ピクシブ百科事典

アンジェリーナ(からくりサーカス)

でんせつのしろがね

アンジェリーナは、漫画「からくりサーカス」の登場人物である。

CV:林原めぐみ

人物

ルシール・ベルヌイユの娘。
クローグ村の惨劇の後、たった一人生き残った子供として、生命の水を生み出す「柔らかい石」を体内に隠される。(柔らかい石はどんな容器に入れてもいずれ蒸発し、人間の体内でしか保存できないが、大人の体に入れても拒絶反応が出るため)

フランシーヌ人形を笑わせるため、生命の水が流れる彼女と同じ存在になろうとする自動人形たちへの囮とされ、長い間戦い続けた。

その後、一時行方不明になったが、しろがね本部に連絡がきた時、日本で結婚していた。そのため、普通の人生に憧れる女性のしろがねたちに伝説として伝えられる。
亡くなった時、その遺体からは柔らかい石は発見されなかったという。


関連項目

ルシール・ベルヌイユ からくりサーカス


















ネタバレ

成長したアンジェリーナは、しろがねの宿敵、フランシーヌ人形と瓜二つの顔だった。これは、フランシーヌ人形のモデルとなった人間のフランシーヌが、ルシールの母の姉だったため。
そのため、アンジェリーナは呪われた運命を背負う事になってしまう。





















更にネタバレ

フランシーヌ人形とそっくりだったアンジェリーナは、まわりのしろがねに白眼視されていた。その上、頼りにしていた母親に自分だけの道を歩くように言われて追放される。

ルシールの真意は、我が子を辛い戦いの人生から解放する事だったが、母親に追い出されたと思い込んだアンジェリーナは絶望して、各地をさまよう。
母の言葉を思い出して、仲良くなった男に自分の秘密を打ち明けても、その度に突き放される。

最終的に辿り着いた日本で、成瀬正二郎(後の才賀正二)と出会ったアンジェリーナは、母の真意を教えられ、持たされていた生命の水を飲んだ彼と結婚する。
二人の間に生まれた子供こそが、この物語のヒロイン、エレオノールである。
アンジェリーナの体内にあった柔らかい石は、娘へと引き継がれている。

関連記事

親記事

からくりサーカス からくりさーかす

兄弟記事

コメント