ピクシブ百科事典

ゾナハ病

ぞなはびょう

からくりサーカスにおいて物語の根幹を司る架空の病気。

からくりサーカス』に登場する架空の病気

概要

正式名称「他者の副交感神経系優位状態認識における生理機能影響症(Z.O.N.A.P.H.A. Syndrome)」。
自動人形の疑似体液や自動人形が撒き散らす「銀の煙」が体内に入ることで発症する。
発作を起こすと激しい呼吸困難を伴った痛みを感じるが、他者を笑わせれば緩和される。
一般的には「人を笑わせないと死んでしまう奇病」と認知されているが、この病気の本当の怖さは「どんなに苦しくても死ねない」ところにある。
この病気が原因で死ぬことはなく、直接的な死因となるのは免疫力低下による様々な合併症によるもの。

病状の進行に合わせて三段階に分けられる。

第一段階
他者を笑わせなければ呼吸困難に陥る発作が発生するが、それ以外では日常生活に支障は無い。

第二段階
免疫力が低下し、さまざまな合併症を引き起こす。死亡要因はこの段階がほとんど。
この病気の恐ろしさを知る人は第三段階の悲惨さから、第二段階で死亡した人を「運良く死ねた人」という者もいる。

第三段階(最終段階)
新陳代謝が停止し体温が低温で一定化、全身が硬直、食べ物や水を摂取せずとも生き続け、成長や老化も止まる。
外的要因以外では死ねなくなり、半永久的に呼吸困難を伴った激痛が続く。
治療方法は万能の霊薬「アクア・ウイタエ」を飲むか、身体にワルトハイム電磁波を照射するしかない。

ちなみに第三段階になった人の顔はなんとなくアヘ顔に似ている。
一方は激しい快楽から、もう一方は激しい苦痛からと、原因は正反対なのだが顔を酷く歪ませる点では両方とも違いはないのかもしれない。

関連項目

からくりサーカス 作者はゾナハ病

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾナハ病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59713

コメント