ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 88星座のひとつ。
 となりにある北斗七星とそっくりな姿をしており、北半球では絶対に沈まない星座として有名。
 α星である尻尾の先のポラリスは現時点の北極星であり、天の北極に最も近い星である。だからと言ってホッキョクグマがモデルというわけではないぞ。

星座神話

 昔々あるところに、一人の猟師が棲んでおりました。ある日いつものように猟師が狩りに行こうとすると、の中で赤ん坊が捨てられているのを見つけました。猟師はその子にアルカスと名付け、育てることにしました。
 やがて年は流れ、アルカスは美しい少年に育ちました。猟師として立派に成長したアルカスは、またいつものように狩りに出かけました。
 するとガサガサとがして、巨大なが現れました。熊はを浮かべ、アルカスに飛びかかってきます。殺される、と感じたアルカスはをつがえ、熊の心臓に狙いを定めました。その瞬間、大が巻き起こり、アルカスは熊と共にに飛ばされてしまいました。
 つむじ風の中でアルカスは徐々に体が変わっていきます。そのからは黒いが伸び、は研ぎ澄まされ、は尖り…気が付けば自分も熊になってしまいました。そして、目の前の雌熊を見て、アルカスは叫びます。

「お母さん!!」

 アルカスのカリストは、アルカスを生んだ直後にの呪いを受け、雌の熊にされていたのでした。親子は同じ熊の姿になることで、ようやく殺し合わずに済んだのでした。
 カリストとアルカスはともにに上げられましたが、アルカスが不義密通の果てに出来た子供ということもあり、海神に嫌われたおおぐま座とこぐま座は今も天に貼り付けられ、水平線で休むことが出来ないそうです。
 なお、この母子熊の尾が現実の熊のそれよりはるかに長いのは、竜巻の衝撃と天でグルグル回り続けたせいで伸びてしまったからとされています。

関連項目

おおぐま座 カシオペア座
佐久間小太郎/コグマスカイブルー宇宙戦隊キュウレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「こぐま座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 931

コメント