2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「僕のような善人とは、また、天国で会えるさ。」

CV:佐々木望

人物

自称病弱にして優雅、飄々として捕らえようのない性格と、鋭い刃物の様なキレを見せる人物。
美青年で女にもてるが重度のマザコン。何かあるとすぐ胸のロケットを取り出しては「ママン」と呼びかけ、それを奪われると幼児退行する。
一見頼りなさそうな優男だがマリオネットオリンピア」を操り、自動人形たちから「オリンピアの恋人」「伝説の人形200体破壊者」などの二つ名で呼ばれる程の強者であり、クールに振る舞いつつ「青い炎のように静かに燃え上がる」怒りや熱い心を持っている。
エレオノールしろがね)の育ての親で、幼い彼女を連れて自動人形との戦いの旅をしながら世界を周っていた。

左腕を失い死にかけた鳴海の命を救い、以降しばらくの間彼と共に行動する。
よく鳴海と漫才の掛け合いのような会話を繰り返し、そのとき鳴海を「クサレチョンマゲ」や「チョンマゲイノシシ」「低脳イノシシマン」などと呼んでいる。
だが全編を通して精神的には鳴海の良き相棒であった。

鳴海たちが乗る旅客機が飛行中自動人形の襲撃を受けるとオリンピアに乗って出撃し旅客機を守り抜いた。この時、ギイは大怪我を負い仲町サーカスに救出され、しろがねに出会う。

実はこの物語のトリックスターであり、「フランシーヌ人形」とそれに連なる謎の全てを知る人物。
「からくり編」と「サーカス編」の登場人物は基本的に会うことはないが、ある人物とこのギイのみが両編を行き来している。
ある恐るべき計画の存在も知っており、計画最重要パーツであるを警戒している。

関連イラスト

ギイとオリンピア
ギイとオリンピア



関連タグ

からくりサーカス
加藤鳴海 才賀勝 しろがね ルシール・ベルヌイユ

蒼月潮うしおととらOVA版で、ギイの担当声優・佐々木望氏がうしおを演じている。その相棒のとら(TVアニメ版)役だった小山力也氏の演じる鳴海とコンビを組むことになったのもまた縁か。

関連記事

親記事

からくりサーカス からくりさーかす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262036

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました