ピクシブ百科事典

黒博物館ゴーストアンドレディ

ぶらっくみゅーじあむごーすとあんどれでぃ

「週刊モーニング」で連載されていた、藤田和日郎の漫画作品。
目次[非表示]

概要

黒博物館シリーズ第二弾。
ロンドンのドルリー・レーン王立劇場に出るといわれた幽霊「灰色の服の男」と、歴史上の偉人を絡めたダークファンタジー作品である。

黒博物館スプリンガルド』同様にロンドン警視庁の犯罪資料館「黒博物館」の学芸員と幽霊「灰色の服の男」との回想という形で物語が展開される。

ストーリー

ロンドン警視庁の「黒博物館」に展示された「かち合い弾」と呼ばれる謎の銃弾。
ある日、銃弾同士が正面からぶつかり合って潰れている不思議なその弾を見せて欲しいという老人が訪れた。
学芸員が老人を「かち合い弾」まで案内すると、彼はこの弾の由来を話すという。
すると突然彼の身体から一体の幽霊が現れた。彼は自分を「灰色の服の男」だというのだ。
生前決闘代理人だったという彼が言うには、人々は知らず知らず互いに「生霊」を飛ばし合い相手の心を折ろうと争っているのだと。
劇場は観客が劇に熱中している間「生霊」を飛ばさない静かな場所だから好きなのだという。
そんな彼の元に一人の若い女性が訪れて、自分を取り殺して欲しいと依頼してきたのだ。
彼女の名前は「フロレンス・ナイチンゲール」。
後に近代看護教育の基礎を作り上げた偉大な看護師である。

運命の出会いを果たした二人。
「灰色の服の男」と「ランプの淑女」の不思議な冒険が始まる。

登場人物

グレイ

ドルーリー・レーン王立劇場に住み着く幽霊。<灰色の服の男>と呼ばれており、彼が客席に現れる公演は大成功するというジンクスがある。
生前は名うての決闘代理人であり、日常的に命のやりとりにその身をさらしていたためか達観した人生観の持ち主である。よく言えば冷静沈着、悪く言えば冷めきった人物。
ある日出会った病める少女フローレンス・ナイチンゲールに興味を抱き、彼女に取り憑いたことで本人も予想だにしない数奇な物語に足を踏み入れることになる。
本作の狂言回しである。

フローレンス・ナイチンゲール

本作の真の主人公。閉塞しきった自分の人生に絶望していた折りにグレイの噂を聞きつけ、自身を取り殺すよう願い出た。しかし彼女の願いは退屈を持て余していたグレイの興味を引き、”自身が最も絶望した瞬間に取り殺す”という契約の元で取り憑かれることとなった。
奇しくもグレイに取り憑かれたことで持ち前の才覚と行動力を存分に発揮するようになり、世界史にも残る偉業をなしてゆくことになった。
彼女を傷病者のためにその身を粉にして働き続けた白衣の天使ととるか、強迫観念の赴くままに突き進む狂人ととるかは読者の手に委ねられている。

関連項目

藤田和日郎 黒博物館スプリンガルド

pixivに投稿された作品 pixivで「黒博物館ゴーストアンドレディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276198

コメント