2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

19世紀のイギリス帝国を舞台に、当時ロンドンに現れたと云われる怪人「バネ足ジャック」の伝説を元に、実在の人物や実際の事件といった史実を織り交ぜつつ描いたダーク・ファンタジー作品である。
ロンドン警視庁が犯罪捜査資料保存目的で設立した黒博物館の学芸員と、その事件に関わるある人物の回想という形で物語が展開される。

ストーリー

それは黒博物館の学芸員(キュレーター)が案内する物語。

1837年、大英帝国の首都ロンドンに、女性ばかりを狙って悪戯をする犯罪者が現れた。
女性を驚かせるだけでそれ以上はせず、脚に「バネ足」を仕込み高く跳び上がり、目と口を光らせ、奇怪な声で笑う怪人物は、イギリス国民から跳ぶ者「バネ足ジャック」と呼ばれ恐れられた。
しかし、1838年春、犯人は逮捕されることなくその姿を消した。

それから3年後の1841年、「バネ足ジャック」は再び姿を現した。悪戯ばかりでなく女性を殺害する殺人鬼となって……。

3年前の「バネ足ジャック」事件を担当したロンドン警視庁警部ジェイムズ・ロッケンフィールドは、前から目を付けていたウォルター侯爵が犯人だと疑うのだが……。

関連項目

関連記事

親記事

黒博物館 くろはくぶつかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「黒博物館スプリンガルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195565

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました