ピクシブ百科事典

百合の間に挟まる男

ゆりのあいだにはさまるおとこ

百合の間に挟まる男とは、百合を愛する者たちにとって滅殺すべき敵であり、一部の者たちからは敬愛される存在である。
目次[非表示]

概要

女性同士の恋愛関係を意味する百合カップリングの中に割って入るような男性キャラクター、あるいはそのような願望を持つ男性のオタクを意味するオタク用語。

解説

例えば、ベッドであられもない姿になってお互いを見つめる美少女が二人いる作品があるとする。 その二人は友情、恋愛、因縁、絆といった形であらゆる障害を超えて結ばれている。
そこには男性を含め邪魔する一切が介在する余地は無く、外野にできることは見つめあう二人の尊さを識り、拝むだけである。

そんな美しい花園に人々が見とれている中、ある一人の男が言う。

「俺この二人の間に入りてーなー」

これが百合の間に挟まる男である。

百合を守るネオエクスデス



「百合の間に挟まる男」の問題点について特に議論が行われる点は、百合であるという前提を持った作品、あるいはそうした情報を持つ作品におけるカップリングを崩す点にある。(特に、百合詐欺などを参照)。
人外もの作品でカップリング対象が人外から人になる、眼鏡キャラの眼鏡を取るといった、特にそのジャンルに精通するものからはタブーとして捉えられるジャンルである。

言うなればカップリングの破壊者であり、通常のNTR作品と同様であると意識していただきたい。

公式が百合を趣旨としていないジャンルであっても、女性キャラしか登場しないコンテンツは百合オタクの間で自然に「百合作品」と解釈されることが多く、後の展開で男女カプが成立すると「百合詐欺」であるとして大炎上する事例もある(例:恋愛ラボ響け!ユーフォニアム)。その場合、男性キャラクターのほうは「百合の間に挟まる男」の烙印を押されてしまうのである。

しかし百合を愛するものにとっては不倶戴天の敵である「百合の間に挟まる男」だが、そうしたカップリングに歪んだ愛情を持っている、あるいはそうしたジャンルを好む人々によって存在しているジャンルであり、そうした人々が直接的な被害をもたらした場面でもない場合、極端な迫害はサブカルチャーの収縮を生みだすという事を認識するべきだろう。

もちろん、そうしたジャンルを好む人々が場の空気を読まずに自身のそうした好みを発露させた場合は、注意し反省を促すべきである。

苦難と叛逆の歴史

「百合」というジャンル自体は「ガールズラブ」として古くから存在し、元々は婦人向け雑誌に細々と掲載されるようなジャンルであった。一大人気ジャンルとなったのは実はかなり最近のことである。

この時代はインターネットの普及も無く、書店では男性向けは男性向け、女性向けは女性向けと物理的に棲み分けが為されていた一方で百合は専門誌やレーベルが無いために百合でコーナーが作られていなかった。しかし、この物理的隔離が無いことで性別関係なく手に取れたことが、良くも悪くも男性も女性も好む人は好んだジャンルとして過去から存在し、後に男女関係なく楽しめる一大コンテンツとなる布石となったかもしれない。

最大の受難「ギャルゲー最盛期」

特にこの声が強かったのは2000年代のギャルゲー最盛期。というか「女性に挟まりたい男最盛期」
ギャルゲー、恋愛ゲームが飛ぶように売れた時代、ゲームの予約、早期購入特典においてポスタータペストリーベッドシーツ等の大型グッズ等ではゲーム中のヒロイン二人が間を空けて絡んでいる特典も珍しくはなかった。
「百合等関係なくヒロイン二人がねぞべっている姿や姉妹が此方に目線を向けながら扇情的なポーズをしているような構図」というのはこうしたギャルゲーの購入特典や壁紙などでよく用いられたシチュエーションであり、ゲーム内でも3Pや姉妹・親子丼のシチュで重用された。
当時男性向けではカップリングという概念は一般的ではなかったということもあり、たとえ作中に登場する男性ゼロ人の純正百合エロゲがあったとしても、男性向けとして「どうぞ挟まってください」と言わんばかりの構図の創作物も多かった。

その空気を維持する者たちによって、Pixivの創作界隈においても、第三者が介在する余地のない姉妹間の博愛や女性キャラ同士の愛等を描写した作品でも、そのキャラの一方もしくは両方にある程度の男性人気が出れば、必ず一人「この二人の間に挟まりてー!」というコメントをあげる人物がおり、その言葉が多くの賛同を受けた時代でもあった。このあたりは「挟まれたい」というタグが存在する事がその時代の名残を表しているだろう。

百合人気の高まりと誤解

2000年代頃から「らき☆すた」や「けいおん!」のような登場キャラクターがほぼ女性キャラで占められているような作品の人気が過熱。この頃から百合というジャンルが男性向け界隈でも台頭するようになる。
しかしそれと同時に百合クラスタを苦しめたが、何より苦しめたのは二次創作における表紙詐欺である。

男性向け界隈は棲み分けの慣習がなく、二次創作におけるカップリングに関するガイドラインも整備されていなかった。純愛と見せかけたNTRとか、百合と見せかけて3Pといった創作物が当たり前のように跋扈している界隈である。

「女性二人が見つめあう表紙の同人誌を手に取ると、数ページ後に竿役の男が現れ、二人を蹂躙する物語にブチ当たる」という悲劇が発生するのである。

また、作者や同人誌委託サイト側が百合に無理解なせいで「仲の良い女性2人がいれば百合だ」と軽く扱われ、その後に男性が現れる作品にも軽率に百合タグがつけられて悲劇を呼んだケースも多く、これは今でも百合クラスタにとっては頭の痛い問題である。
特にこの現象は「らき☆すた」「リリカルなのは」「ひぐらしのなく頃に」等、ヒロイン間での交流が多いが百合を描いたわけではない男性向けで売れた作品に対して百合を求めた者達で多く発生し、その度に多くの百合クラスタが枕を濡らすことに。

そして叛逆と反動の時

そして現在、「ゆるゆり」「ご注文はうさぎですか」等を始めとして本編において男性が殆ど物語に介在しないもしくは登場しない、女の子が女の子と仲良くするのを主に楽しむ作品が男女関係なしに大ヒットしたことにより百合クラスタは急成長。特に「ラブライブ!」や「魔法少女まどか☆マギカ」等はそのストーリーの完成度の高さから映画まで作られる程に。世界的に有名どころであれば「アナと雪の女王」がまさしく百合映画の最高峰として今尚評価されている。
また、傾向としては男性向けであっても「戦姫絶唱シンフォギア」や「アイドルマスター」シリーズのアニメのような男性が存在しキャラクターと深く関わりつつも、グループやユニット等の組み合わせで各々の抱く因縁や絆の進展が深く描写される、男性はそれを影から見守る作品も増えていき、どれもが人気を獲得する等、百合要素を含む作品の人気は衰える所を知らなくなった。
そこへ更にリアルではLGBTに対する世界的な理解度の発展が百合ジャンルの発展を後押しした。

現在

SNSの普及により百合クラスタはコミュニティを作るようになり、そうした中で「百合の間に挟まる男」らへの不満や怒りは大きな反響を得た。
特にTwitterにおいては、百合クラスタや創作クラスタの「お気持ち表明」によって何度も炎上する案件と化しており、定期的にどこかで問題が起きては「百合の間に挟まる男」という概念が燃やされている状況となっている。

ちなみにTwitterで流れる「その変わり今度混ぜてよ、女同士でヤってるとこにさ」と言っている男性が描かれている漫画の切り抜きが百合の間に挟まる男の代名詞として扱われるが、アレの元ネタはコミック百合姫で連載された捏造トラップ-NTR-」という、彼氏持ちを寝取る百合という百合作品の中でも異端児的な怪作にて「ヒロインの彼氏の親友が寝取り相手へのけん制に放った発言」であるため、一般的に言われている無理解と無遠慮からくる男の失言とは違うのだが、こうした作品でこのようなシーンが生み出された事自体に、百合に挟まる男への確執の歴史が関与している…かもしれない。

注意

「百合の間に挟まる男」は上述の通り現在ではあまり好ましいものではないとされているが、「百合の間に挟まる女」というべき創作キャラ、あるいはそのような願望を持つ女性のオタクも一定数存在する。
これは、いわゆる夢女子というと男性キャラに対して嗜好が向いていると思われがちだが、女性キャラに対して嗜好を向けている層も少なくないのである(夢女子の記事も参照)。
ただし、この「百合に間に挟まる女」に対しては比較的寛容な傾向はある。(百合NTRなどを参照)

百合の間に挟まらないが…

百合カプ好きにとって嫌悪の対象である『百合の間に挟まる男』だが、創作においてはそう呼ばれる男が(少なくとも公式の設定や描写の範囲においては)当人の意志として「二人とも自分のものにしたい」とは思っておらず実際には『百合カップルの片方の女性に片思いしてるだけ』だったり、そもそも『女性に対して好意は持っていても尊敬の対象や友人、仲間の範疇なだけで恋愛対象としてのそれとは示されていない』に過ぎず、その男をマナーのなってない百合カプ好きが『自分の好きな百合カップルを引き裂こうとする邪魔者』として『百合の間に挟まる男』という蔑称で叩かれることは多い。

それでも百合の間に挟まりたい人へ

そもそも「百合」というジャンルにおいて誤解されやすい点として、「百合」というのはレズ的な意味を含む2人だけの関係・空間のことであって、女性が2人並んでいれば「百合」というわけではない。
本来の「百合」の定義から言えば、「百合に挟まる」という行為は挟まる存在が男女関係なく百合クラスタから忌避されるのは当然である。
百合クラスタが百合と言って書いた作品に対してそういったリプライを飛ばすというのはあまりにも作者に対し失礼な行為である。その対処がブロックで済めば良い方で、最悪の場合挟まりこもうとした作品の作者やファンからのお気持ち表名を発端とした炎上や、それに起因した「百合に挟まる男」界隈の萎縮にも繋がりかねない事を認識すべきである。

その気持ちを表明したい人へ

プロフに書いたりSNSで呟くならともかく、その表現を相手に投げかける前に少し頭を冷やして作者のクラスタを分析しよう。
作者が百合クラスタの場合はその気持ちを直接リプライをしないこと。それに尽きる。
pixivでは意図が曖昧になるスタンプ(鼻血スタンプ等)を活用し、Twitter等では引用RTやリプライ機能を使わず(引用RTは作者に通知が行く)、作品をRTした後に自分だけの呟きに留める、等が良いだろう(人によってはRT後の反応もエゴサする人がいるため、完全な対策ではない事に注意)。

棲み分け

ここまで語ってきたように、「百合に挟まる男」というのは百合クラスタにおいてはタブーであり忌避される存在である。当然そうしたクラスタに所属する人々に直接そうした意図の発言を送ることはご法度である。
しかしそうした近年の百合クラスタの急速な成長に対し、「百合に挟まる男」界隈もそうした行為がタブーである事を認識し、棲み分けは進んでいる。
現在でも百合NTRタグなどの誤用は発生しているが、そうした作品を発見した場合は一旦心を落ち着かせ、コメントなどでそうした旨を伝えるに留めるべきである。また棲み分けをしていたとしても、pixivの検索方法上意図せず百合クラスタのジャンルに作品が出てくる場合がある。
そうした時は決してコメントに暴言を残したり、荒らす事なくそっと目を瞑るか、ミュート・ブロック機能などを活用し、自らも棲み分けに貢献しよう。
彼らもまた作品を産み出す創作者である事を忘れてはならない。

当然そうしたタグの誤用を意図的に発生させるなど、人々を不快にさせる荒らし行為が発生した場合はしかるべき手段をとる必要がある。が、コメントやタグ、あるいはピクシブ百科事典などを利用した荒らし行為は百合界隈の品位を下げる結果にも繋がるため抑えるべきである。

これらはどちらの界隈の「過激派」と呼ばれる人々にも関係なく、全ての関係者が守るべきである事を理解していただきたい。

該当・関連人物

  • 大神ソウマ神無月の巫女における「百合の間に挟まる男」だが、愛する女性への想いが報われずともその相手を守るために過酷な戦いに殉じる姿の一途さと、その点も含めて背負う運命の不憫さにより、一部ファンから憐れみと同情を込めて「カワイソーマ」の愛称(?)で呼ばれる。


関連作品

こうした「百合の間に挟まる男」をネタにした作品

走れメロス(百合)。
センシティブな作品



ただし中には男自身は挟まる事を望んでいない、あるいは本人が気づかないうちに「挟まる」状態に追い込まれてしまった、というパターンもある

百合の間に挟まりたい男に死んで欲しい漫画
センシティブな作品



関連タグ

創作 スラング ミーム 地雷 炎上 挟まれたい
百合 レズ ジャップオス 百合厨 男嫌い  百合アンチ 百合詐欺
3P ノマ厨 ノンケ堕ち
ガッ………ガイアッッッ
百合NTR:「男女の間に女を挟んで百合要素をねじ込む」というパターンが存在する。
百合作品のヘテロ絵:「百合の間に挟まる男」と同一視されることが多い。

関連記事

親記事

百合 ゆり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百合の間に挟まる男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412650

コメント