ピクシブ百科事典

マンガで分かるアーチャー

まんがでわかるあーちゃー

マンガでわかるアーチャーとは「マンわかFGO」シリーズに登場するサーヴァントの俗称。
目次[非表示]

プロフィール

クラスアーチャー
真名???
性別女性
身長168cm
体重59kg
属性混沌・中庸


概要

初登場は「ますます」85話。エレナが産んだ(とされるが実際は不明)幼生が成長したものと思われる。
西部開拓時代のガンマン、あるいは映画で見たような冒険家を思わせる服装をした褐色肌の女性

マシュちびっこ王国の子供を増やすための苗床としようとしたジャック達に雇われ、彼女を投げ縄で拘束した。

投げ縄を投げるからアーチャーなのかウェスタンだから(銃を使うという意味で)アーチャー適性を得たのかは謎。幼生の段階ですでにケモミミがあった生粋のケモミミサーヴァントで、耳は前に折ってその上から帽子をかぶっているようだ。ちなみに種類はコヨーテらしい。

「ますます」第94話にてマンガで分かるランサーによって埋められていたマンガで分かるライダー「ますます」第98話で助け、共闘を持ちかけたが野生の性で彼女に対してよだれを垂らしたり噛みついたりしていたが「ますます」第99話にて何とか結託したらしく、親(?)であるアルテラの元にやって来た。
「ますます」第151話では馬のような物体に乗っていてリヨぐだ子とマシュを拘束していた。

真名

他のリヨ鯖同様に真名は明かされていないが、姿形がウェスタン系で投げ縄使いである事からアメリカの英霊であるのは確定的である。
漫画版のステータス表において、魔術を結構知っているという設定があるが、それが何を意味しているのか不明。

真名の有力候補は、アメリカ合衆国の伝説上のカウボーイ「ペコス・ビル」。マンガで分かるバーサーカーの真名と同じく、西部開拓時代のホラ話の登場人物。
「ますます」第98話のライダーのセリフから、野性的でモチーフにコヨーテが入っていることがうかがい知れるが、ペコス・ビルはコヨーテに育てられたという伝承がある。獣耳や「一匹狼」という記述もここからか。
他にも投げ縄の腕は超一流で竜巻をも捕まえたという話があり、大抵の生物、無生物に乗れるというスキルも彼がその竜巻を乗りこなした逸話を思わせる。

その他の真名候補

候補から外れた人物

  • 西部開拓時代に活躍した女性アウトロー「カラミティ・ジェーン」。
    • 単純に女性アウトローという連想からだったが、サーヴァントとして実装された。⇒カラミティ・ジェーン(Fate)。だが、こちらのジェーンは「サーヴァント・ユニヴァースにおけるカラミティ・ジェーン」であり、彼女の口からは史実における本名である「マーサ・ジェーン・カナリー」を真名とする汎人類史側のジェーンの存在が示されている。イベントの最後で名称不明の女性のビジュアルが出ており、これを汎人類史側のジェーンと見るとチャンスはないと見て良い。しかしこの人物は他にも上記のような西部劇の有名人が候補に挙がっており確定はしていないので、もしかしたらまだワンチャンあるのかもしれない。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
???CCCEEC


保有スキル

対魔力(B)魔術は結構分かる。
単独行動(A)一匹狼。気紛れで呼んでも来ないかもしれない。
ロデオ(A)大抵の生物・無生物に騎乗し続けられる。どんなに暴れたとしてもそう簡単には振り落とされない。
ラッソ(A)投げ縄。目の届くところならどこまでも伸びて目標を捕らえる。巨大な相手でも捕獲可能だが、力で勝てるかは別問題。


関連人物

「ますます」第98話にて、ランサーに生き埋めにされたところを救出して手を組むが、野生の性には抗えずヨダレを垂らし、しまいには耳に噛み付いていた。

同じく西部開拓時代のアーチャー。

関連タグ

サーヴァント リヨ鯖
ちびっこ王国:所属
北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム:本編のアメリカをモチーフとしたステージ。

関連記事

親記事

リヨ鯖 りよさば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンガで分かるアーチャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25877

コメント