ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第4世代
効果持っている道具の効果が発動せず、使うこともできない


概要

道具が使えないという特性。一部例外もあり、


一見するとマイナスしかないデメリット特性のような効果だが、なまけスロースタートと違い、下記のような運用方法によるメリットが存在する為、うまく利用すれば中々使える特性になっている。

アイテムに関する要素がシャットアウトされる為、例えば「しぜんのめぐみ」の他、第5世代でのみ「なげつける」も失敗してしまう。

だがトリック」「すりかえは可能で、例えば「こだわりスカーフ」「どくどくだま」「ねらいのまと」「とつげきチョッキ」などを相手に押しつけるのには非常に有用。
他の特性と異なり技が失敗してもデメリットアイテムの効果を一切受けないので、守られたり無効化されたりしても立て直しが利くのは長所と言える。
ミミロップ・ココロモリ・タブンネはこれ以外にも「なかまづくり」や「スキルスワップ」で相手の道具だけでなく特性すらも使い物にならなくさせるという強力な戦術を持つことから、
裏をかいてこの戦術をぶつけると虚を突けること間違いなし。

が、それらの用途すらないヌイコグマ系列にとってはなげつけるを使う戦法を除いてまともに扱えないため、実質空気特性である……
尚、ゴビット系列は第8世代でようやくトリックを習得した。

なお第8世代で登場した新技「ポルターガイスト」は、この特性を持っていても道具を所持していれば普通に受ける。
成功の可否が「道具が使えるかどうか」ではなく、あくまで「道具を持っているかどうか」で判定されるからである。
道具そのものを動かして相手を襲わせるというコンセプトであるため、当然といえば当然である。

この特性を持つポケモン

太字隠れ特性


関連タグ

ポケモン 特性

持ち物関連の特性

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぶきよう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41859

コメント