ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第4世代
効果ポケモンに持たせると、登場した最初のターン終了後にもうどく状態になる
英語名Toxic Orb
入手方法BPで入手(第四世代~第七世代)
リーグ再選で優勝してボールガイからもらう(第八世代)、マックスレイドバトルのフシギダネフシギソウを倒すか捕まえて50%の確率で入手(2020年2月27日~3月2日

概要

第4世代から存在する道具。
持たせたポケモンがもうどく状態になるアイテム。

もうどくになると、毎ターン受けるダメージが最大hpの「1/16、2/16、3/16、4/16……」のようにどんどん増えていくため、とても使えたものではない誰得なアイテムであり、トリックすりかえによって相手に押し付ける戦法に活用すべきアイテムである。

ただ、そのような回りくどい戦法をするなら、ほとんどのポケモンが覚えられる「どくどく」を放った方が良いのは言うまでも無い。
第8世代ではどくどくを覚えるポケモンが減ったので、どうしても相手を猛毒にしたい場合、採用の価値はあるのかもしれない。




…実はこのアイテムの真価はそこではない。
自身がもうどく状態になると言う事は、状態異常に関する特性を能動的に発動できるという事である。

主に、毒状態になっているとHPが回復する特性「ポイズンヒール」の能動的な発動に用いられる。つまり対戦でのグライオンのアイテムは十中八九コレである。

他にも、状態異常になると攻撃力が上がる「こんじょう」の発動でも用いられる。
その場合、やけど状態になる「かえんだま」の方がデメリットが軽いようにも見えるが、火傷によるダメージは1/8で固定なのに対して猛毒によるダメージは1/16から始まり、その後も1/8、3/16…と増加する関係で2ターン目まではどくどくだまによるダメージの方がが少なく、3ターン目でようやく並ぶため、4ターン以上生き残れないような低耐久のポケモンにはどくどくだまが優先される。
また、専用特性どくぼうそうを持つザングースもこちらが採用される。

…もっとも、第7世代で火傷ダメージが1/16に弱体化したことで、現在はほぼ「かえんだま」の下位互換に甘んじることとななった。根性持ちのポケモンに採用されるケースは火傷状態にならないブースターはやあし所有の関係でかえんだまを持たせると即型バレしてしまうリングマくらいとなってしまっている。

なお、効果発動が場に出て最初のターンが終わった時なので、若干ラグがある事に注意。
このため、特性を活かす為に確実にもうどく状態になるべく最初のターンで「まもる」や「みがわり」を使用する手も有効。
特性を発動させて用済みになったどくどくだまの処理としてなげつけると組み合わせるのも良いだろう。

このほか『ORAS』のスーパーひみつきちでは、Lv.100のハピナスを自滅させる手段として採用される(ハピナス道場)。

そして、第八世代では・・・(詳細はかえんだま参照)
ただし対戦面ではポイズンヒールを持つグライオンやキノガッサが未登場なため活用し辛くなった。一応今作はどくどくがわざマシンやレコードで存在しないため上記のように相手に押し付ける戦法が有用になったかもしれない。

関連タグ

ポケモン どうぐ どくどく どくどくのキバ

関連記事

親記事

どうぐ どうぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「どくどくだま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16842

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました