ピクシブ百科事典

アーチャー(Fate)

あーちゃー

「Fateシリーズ」に登場するサーヴァントのクラス分類。
目次[非表示]

概要

三大騎士の一角とされる「弓兵」の英霊。その配属基準は射撃兵装の有無のみ。
弓兵とはいうものの、飛び道具であれば弓、銃、スリングなどなんでもかまわない
最近では電気を飛ばす奴まで現れたため、解釈の幅は更に広くなった。
クラスの特徴としてマスターの魔力供給なしに長時間行動できる「単独行動」、高い魔術防御力を付加する「対魔力」の二つのスキルを有する。またサーヴァントの中で特に強力な宝具を有する傾向や遠距離からの優れた攻撃性があり、特定条件や相性下でのジョーカー的特性を持つ。

単独行動スキルによってマスターと共闘、または支援を行えるクラスではあるが、そのスキルが本来の用途で使用される例は少なく、大体はサーヴァントの暴走やエゴに利用される。また単独行動スキル発動中は令呪以外のマスターの影響を受けない特性もある。

ちなみに、何故に単独行動がアーチャーでのクラススキルなのかと言うと、エミヤ曰く「狙撃手は標的が的に入るまで、三日三晩、狙撃ポイントから動かないのもザラだから」という。
もっとも真っ当に狙撃するアーチャー自体も少ないが

主に『stay night』や『Zero』のアーチャーがほぼ弓を使わない事から、「Fateのアーチャーは弓を使わない」、「むしろ弓を使うアーチャーなど邪道」といったネタで弄られる事が多々ある。
もちろん以降はちゃんと弓矢で戦うアーチャーが主流となっている。……が、最近ではまた弓を使わない系アーチャーも増えつつある現状。とうとう物体を射出しないアーチャーまで登場してしまった。
「普段弓を使うのに宝具が弓じゃない」というのも割といるから困る。

クラス別スキル

対魔力魔術に対する抵抗力
単独行動マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。


基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
CCCEE


Fate/stay night

赤いの


赤い外套を纏い、二刀を用いた白兵戦を好む白髪の男性。
弓も使用するが、矢は大抵の場合剣を改造したものである。
詳細はアーチャー(Fate/staynight)を参照。

Fate/Zero

☆★☆


黄金の鎧に身を包んだ、人類最古の英雄王。
宝物庫から射撃戦法を主としているが、矢として放つのは数多の宝剣、宝槍等の財宝である。
聖杯戦争の常連、最多参戦記録更新中(Apocrypha以外全て参戦)。
詳細はギルガメッシュ(Fate)を参照。

Fate/EXTRAシリーズ

プレイヤー側のアーチャー

弓主アンソロとか


「stay night」の彼とほぼ同じ容姿と性格だが、実際は「同一人物ではない同一存在」。
詳細は無銘を参照。

敵側のアーチャー

ロビンフッド


シリーズ初となる弓を主武器とするアーチャー
ただし、奇襲と毒殺をメインとした暗殺者的な戦法を好む。
詳細はアーチャー(Fate/EXTRA)を参照。

Fate/Apocrypha

Fate/Apocrypha』には、三騎のアーチャーが存在する。
元々Apocryphaはオンラインゲームとして企画されたもので、アタランテとダビデが登場予定だったがお蔵入りとなる。その後書籍として復活したのだが、書籍版では諸事情によりケイローンが追加され、ダビデはリストラの憂き目にあった。

赤のアーチャー

アタランテ


シリーズ初となる女性アーチャー。野性味と気品を併せ持つ俊足の乙女。
詳細はアタランテ(Fate)を参照。

黒のアーチャー

Fate/Apocrypha,EXTRA CCC他 落描きまとめ


広大な森のような気配を持つ青年。豊富な知識と教養を備えた根っからの教師。
数多の英雄を教え導いた、神話界でも有数の賢者。
初めて登場した宝具が弓だけのアーチャー。
詳細はケイローン(Fate)を参照。

書籍版では未登場のアーチャー

ダビデ


涼やかな笑みを浮かべる緑髪の青年。誰に対しても敬意を持ち、せっぱ詰まることのない穏やかな人物だが、冷静な判断を下すリアリストでもある。通常攻撃は杖による殴打、宝具は投石
企画段階で誕生し登場が叶わなかったが、後にFGOで復活。
詳細はダビデ(Fate)を参照。

Fate/Prototype

Fate/Prototype ギルガメッシュ


黄金の鎧を纏った青年。宝物庫からの射撃と合体して弓になる双剣を操る。
stay night等に登場した黄金のアーチャー等の原型となったキャラをリブートさせたキャラ。
詳細は旧アーチャーを参照。

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』(コハエース)

『三千世界に屍を晒すが良い!』


通称「魔人アーチャー」。
「弓とか古っ!! 時代は鉄砲じゃ鉄砲!!」ということで火縄銃を操るアーチャー。
極東の歴史を塗り替えた「時代の破壊者」。
桜セイバーとは聖杯を巡り、熾烈なバトルを繰り広げる・・・予定。

蒼銀のフラグメンツ

アーラシュ


遥か東方の大英雄。中東において「弓兵」の語源ともなった人物。
主武器も宝具も弓だが、宝具を使うと代償に自爆してしまう。
詳細はアーチャー(フラグメンツ)を参照。

Fate/strange Fake

アルケイデス


身長2mを超える巨体で、顔を布で隠した痩身の男。
復讐者の性質も併せ持っている。
詳細はアルケイデス(Fate)を参照。

Fate/Grand Order

無題


褐色の肌に白い衣装を纏った青年。特殊な形状の大弓を操る。
詳細はアルジュナ(Fate)を参照。

退屈・・・[Fate/GO]


ギリシア神話におけるゴルゴン三姉妹次女
本来は戦闘力を持たないが、サーヴァント化に際しある程度の戦闘力を獲得している。
詳細はエウリュアレ(Fate)を参照。

オリオン四枚


ギリシャ神話において後に星座となった狩人と、彼に恋い焦がれた女神
一人と一柱でひとつのサーヴァント。
詳細はオリオン(Fate)を参照。

天才碩学おじさん


交流送電を計画し、上司のエジソンと決裂した電気工学者。初の文化人アーチャー。
主武器も宝具も発電装置からの雷撃である。
詳細はニコラ・テスラ(Fate)を参照。

ちっちゃくても強い!


幼少期の英雄王。性格はまるで別人のように異なる。
初出は「Fate/hollow ataraxia」だが、サーヴァントとしての参戦は「Grand Order」が初。
詳細は子ギルを参照。

ビリー


アメリカ西部開拓時代のアウトローであり早撃ちの名人。
武器も宝具も勿論、リボルバーでの射撃。
詳細はビリー・ザ・キッド(Fate)を参照。

【FGO】トータ


日本最大級の怨霊を打ち倒し、龍神をも苦しめた大百足を退治した武者。
主武器は弓だが米俵を投げつける事もある。
詳細は俵藤太(Fate)を参照。

初見殺しの人


円卓の騎士の中で随一の弓の名手。
と伝承では言われるが、問題はハープを無理矢理弓矢にしている事。
詳細はトリスタン(Fate)を参照。

イシュタル/凛


かつてギルガメッシュの盟友を死に追いやった女神。
今回は性質の近い人間を依り代にした疑似サーヴァントとして登場。
詳細はイシュタル(Fate)を参照。

Epic_of_Remnant

開幕


本来はキャスタークラスの適性だが、民間伝承の魔弾の射手を融合させた複合サーヴァント。
生前では持ち得なかった棺桶の中の大量の重火器をぶっぱなす。
詳細は新宿のアーチャーを参照。

エミヤオルタ


自ら名を捨て失墜した無心の執行者。
その正体は「stay night」のアーチャーが変貌した黒化英霊
詳細はエミヤ・オルタを参照。

イベント限定サーヴァント

水着アルトリア


水着版のアルトリア・ペンドラゴン
聖剣と殺傷能力の高い水鉄砲を装備したビキニ姿で縦横無尽に駆け抜ける。
詳細はアルトリア・ペンドラゴン(水着)を参照。

アンメア!


同じくライダーからクラスチェンジした、アン・ボニー&メアリー・リード
ライダー時とは逆にアンがフロントをつとめ、攻撃方法も銃が中心。
詳細はアン・ボニー&メアリー・リード(水着)を参照。

ウルトラのママン


2017年水着イベにてクラスチェンジしたエレナ。
詳細はエレナ・ブラヴァツキー(水着)を参照。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

夢幻召喚
Chloe von Einzbern


『プリズマ☆イリヤ』ではサーヴァントは登場しないが、形的にはアーチャーである為、記載する。

クラスカードを使用し英霊化したイリヤスフィール・フォン・アインツベルン
その姿は「stay night」のアーチャーの赤原礼装をアレンジしたもの。能力も彼と同等である。
2度目の英霊化時にカード、能力ともどもクロエ・フォン・アインツベルンに分離した。彼女の姿はイリヤに似ているが、肌の色は褐色であり、より「stay night」のアーチャーに疑似したものである。

FGOとのコラボイベント「魔法少女紀行~プリズマコーズ~」にて、クロエはアーチャーとして実装された。

その他公式で適正があると明言されている英雄

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/stay nightヘラクレスバーサーカー
Fate/EXTRA呂布奉先バーサーカー
Fate/Apocryphaカルナランサー


その他

アーチャー・ニックネームの法則

ユーザーからはお茶にちなんだ愛称で呼ばれるサーヴァントが多い。
昔はアーチャーといえばFate/staynightアーチャー
を指す事が多かったが、Fate/EXTRAで新たに緑色のアーチャーが登場したため、赤い方を紅茶、緑色の方を緑茶と言って区別するユーザーが増え、それ以降○○茶という呼び方に則って宝死茶抹茶(魔茶)新茶という風に一部のサーヴァントが呼ばれることもある。
Fateシリーズでは「真名を隠す」という事に大きな意味がある。
そのため、ニックネームで呼ぶ≒真名を隠して(濁して)かつ、わかりやすく気軽にそのサーヴァントの事を指す事ができるため、実は意外と有用だったりする。
特に公式で真名隠しのシステムが実装されている新茶などはその恩恵を受けていることになる。
シリーズやこの呼び方を知っている人なら「○○茶=アーチャーのクラス」とわかりやすく連想できるのも地味に勝手が良い。

関連項目

Fateシリーズ サーヴァント
弓兵 狙撃手 狩人   飛び道具
三大騎士クラス 三騎士 Wアーチャー

特捜戦隊デカレンジャー:メンバー全員が射撃兵装を持ちお茶の名前で呼ばれるキャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「アーチャー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 632501

コメント