ピクシブ百科事典

マンガで分かるアサシン

まんがでわかるあさしん

『もっとマンガで分かる!Fate/Grand Order』に登場するオリジナルサーヴァントの仮称。リヨ鯖の2体目。
目次[非表示]

概要

第48話にて初登場。オルガマリー・アニムスフィアリヨぐだ子に押し付けられた「サーヴァントの幼体」が成長した姿。

ネグリジェ(とは言うものの、実際はベビードールだと思われる)を着崩した短髪の女性らしき容姿で、右手に拳銃を持っている(つまり右利き)。常に不機嫌そうな表情。

仮にも育ての親であるオルガマリーを拳銃で脅したり、リヨぐだ子がオルガマリーに脱衣を強要するのを手伝ったりと、結構アグレッシブな性格の模様。
その後はリヨぐだ子の下で盗聴を手伝う姿が散見するが、所長と一緒にいるシーンも結構あり所長との仲は悪くはない模様。

リヨぐだ子曰く「ネグリジェということは痴女」らしいが真偽は不明。
第62話ではクラスがアサシンであることが判明したが、ジャンヌ・ダルクの真名看破であっても(FGO基準の真名看破であったため)宝具威力がダウンするだけで真名は分からなかった。
第64話では犯罪者であると認識したサーヴァントを次々と逮捕、「積んでなぞってつなげて消すゲーム」っぽい形にさせ拘留している。
なお、その中にはジル・ド・レェこそいたが、生みの親であるリヨぐだ子にとって存在そのものが罪と言える存在はいなかった。
第80話でうどん鯖の中で初めて宝具を披露。反撃を受けるがサーヴァントを素手で倒せるリヨぐだ子のパンチを食らっても、宝箱になっていないためデバフが効いていたのかもしれない。

『Fate/Grand Order Gutentag Omen』のテキストによると、「世界の秩序を守るためなら多少の犯罪行為は許されると思っている」らしい。また、同作品のイラストでもオルガマリーを捻じ伏せている。

真名

不明。予想されていたのはパット・ギャレットディープ・スロートジョン・エドガー・フーヴァー等(主に諜報絡み)。
宝具に記されているアルファベット表記からフーヴァー長官説が有力であるが、容姿を考慮するとディープ・スロートことマーク・フェルトである可能性も挙げられていた。(フェルト当人が明かすまで創作ではディープ・スロートの正体は好き勝手に想像されており、その中には二人組の女子高生という大胆過ぎる物もあった)

なお、単行本では「真名は秘密ですがFBI初代長官です」となっているため、あくまで秘密とあるが実質確定と思われる。

宝具

名称不明。80話にて披露された。
内容は『敵の秘密や弱みを暴いて脅迫する能力』という、オルガマリー所長に言わせれば陰険な宝具

ただし効力は本物であり、リヨぐだ子の『運営に噛みつくやんちゃキャラを売りにしているがしょせんは運営に経済的に支えられ決して一線は越えられない卑屈なペットに過ぎない』という弱みを見事に暴き、涙目にさせている。
(弱みというかアンデルセンじみた単なる辛口人物評だが)

ただし物理的な威力は一切ないため、リヨぐだ子の『うるせぇ、文句あんのか!!』の一言と共に放たれたグーパンで反撃されてしまった。
暴力の前には無力であった。

名称不明ではあるが、所持していたファイル「O&C」と読めるため、宝具効果と合わせれば公式かつ機密(Official and Confidential)であると予想される。これはフーヴァー長官が持ち歩いていたファイル名であると言われている。

関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント
オリジナルサーヴァント リヨ鯖 アサシン(Fate)

リヨぐだ子:生みの親。
オルガマリー・アニムスフィア:育ての親。

ネグリジェ 拳銃

久宇舞弥Fateシリーズにおける短髪の女性拳銃使いの先輩。
マタ・ハリステンノ:攻撃力を持たない宝具を有するアサシンの先輩。

pixivに投稿された作品 pixivで「マンガで分かるアサシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73271

コメント