ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

見せ槍

みせやり

かつて処刑前に行われていた儀式的行為。現在ではほぼ性的な意味で用いられる。
目次 [非表示]

概要(一般・R-18G

江戸時代は多分に儀式的な側面があり、作法のようなものが存在していた。

当時は受刑者を2本の串刺しにして殺す事が一般的であったが、その刺し方にも詳細な決まり事があったほどである。

この作法は刺し始める前から既に始まっていた。最初に槍同士を罪人の顔の前で交差させて見せるものとされていたのである。


この行為を「見せ槍」と称した。


元々は恐怖心をより煽るためのサディズムだったとも、はたまた見物人に向けた一種のパフォーマンスだったとも言われるが、真相は歴史の闇の中である。


概要(R-18

ともあれ、この行為を現代に伝えようとする勢力が一定数存在している。主に性的な意味で

これも発祥は不明であるが儀式化しており、典型的には以下のように表される。

びっくりする幽々子様

すなわち、自慢の槍(性的な意味で)を相手に見せ付け、これで今から刺すぞ(性的な意味で)と予告するのである。

自慢とは言うが、江戸時代同様にサディズムやパフォーマンスを重視しており、メインにするのはあくまで見せられた相手の反応である。そのため「槍」本体は画面の隅に追いやられ、場合によってはシルエットなどで暗示的に示されるのみになる点も特徴である。

これは典型を逸脱せずに一般向けに載せる知恵としても活かされている。


江戸時代と異なる点としては、「槍」は大半が1本のみに減ってしまっている事が挙げられる。

両手に茎」のように2本以上を前提としたシチュスラングもあるのだが、これに関しては1本のみが典型になってしまっている。

理由はやはり不明であるが、その意味のわからなさも儀式的である。



ところで、「見せ金」といった言葉があるように、現代で「見せ」と言うとどこかハッタリ的なニュアンスが付き纏う事もまた事実である。

そうした背景もあってか、性的な意味での「見せ槍」は必ずしも恐怖が得られるとは限らない。

言う程立派ではないなどとして、呆れや失笑、果ては一周回ってかわいがられるといった一転攻勢が始まる様子もよく確認されている。

もっとも、それも「我々の業界ではご褒美です」といった別のシチュの始まりなのかもしれないが。


関連イラスト

江戸時代の意味で用いられている事はほぼ無い。

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

処刑 エロ処刑   露出


シリーズ「ちんちんを見せてみた」 サバサバした女の子に真顔でチンコをガン見され隊

かつてはこうしたタグも派生していたが、前者はほぼ本タグに統合され、後者は局地的すぎてさほど広まらなかった。

関連記事

親記事

シチュ しちゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499409824

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました