ピクシブ百科事典

BSS

ぼくがさきにすきだったのに

「僕が 先に 好きだったのに」の略。片思いの相手を他のキャラクターに持っていかれるシチュエーションを指す。
目次[非表示]

もしかしてBTS

概要

「僕が 先に 好きだったのに」の略語。恋愛において、片思いの相手を他のキャラクターに先取りされるシチュエーションを示して使う。
2015年頃にとある腐女子萌え要素として作った。現状では以下に述べる多数の問題点もありそれほど広がってはおらず、この言葉を不快に思う人も一定数いる。
シチュエーション自体はNTR(広義の寝取られ)の下位概念でしかないのだが、後述のように性質が異なることもあり、男性向けエロ用語としての趣がかなり強いNTRに比べ、こちらは全年齢作品や女性向け恋愛作品の文脈で使う人が多いようである。

問題点

実際に登場人物が「僕が先に好きだったのに」などと言っている(思っている)作品でのみ使うのが無難と言えよう。

このようなジャンルを示す似たような言葉としては片思いNTRのような言葉が古くからあるが、狭義の寝取られではないという点でNTRまたは寝取られと表記することに違和感を受けた人によって新たに作られたようである。

だが、当のNTRファンの間ではあまり使われていない。上述したように問題点が多くあることに加え、NTRファンではない人の「片思いNTRではない」という(半ば決め付け事実誤認とも言える)断定的な観点から作られた言葉であることもあり、この言葉に不快感・嫌悪感を抱くNTRファンも多い。

そもそも、考案者はこの言葉を男性キャラクター萌え要素的に扱っており、以下の編集者寝取られ的な性的興奮とは無縁の用語として捉えているようである。
そう考えると男性向けR-18ジャンルとしてのNTR・片思いNTRとはかなり異なる概念だと言えそうである。検索汚染にもなりかねないので、NTR作品での使用は慎重になるべきだろう。

このように多数の問題がある言葉である。もしこの先、皆が納得できる別の明瞭な言葉が作られれば、その言葉が広く認識され多く使用されることになるかもしれない。

考察

端的に言えば一種の失恋だが、告白して清々しく玉砕した場合と異なり、自分の不甲斐なさを棚に上げ、諦めきれずに「好きになった順番」という何の意味もないものに過度に執着する傾向のあるところがキモである。
もっとも、本当にそう口に出して相手に詰め寄るケースは少ない(ないわけではない)。基本的に、そんな胆力があるなら、最初からこんな不甲斐ないことになっていない。
また、恋愛関係を結んでいないので片思い中の相手にもその相手と結ばれた人物に非はなく、両思いの場合に比べてより自己嫌悪感が強いものになる。そして、片想いの相手が結ばれた相手が原因で破滅する場合も存在している。

「今の関係に安住して何もしないでいたら、裏で進行していた他人との交際をいきなり伝えられて衝撃を受ける」という最もインパクトの強いパターンが代表的なイメージとして挙げられる傾向にあるが、実際には「自分の恋愛感情を自覚していなかった」「特にアプローチもせず黙って見ていただけ」「ある程度のアプローチはかけていたが袖にされていた」「すでに告白して断られているが、まだ諦めきれていないところだった」等様々なパターンで使われる。

そして、「僕が先に好きだったのに」とあるが、実際に先に好きだったかどうかはまた別の話である。自身の与り知らないところで着々と事態が進展していた場合、それがいつから始まった恋なのかはぶっちゃけ知りようがないからである。あくまで自分自身の意識の中で「僕が先だった」と言い訳しているに過ぎないことは留意する必要がある。

また、一人称は便宜上「僕」となっているが、別に男性視点に限った話ではなく、女性視点で懸想していた相手を他の誰かに取られて失恋するケースに用いることも可能。もちろんBL百合であっても問題なく通用する概念である。

現在のタグの使われ方としては、NTRとの並行表記が主流を占めていて、BSS単独では殆ど使われていない。

具体的なBSSの一例

BSSはバウムクーヘンエンドに繋がりやすいため、そちらの記事の具体例も参照されたい。

  • K(こゝろ)
日本文学史に燦然と輝く、恐らく日本で最も有名なBSS。事案はKではなく「横から射止めた第三者」である「先生」視点で語られるが、信じていた親友に裏切られたKの衝撃と苦悩は察するに余りある。そして恐ろしいことに、先生視点から見てもそれはそれでBSS要素があるため、BSSとBSSが激突し最終的に対消滅するという壮絶な結末を迎えることに。歴史に残る名作は伊達ではない。

どす黒く燃える太陽と呼称される、近年のBSS界の巨星。他のヘタレどもと違い、実際にその台詞を口にして相手(実兄)に詰め寄れるほど強靱かつ身勝手な精神を持つ。本件はこじれにこじれ、後年、あまりにも大きすぎる惨禍を世界中にまき散らすことになった。BSSは世界を滅ぼす。なお本件において実兄が弟の気持ちを事前に伝えられていたことは事実だが、彼がそれに遠慮しなければならない義務はなかったことは付記したい。

惚れた男のためにたったひとつの願いを使い、代償に命を張って戦場に挑み、あげく人間まで辞めたのに、何も知らない彼は他の女とくっついていた。無私の奉公のつもりであっても、本心では報いを期待せざるを得ない人間の弱さがよく滲み出た名BSS。

放蕩三昧の貴族のドラ息子だったが、正体を隠して町で悪戯を繰り返していたある日、恐怖に負けず自分を叱ってくれる女に初めて出会う。三年後、彼女は彼の屋敷でメイドとして働いていたが、彼の正体や秘めた想いなど知るよしもなく、他の男との結婚を控える身となっていた。そして彼女の結婚式を前に、彼がとった行動とは……。同じ藤田作品BSSでも、白金とは全く異なる味わいがある。

「ひと晩じゅう泣いて 泣いて 泣いて」という印象的なサビで有名な、工藤静香の代表曲。タイトルの慟哭(泣き叫ぶこと)はまさにBSSが直撃した女の魂の叫びを指している。恋人ができたことを打ち明けられた直後に恋愛感情を自覚する「遅すぎた」パターンだが、ショックで一晩中泣き叫んだことをおくびにも出さず、彼女を紹介されて「そうね二人とても似合うわ」と返す意地は見習いたいところ。お前に言ってんだぞ白金。作詞は中島みゆき。流石である。

  • 「まちぶせ」
「好きだったのよあなた 胸の奥でずっと」という印象的なサビが有名な楽曲。オリジナルの三木聖子石川ひとみ、そして作詞作曲をした松任谷由実と歌い継がれてきた。曲冒頭からBSSが発生しているのだが、「慟哭」と違い曲タイトルの待ち伏せを筆頭にあらゆる手段を本命が自分に靡いてくれるまで繰り返すというメタBSSともいえる内容。その内容から怖い歌詞の筆頭に挙げられる。中島みゆきが凄まじければ、ライバルのユーミンも中々。

  • 桐岡(青き炎)
柳沢きみお作の漫画『青き炎』の登場人物。主人公『海津龍一』の高校時代の同級生であり、ラグビー部の主将を務めていた。片想いをしていた相手『内藤絵美』が龍一に弄ばれた末に自殺を図った事で憤慨、龍一を殴るも推薦入学を取り消される。大学に入ってからラグビーを始めた龍一と試合で対戦するも完全敗北している。

片想いの相手に近寄ろうとする努力が出来ない胆力の無さを相手を「清純」「天使」と持ち上げる事で正当化するタイプである。中学時代に初恋の相手『中井里美』を上記の様に身勝手な妄想を抱きながら眺めるだけで満足していた時、自分の早熟なアレに興味を抱いて話しかけてきた彼女にショックを受ける。それ故に仲良くなるチャンスを活かせず、父親の単身赴任先である青森県まで逃げた過去を持っている。その後、中井は塩田と付き合った事を知ると塩田に殴り掛かって返り討ちに遭い、中井を彼女の1人にしている吉崎を「初恋を汚された」と非難している。

美食倶楽部の中居『鈴子』に想いを寄せていたが、彼女は同僚の古崎という料理人と恋仲となり、婚約してしまう。だが、古崎は鈴子を裏切って大きな料亭の娘と結婚してしまう。そのショックから拒食症になった鈴子を山岡の助けを借りて救った事で両想いとなる。良三が鈴子を好きになったタイミングは判らないが、彼の性格から恋人のいる相手に惚れる確率は少ないと思われる。

YouTubeチャンネル『アンフェア大学』のゲストキャラクター。想いを寄せている女性『ノエル』が同僚の北条と婚約してしまう。北条は営業部のライバルである彼の事を凄まじく嫌っており、他に意中の女性がいるのに葛城の苦しめる為にノエルと交際しているが、成り行きでノエルと婚約する羽目になってしまう。別れたくても周囲の目を気にした北条は自分に有利な条件で別れる為にノエルを半グレに依頼して暴行させた上にその光景を隠し撮りして全社員のpcに送信後にネット上に拡散してしまう。ノエルの両親を多額の金銭で味方に付け、彼女を追い込んで別れる事に成功した北条は己の罪を葛城に着せようとした場面で餡子達に阻止される。全ての原因は北条の歪んだプライドだが、ノエルにとってはとばっちりで人生を狂わされたのは確かだろう。

他にBSSと表記されるもの

1.山陰放送Broadcasting System of San-in Inc.)
鳥取県島根県を放送対象地域とする放送局ラジオテレビ両方扱う。ラジオ・テレビ共にTBS寄りだが、ラジオはニッポン放送文化放送の番組も放送しており、テレビはテレビ朝日とも関係が深い。

2.ビジネス・サポート・システム(Business Support System)
通信事業者向けの業務支援システムの総称。サービスの申込処理や開通指示、契約情報の管理、料金請求等の実務系処理を支援する。

3.ブロークン・ソーシャル・シーン(Broken Social Scene)
カナダのグループバンド。やたら人数が多く、メンバーそれぞれの個性を活かした多様性のある音楽が特徴。2011年より活動休止していたが、2017年に復活した。

4.ブラインド信号源分離(Blind Source Separation)
複数の信号が混ざったデータから、特定の信号を分離・抽出すること。録音した音声データから雑音を取り除く処理などがこれに該当する。

5.バックスピンスクラッチ(Back Spin Scratch)
 beatmaniaIIDX17 SIRIUSで登場したオブジェクトのひとつ。縦長の長方形の形をしたオブジェクトで、一定時間スクラッチを続けた上で、最後だけ逆方向に盤を回す必要がある。


関連リンク

BSS(僕が 先に 好きだったのに) - Togetterまとめ
近年NTR(寝取られ)の派生ジャンルとしてBSS(僕が先に好きだったのに)なるモノが生まれてるらしい - Togetterまとめ


関連タグ

NTR  シチュエーション  バウムクーヘンエンド
失恋  恋愛  片思い

関連記事

親記事

シチュ しちゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「BSS」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「BSS」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13861168

コメント