bolt』を取ることで有名。

記録

獲得したメダルの数も相当であり、中でも2008年に開催された北京オリンピックでは100m・200m・400(100×4)mリレーの3競技で当時の世界記録を出し、3冠を果たしている。
また、2009年世界陸上ベルリン大会・ベルリンオリンピックスタジアムで100mファイナルにおいて、速報タイム9.58秒、そして200mファイナルでは速報タイム19.19秒という世界新記録をたたき出した。

2012年ロンドン夏季オリンピック、男子100m決勝にも当然の如く出場。
前年の世界陸上テグ大会男子100m決勝において、まさかのフライング一発退場の影響からか、スタートこそ「出遅れ」クラスに遅かったものの、驚異的な追い上げを見せ9秒63で金メダルを獲得した。
200m、400(100×4)mリレーでも金メダルを獲得し、史上初の2大会連続三冠を達成(100m・200mの2大会連続二冠も史上初)。
ジャマイカのリアル・チート伝説はまだまだ終わりそうにないと思われてたが、2016年リオ・デ・ジャネイロ夏季オリンピックにて、オリンピックからの引退を表明した。
オリンピックの国内選考会時に負傷しており、今までの自信に溢れた発言もなりを潜めていたことからライバル国からは彼を追い抜くチャンスとも観られており。最後の走りに注目が集まった。しかしいざ本番が始まると男子100m決勝でボルトならではの爆発的な加速で後方から首位を走ってたアメリカのガトリンを追い抜き、最後は流しながら9秒81で種目史上初の3連覇を果たした
200m決勝では19秒78、400(100×4)mリレー決勝では37秒27で金メダルを獲得し、史上初の3大会連続三冠を達成した。

「人間」ウサイン・ボルトとして

カリブ方面の人間としては比較的珍しい物静かな性格。しかし会見や試合前でおどけて見せるなどカリブ人らしい一面も。
極度のホームシック持ちらしく、練習環境の整ったアメリカからたびたびスカウトを受けるも、ソレを理由に断り拠点を故郷・ジャマイカにおいている。
ゲーム好きと言う一面も持っており、大会で遠征した時などに購入して「ほとんど全種類所持」しているらしい。
鶏肉を好み、普段の食事はフライドチキンやナゲットなど油っこいものが多い。北京オリンピックではマクドナルドのナゲットを1日100個、10日間も食べ続けたという。
(アスリートの消費カロリーを考えると理に適っている面もある)

pixivに投稿された作品 pixivで「ウサイン・ボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212545

コメント