ピクシブ百科事典

サディズム

さでぃずむ

倒錯の一つ、相手を痛めつけて快感をえる。 小説家マルキ・ド・サド(サド侯爵)の名前にちなむ。
目次[非表示]

概要

センシティブな作品


サディズムは、加虐性欲(かぎゃくせいよく)ともいい、相手や動物に対して精神的に苦痛を与えたり、身体的に屈辱を与えたり虐待したりすることによって性的快感を味わう。またそのような行為を想像したりして性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプである。これらの人のことをサディストという。

相手を徹底的に痛めつけ、苦しませ、支配することが大好きな性癖。

また、サディズムの中でも動物を虐待して性的興奮を得るタイプはズーサディズムとも呼ばれる。

極端な場合、精神的な障害とも見なされ、この場合は性的倒錯(パラフィリア)となる。

サディストは理性によって自らの欲望をコントロールし、問題を引き起こさないように生活しているが、パーソナリティ障害やサイコパスなど共感性(良心)が低く、倫理感が欠落した人間によって犯罪が引き起こされることがある。社会を震撼させるサイコキラーシリアルキラーの快楽殺人などは衆目を集めるが、その背景に性的サディズムが見られることがあるのも事実である。酒鬼薔薇聖斗の動物虐待や殺人、ドイツのヒトラーによるユダヤ人虐待などがそうである。
 

世間で使われる3種類のS

  • その1 俗語としてのS 性格を表す言葉(日常会話)
  • その2 いわゆるエロ系のS エロの好みの一種(SMプレイなどMの要望に答えるサービスのサド。商売上の演技であることも多い。)
  • その3 異常性癖(マルキドサド本人やマルキドサドの小説に出てくる真性サディスト。性的サディズムで学校で変態的な虐めをする者、動物虐待をする者、猟奇的な殺人犯に多い。もちろん、理性を保っている者もいる。エロも含まれるが上記のSMプレイとは異なり、相手がマゾやノーマル、サドであろうが、殴る、蹴る、踏みつける、出血などエロの含まない加虐行為にも興奮し、相手が本気で嫌がる姿にますます興奮する。つまり、悲痛の表情や無様な様子、傷だらけの姿を見ることで性的興奮をする。一方的な加虐によって相手(動物でも可)を否定することに喜ぶ本当のS。しかし、リョナラーとは違って快楽堕ちしている場合でも満足。何故なら屈辱感を与えることが大好きなサディストにとって快感を与えることは、相手により精神的なダメージを期待できるからだ。


誤解されがちなこと

サディズムというのは基本的に他人を虐待して喜ぶ性質一般を指す言葉ではなく、「他人を虐待することによって性的興奮を覚える性的嗜好」のみを指す。その1のように相手を叩きのめすことで爽快感や満足感を覚えるだけで性的興奮がない場合は性格的にはサディストには分類されるが、異常性癖とはまた別である。ただし、サディズム及びサディストは支配欲がある人間でなければ成り立たないなどと分析している専門家もいるので、性格的なサディズムと性的サディズムは関連するという意見もあり、区別しない場合もある。また、その2のようにSMプレイでMのために何をしようかと考えているサービスのサドやエロだけを目的に見ている場合は、詳しくいうなら本来のサディズムには分類されない。本来の用法から逸脱している傾向が多いのが現状である。逆に言えば、服を脱がすなどの屈辱的行為、殴る、蹴る、出血などの暴力行為によって相手が本気で苦しんでいるということに重点を置くならサディストかも…?(その3)。つまり、本来のサディストはリョナラーに近く、サディストの中にリョナラーという考えがあると考えればよい。少しの違いといえば、サディストは精神的に相手を苦しめる過程に、リョナラーは虐められた相手の結果に重点を置く。また、リョナラーは相手の快楽堕ちを絶対に認めないが、相手が精神的に本気で泣き叫んでれば快楽堕ちしていても大満足する真性サディストもいる。これはリョナラーはカテゴリー的には肉体的損傷のみで、サディストは肉体的損傷だけでなく、屈辱感を与えるという精神的損傷もふくまれているからである。要するにリョナラーよりサディストは幅が広い。

サディスティックに関連タグ

サディスティック サディスト サド ドS 超ドS
責め SM ミストレス

関連タグ

性格 マゾヒズム

関連記事

親記事

倒錯 とうさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サディズム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サディズム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 275950

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました