2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

リングマ

りんぐま

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.217
英語名Ursaring
ぶんるいとうみんポケモン
タイプノーマル
たかさ1.8m
おもさ125.8kg
とくせいこんじょう / はやあし / きんちょうかん(隠れ特性)


進化

無題


ヒメグマリングマ(レベル30)→ガチグマ(満月の夜にピートブロックを使用)

概要

ポケットモンスター金・銀』(第2世代)から登場しているヒメグマの進化系。
可愛らしかった進化前から一転、体は一気に巨大化し、鋭い眼光のかなり怖い形相になってしまった。以降登場する熊ポケモン達も、おおむねこんな変化を遂げるものばかりである。

肩から伸びる房状の体毛と、胴体にあるのような模様も特徴的で、名前の由来は恐らく「月の輪熊(ツキノワグマ)」。輪(リング)とクマを引っかけているのだろう。

ヒグマ要素もあるらしく、主にジョウトシンオウの山岳地帯に生息している。
その見た目通り性格は非常に凶暴で、縄張りに入ったよそ者は誰であろうと襲い掛かり、体格に見合った怪力や鋭いで容赦のない攻撃を仕掛けてくる。
その一方、熊らしくクレバーな知能や中々の器用さもあわせ持っており、敵がいない時は案外気だるげにしている模様。家族のヒメグマには優しい一面もあり、認めたトレーナーにも結構従順。

大きな体格だが木登りが得意で、木の上で餌を食べたり眠ったりする他、太い木の幹ごと前足で倒し、落ちてきたきのみを食べたりもする。嗅覚も優れており、地面深くに埋まっている食べ物も残さず見つけ出せる模様。

そうして毎日、食べ物を探して森の中を歩き回っており、縄張りの中にあるきのみがなる木には爪で傷跡を付けマーキングしている。その為、リングマの住む森には彼らがエサ集めをする大木や小川があちこちに在ると言われており、一種の指標生物とも言うべき存在。

ヒスイ時代では湿地帯であるクマの稽古場や天冠の山麓にも生息している。
同族の群れを作って生活しており、やはりというか排他的で、こちらの気配にすぐさま気付き襲いかかってくる。その場から立ち去ろうとして仲間に気付かれ…という連鎖も起こり得るので注意が必要。

図鑑説明でも寒くなり始めると食べ物を探して徘徊するとされており、この時期のリングマはとても凶暴になるという。実際に冬眠前のクマは特に凶暴になると言われているため、納得の生態である。

現在のシンオウ地方ではダブルスロットをした状態でないと出現せず、全盛期と比べて数をかなり減らした模様。
加えて生息地もキッサキシティ周辺からテンガン山北部に偏っているので、何かしらの理由で北部に追いやられたようである。

アニメにより凶暴なイメージが付いているが、ゲーム上における性能や演出は割と地味。
第七世代ではより恐ろしい後輩が登場したが、互いの生息域がかみ合わない為、今のところ絡みはない。

ゲーム上の特徴

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ
9013075757555

「こうげき」以外のステータスは平均的なものであり、使いどころがないが見た目の割に「とくこう」も地味に高い。その反面、元ネタが熊の割に「すばやさ」は低くなっている、いわゆる鈍足高火力型のポケモン。
ただ、その「こうげき」は種族値130を誇り、バトルでおなじみのガブリアスカイリキーキノガッサと並び全ポケモンを通してもトップクラスの凶悪さである。
(その上とくせい「こんじょう」発動時の攻撃種族値は事実上205〜221と、なんとあのデオキシス・アタックフォルムすら上回る)

第2世代からつるぎのまいで高い攻撃力をさらに伸ばせていたのだが、第3世代でとくせい「こんじょう」が追加されたことで、その凶悪さを増すこととなった。
"やけど"や"どく"の状態異常になって「こうげき」を強化。
その上、"どく・まひ・やけど状態の場合に威力が2倍"となるタイプ一致技からげんきとのコンボで相手を仕留めることが主流になった。
状態異常時の「からげんき」の威力は70×タイプ一致1.5倍×こんじょう1.5倍×わざ効果2倍=4.5倍であり、実威力はなんと315に達するこれは全ポケモンでも破格の威力であり、タイプ一致のロマン砲をも凌駕する破壊力を誇るこのコンボをまともに受け止められるポケモンはそう多くない。極悪なコンボである。

他にこのコンボを使用するポケモンはオオスバメが有名である。
特に第4世代以降はどくどくだまかえんだまを持たせて強制的・能動的な発動が可能となり、さらに恐ろしくなった。

その他にはいわタイプゴーストタイプなどに対応するため、インファイト」、「じしん」、「かみくだくなどが攻撃技として採用されやすい。もし、あくタイプドラゴンタイプ相手を考える場合は「じゃれつく」、ギャラドスハッサムラグラージなどをピンポイントの場合は三色パンチの採用も考えられる。

唯一の難点であった「すばやさ」も、第4世代でとくせい「はやあし」が追加され、ある程度補えるようになった。
しかし元の素早さは低く、補正値は1.5倍なので限界はある。また、こっちだとどくどくだまを使わなければならない。

両方の特性が「状態異常の時に強くなる」といったものであることから、対状態異常としてもかなり強い。

不思議のダンジョン時闇空ではダンジョン内でも結構登場する。こんらん技をかけると特性が発動し超スピードであちこち動き回る面白い行動をとるので試してみよう。ただし、アームハンマー使用後の速度低下が状態異常扱いなので、一発でも使用を許すと2つの特性が同時発動してえらい事になるため、アームハンマーを覚えている奴には要注意。

LEGENDSアルセウス』ではまさかの正当進化を果たし、今後の作品ではリングマ自身もしんかのきせきの適用対象になる事が内定。いずれは戦略的観点からリングマが輝石を持たされる日が来るかもしれない。

ポケモンGO

金銀組の実装に伴い参戦。

ヒメグマにアメを与えて進化させるか、野生の個体を捕まえるかのどちらかになる。
ただし、進化形の御多分に漏れず、野生の個体の出現率はかなり低い。

ちなみに、野生の個体は戦闘時にどういうわけか自キャラの至近距離に居座るため、マップ上にいるリングマをタップした次の瞬間には、スマホの画面がこちらを鋭い眼光で睨むリングマの巨体で埋め尽くされることになる
とてつもない威圧感を覚えること請け合いであり、初見で思わずビビったという人もいただろう。
さすがにこれは心臓に悪いと判断された……のかどうかは定かではないが、2017年6月のアップデートの際に、最初から引き気味のカットで表示されるよう変更された。

性能面はと言うと、本編同様攻撃力が非常に高く、現在あのカビゴンを上回りノーマルタイプ中最強を誇る。本編では大きな弱点であった鈍足も、本作にはそもそもすばやさという概念が存在しないためまったく気にならない。
だが、タイプ一致技にあまり恵まれておらず、スペシャルアタック(ゲージ技)の「はかいこうせん」くらいしかないのが悩みどころ。
それでも地味に「カウンター」と「インファイト」を覚えられるので、その気になればバンギラスハピナス等のかくとう弱点のポケモン相手にぶつけることもできたりする。

当初はそこまで注目されなかったが、2017年6月のアップデートでレイドバトル実装かつ弱点を突いた時のダメージ率上昇によりかくとう弱点ポケモンへの手軽な対抗策として名乗りを挙げている。
ただし攻撃力こそトップクラスだが、HPや防御力などの耐久面ではそれぞれハピナスやカビゴンを大きく下回るため、ジムの防衛にはやや不向き。素直に攻略用のアタッカーとして運用するのが良いだろう。
しかし2020年10月13日から開催されたGOロケット団イベントにて新たにヒメグマがシャドウポケモンとして登場。これによりリングマも「おんがえし」を扱える様になりジムの防衛もそれなりにこなせる様に。

グッズ

ポケモンセンターサッポロリニューアルオープン記念グッズとして木彫りのリングマが販売された。コイキングを咥えている…と思いきや、リングマの顎が閉じており、食べているのではなく、コイキングが「はねる」でリングマの顎に激突している場面である。

ただし、北海道をモチーフにしたシンオウにはエメラルドをダブルスロットしなければ出現しなかった。あと、地図上では三毛別辺りに位置する谷間の発電所には出現しない。

ポケモンカードゲームの拡張パック「ソウルシルバーコレクション」に収録されたリングマはめっちゃイケメンに描かれている他、有田満弘氏が描いたイラストでは温泉に気持ちよさそうに浸かるリングマが確認できる…大抵恐ろしげなイメージで描かれる彼らだが、外伝作品ではこのような愛嬌ある一面を見せる事もあるのだ。

星座をモチーフにしたシリーズ『Look Upon the Stars』ではおおぐま座を担当しており、進化前のヒメグマはやはりと言うかこぐま座担当になっている。

アニメ

鳴き声は「グマァーッ!」で統一。
当初はとにかくギャラドスばりに災害じみた扱いを受けており、よく出て来ては暴れまわってはかいこうせんを連発しまくる。劇中人物にも恐れられており、特にロケット団の面々はこれでふっ飛ばされる回数が多かった。
出れるだけ扱いは良い方なのだが、このせいで無駄に凶悪なポケモンというマイナスイメージが強くなった視聴者も多いのではないだろうか。

また、凶暴というより姑息な個体も存在し、腹黒いヒメグマが進化してロケット団を騙そうとしたり、XYではローブシンと共に小悪党として行動するリングマが登場したりもした。

ただ一貫して悪役として登場する訳ではなく、子供が生まれる時期には外敵を追い払ったり、ソーナノに慕われている面も描かれたりする事もあり、『時を超えた遭遇』に登場する個体は人間が森の中に入ってもあまり攻撃性を剥き出しにする事はなかった。

トレーナーとしてはシンジが劇中で捕まえており、彼の手持ちではエレキブル(とその進化系統)に次いで登場回数が多い。シンジの評価は「まぁまぁ」だったが、その後も逃がされることなく手持ちに残っていた。

Newポケモンスナップ

2021年8月4日に行われた無料アップデートにて、追加ポケモンとしてまさかの選出。

リバー()エリアに生息している、木の上で眠る木に爪痕を残すなど、登場ポケモンの中でもかなり図鑑説明の生態が再現されている。
それどころか跳ねたコイキングが顔に直撃しているリングマの様子を撮影するという、前述した木彫りのリングマをオマージュした様なリクエストまで存在している。

その飛んできたコイキングに驚いたり、アーボックの模様で威嚇されて逃げ去るなど、個体にもよるだろうが臆病なところもあるらしい(クマは蛇を恐るとされているため、それを反映したのだろうか?)。エイパムに追われていたと思しきコダックを助けるような姿も見せている。

関連イラスト

リングマ
ヒスイ地方の冒険


くまさん
Sweet Fish



関連タグ

金銀 HGSS ノーマルタイプ 

関連記事

親記事

ヒメグマ ひめぐま

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リングマ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リングマ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1943184

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました