ピクシブ百科事典

アン・ボニー&メアリー・リード(Fate)

あんぼにーとめありーりーど

「Fate/Grand Order」に登場するライダーのサーヴァント。
目次[非表示]

「「舐めるなよ、海賊を!」」

プロフィール

真名アン・ボニーメアリー・リード
クラスライダーライダー
性別女性女性
身長171cm158cm
体重54kg46kg
出典史実史実
地域カリブカリブ
属性混沌・悪混沌・中庸
IllustI-ⅣI-Ⅳ
CV川澄綾子野中藍

※二人で一騎のサーヴァント。

概要

Fate/Grand Order」に登場するライダーサーヴァント。レアリティは☆4。
二人で一騎を構成するという異質なサーヴァント
同作品でも前例はあるが、あちらは英霊召喚の際に勝手に割り込んだ形であるため、同種のコンビのサーヴァントとしてはシリーズ初である。

第1部第三章「AD.1573-封鎖終局四海オケアノス」の実装と共に参戦。
伝説の海賊エドワード・ティーチ支配下の敵サーヴァントととして登場するが、黒髭氏のオタク趣味とセクハラ全開の対応に辟易している。
それでも黒髭氏の“本質”は分かっているらしく、愚痴を交えつつも黒髭氏を心配する一面もあった。

真名

アン・ボニーとメアリー・リードは大海賊時代に実在した女性の海賊である。
偶然知り合った二人は海賊としてジョン・ラカム船長の下で活躍した。
アンは銃の名手、メアリーはカトラスでの切り込み役を担当したという。

アンは裕福な家庭に生まれたが、生来の乱暴者でチンピラと駆け落ちし、そのチンピラとも別れるとジョン・ラカムと共に海賊旗を掲げた。
ある日オランダ船を拿捕した際に出会ったのが、男性として潜り込んでいたメアリー・リードである。

アンとメアリーは女性同士ということもあってか、ウマが合い、コンビを組んで海賊稼業に専念した。
ジョン・ラカムの船で誰より勇猛果敢に戦ったのはこの二人である、という証言が幾つも遺されている。

最終的には海賊討伐に来たジョナサン・バレット私掠船団によって捕縛され死刑判決を下されるも、両者ともにその当時妊娠していたため出産まで投獄という形となった。
その後メアリーは獄中で病死、アンは権力者の父によって釈放または脱走したとして、天寿を全うしている。

人物

アンは物腰が柔らかく、上品で社交的であるため親しみやすい。また包容力に優れ、メアリーのお姉さん的立場になる。一方で厳しい毒舌家でもあり、嫌いなものに対する塩対応は中々のもの。
また聖言を暗唱できるなど、教養も有る様子。

メアリーはクールで真面目で不器用。特に感情表現が苦手で、人見知りをする。ただし根は素直で子供っぽいところがあるため、最初はとっつきにくいものの、心を開くと誰より懐いてくれる猫のようなタイプ。

二人共根っからの冒険家であり、聖杯に託す願望はないが、お宝としての聖杯そのものを追い求めている。つまり万能の願望機よりも、それを手に入れるまでの冒険こそを望んでいるのである。それは海賊としての習性でもあるのかもしれない。

能力

今回は異例なことに二人一組のサーヴァントとして召喚された。ステータスへのペナルティは存在しないがどちらか一人でも倒れると、もう一人も問答無用で戦闘不能となる。
作中ではメアリーが近接攻撃を担当し、アンは射撃・狙撃を担当する。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
FGO主人公CCAEBC


保有スキル

対魔力(D)ライダーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。一工程(シングルアクション)によるものを無効化する。魔力避けのアミュレット程度の対魔力。
騎乗(-)『航海』スキルにより失われている。
航海(A)船の操舵技術。海賊として鳴らしていただけあり、二人共に天才的。ゲーム中では自身のスター発生率を大アップさせる。
射撃(B)銃器による早撃ち、曲打ちを含めた射撃全般の技術。アン・ボニーは揺れる船上でマスケット銃を命中させるほどの腕前。
コンビネーション(C)特定の人間と共闘する際に、どれだけ戦闘力が向上するかを示すスキル。どれだけ苛烈な戦場でも目配せ一つで互いの坑道を把握、最適な行動を取る。


宝具

比翼にして連理(カリビアン・フリーバード)

比翼にして連理


  • ランク:C+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大補足:10人

メ 「僕から行くよ。――そらそらそらっ! アン、後はお願い!」
ア「はーい、それでは狙い撃ちますわよ。――シュート!」

カトラスを手にしたメアリーをマスケット銃を装備したアンが援護する、コンビネーション宝具。
状況が不利であれば在るほど、有利なダメージボーナスを獲得する。

詳細は同項目を参照。

ゲーム内での性能

現在7騎も存在する激戦区となっている☆4ランクのライダーではHP・ATKとも中間程。
カードバランスは《Quick:2/Arts:2/Buster:1》と、同じ海賊ライダーの黒髭氏姉御と違って、ベーシックなライダー型である。

スキルは、自身のクリティカルスター発生率を上げる「航海(A)」、自身のクリティカル威力を上げる「射撃(B)」、自身の攻撃力とスター集中率を上げる「コンビネーション(C)」と、全てがクリティカル絡みで統一されている。
自身だけではそこまでクリティカルスターを量産できないため、同じくQuickの多いランサーやアサシンのサーヴァントと組ませると良いだろう。

宝具「比翼にして連理」はリンク先を参照。
使い所や効果的な運用は難しいものの、上手く行けば破格の攻撃力を発揮するため、四騎(ライダー/キャスター/アサシン)が弱点の魔神柱戦では鬼札として活躍してくれる。

余談

霊基再臨で強化されるたびに、衣装がエライことになっていく
最終的にメアリーはバニーガール化してしまう、しかしよく見ると片腕に壊れた手錠がある事(これはアーチャー枠で実装されたアンも同じである)や史実の最後を考えると恐らく捕虜になったの際の服装をイメージした可能性が高く最後まで再臨を済ませた際のキャラ絵はきわどい物になっている

ちなみにセイントグラフでは、アンはメアリーの倍近い身長差があるように見えるが、プロフィールにもある通り、メアリーの身長は158cmでFateでも平均身長くらい(因みに日本成人女性の平均身長が157程度)であり、さらにアンとの身長差は10cmちょいしかない。
実際にマイルームではそのような身長対比に配置されているのだが、なぜこうなったし。

Fateの愉快な海賊達「身長差」


一応、公式スピンオフ『教えてFGO!偉人と神話のぐらんどおーだー』では、サーヴァントとしてのメアリーはアンと出会った頃よりも幼い姿で現界していると述べられているので、メアリーのプロフィールの数値は生前のものである(仮にそうだとして、今度は現在の身長がいくつなのかという疑問が生じるが)可能性も考えられる。

また史実換算だと、これでもメアリーの方が10歳ぐらい年上下手をすると……

そして画面上ではとにかくメアリーがカトラス片手に頑張って戦う
そもそもアンの武器は最初期のラッパ銃(極端に分かりやすく言えば火縄銃の銃口を広げて海上や馬上での装填をし易くしただけの火縄銃)でよく知られている物は散弾が基本なのだが、彼女の物は海上や馬上で撃つ事を想定されていただけのマスケットであり接近戦は緊急時の銃剣や銃床くらいなので前に出るのを期待するほうがむしろ間違いである

なのだが、2016年の夏イベント『夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー ~癒やしのホワイトビーチ~』にて、水着姿になり、アーチャークラスでアンがメインで登場。銃撃や銃自体で敵をブン殴ると言うアグレッシブな戦法で見事面目躍如した。⇒アン・ボニー&メアリー・リード(水着)

また絆レベルが低いと「変なこと」をするなと言われるが、上がっていくにつれ「抱きしめられながら一緒に眠り」更に誕生日にはアンから「接吻」をしてもらえる。
ぐだーず一級フラグ建築士ぶりは留まるところを知らない……。

期間限定イベントでの活躍

空の境界』とのコラボレーションイベントでは、人のストレスを増幅する小川マンションへと入居するが、狂化の影響は受けなかった。

…が、黒髭に教わったインターネットにドハマりしてしまい、二人そろってダメ人間化。
汚部屋(疲れたOLの部屋by.マシュ)の住人と化し、通販でグッズを買ってピザを取り寄せては配達員を脅してお金を巻き上げるという暴挙を働いていた。

しかも自分たちがダメ人間化してるのも充分に自覚しており、マシュに「聖杯に求めるものは宝ではなく宝の地図だと微笑んだお二人はどこにいったんです!」と突っ込まれても開き直る始末。
これには流石のマシュも「これはひどい!!」とツッコミまくっていた。

関連人物

フランシス・ドレイク
海賊の大先輩であり女性海賊としても尊敬する人物。

エドワード・ティーチ
同じ海賊として殺意を抱く(生理的嫌悪的な意味で)。

関連イラスト

アン・ボニー&メアリー・リード + FGO落書き③
宝探し 超級


比翼にして連理
アンメアの暇つぶし



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ライダー(Fate)
アン・ボニー(Fate) メアリー・リード(Fate)
アン・ボニー&メアリー・リード(水着)
海賊 女海賊 コンビ 百合

pixivに投稿された作品 pixivで「アン・ボニー&メアリー・リード(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3657364

コメント