ピクシブ百科事典

カリスト

かりすと

又はカリストー又はカッリスト。ギリシャ神話に登場するニュムペーであり、後におおぐま座になる。
目次[非表示]

概要

ニュンペーの一人。アルカディア王リュカオンの娘ともされるので、恐らく母親(詳細はまったく伝わっていない)がニュンペーであったと思われる。「最も美しい」を意味するその名に違わぬ美少女だったが、処女神アルテミスに仕える身として、決して男を近づけない誓いを立てていた。そして女神のお供で狩りに励む日々を送っていたのだった。しかし浮気性のゼウスが彼女の美しさに一目惚れしてしまう。ゼウスはあろうことか彼女の慕うアルテミス(自身の娘でもある)に姿を変えて彼女を誑かし、まんまと思いを遂げた。

彼女は恥ずかしくてこのことをずっと隠していた。だが数か月たったある日、水浴びのために衣服を脱いだところをアルテミスに見られ、妊娠していることを知られてしまう(ゼウスと一度でも関係すれば必中なのである)。純潔の身でなくなったことは歴然であり、こうして彼女は女神のお供としての資格を失い、追放されることになった。

やがてアルカスという子供が生まれると、今度は極度に嫉妬深いことで定評のあるヘラの怒りを買うことになる。彼女はゼウスに凌辱された被害者であるにもかかわらず、「ふしだらな娘!」と一方的に罵られたあげく、「夫が魅了されるほどお前が美しいのがいけないのだ! その美しさを奪ってやる!」という言いがかりで、毛むくじゃらのの姿に変えられてしまう。心はもとの可憐な乙女のまま、熊の姿で生き続けることは悲惨であった。
後の出来事から察するにゼウスが事情を知らなかったはずは無いのだが、最悪の事態が起ころうとするその時まで、15年間何の救いの手も差し伸べなかった。完全に「やり逃げ」の状況である。

15年の時が過ぎ、若い狩人に成長した息子アルカスから獲物として殺されそうになったところでようやくゼウスが介入し、彼女は熊の姿のまま天に上げられおおぐま座となった。とはいえ結局元の姿には戻してもらえず、そればかりかなお続くヘラの嫌がらせにより海に入って休めないようにされるなど、ゼウスの浮気相手のなかでも薄幸度は特に際立った女性である。

偽のアルテミスとの絡みは…

ゼウスがカリストを誑かすために女神であるアルテミスに姿を変えるというのは、女体化の古典的な事例と見ることができる。この誘惑の場面はしばしば絵画に描かれるが、偽りのものとはいえ、絵的には百合としか言いようがない光景である(女体化は片側だけなのでこう言っていいかは微妙)。この趣向はギリシャ神話では稀である分、それだけ画家たちの想像力、創作意欲を刺激したのだろう。その代表例として、フランソワ・ブーシェのユピテルとカリストがあり、ブーシェはこの趣向でリンク先以外でもいくつもの作品を残している。ゼウスのこの誘惑がまんまと成功したことから察するに、もともと彼女とアルテミスの間にはそういう関係が成立していた―少なくとも、カリストにその願望があった―のかもしれない。また水浴びのさいに妊娠が露見するシーンも、彼女自身のほかにアルテミスや他のニュンペーたちも一緒にいることもあって、裸婦群像の絶好の画題を提供してきたことも付言しておく。

関連タグ

ギリシャ神話
アルテミス おおぐま座 こぐま座
変身物語

pixivに投稿された作品 pixivで「カリスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21976

コメント