ピクシブ百科事典

アサシン(Fate)

あさしん

TYPE-MOON制作のゲーム『Fate』に登場するサーヴァントのクラス分類。
目次[非表示]

概要

暗殺者サーヴァント
直接戦闘においてはサーヴァント最弱の呼び名も名高いクラスであり、事実そのステータスは基本7クラスの中では最も低い。
代わりに自身の気配を消すことが出来る「気配遮断」スキルを有しており、誰にも気付かれることなく相手マスターに接近することができるため、サーヴァント戦を避けてマスターの暗殺を主とする特殊なクラスである。別名「マスター殺しのサーヴァント」。

攻撃の際にはランクが低下するものの、仮にも英霊である彼らの奇襲は人間であるマスターに対しては十分すぎる脅威。聖杯戦争において各マスターが大きく動けないのは、このアサシンが存在するからに他ならない。

アサシンと言えば、ハサン

冬木の聖杯戦争においては、通常はどんな魔術師がどんな触媒を使っても必ず「ハサン・サッバーハ」という英霊が召喚される。ハサンとはイスラムの暗殺教団歴代の長たちの襲名する名前であり、この歴代のハサンたちの中から誰かが選ばれる。なお、歴代のハサンたちはそれぞれ独自の暗殺術を極めた者達であるため、同じ「ハサン」であってもその能力は大きく異なる。

「アサシン」という単語は元々この「ハサン」を教祖とした教団の名前であり、英語やフランス語としてはこの教団のイメージから「暗殺者」を意味する言葉になった。故に厳格な意味では「ハサン」以外に「アサシン」はいないのだから、このルールも頷けるものである。

ただしイレギュラーな召喚の場合はこの基準が当てはまらない時もある。
第五次聖杯戦争のアサシンはハサンではないが、これはルールを破った召喚によって出現したイレギュラーである。また、「アサシンはハサン」というルールは冬木の大聖杯、及びそれを模倣した場合のルールとなっており、別の場所での聖杯戦争では触媒があれば別のアサシンを召喚できたり、そもそもハサン縛りが存在しないケースもある。

クラス別スキル

気配遮断自身の気配を消す能力。攻撃態勢に移るとランクが下がる


クラス基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
DDBEB


Fate/staynight

月下流麗


陣羽織に身を包む風流な剣士。
暗殺者の技量は持っていないが、卓越した剣術の使い手であり、門番として立ちはだかる。
詳しくはアサシン(Fate/staynight)を参照。

呪腕のハサン


Heaven's Feel』ルートのみに現れる正規のアサシン。
黒いローブを纏い、特徴的な髑髏を模した白色の仮面を装着しており異様に長い腕を持つ。
仕えるものとしては間違いなく一流のサーヴァント。
詳細は真アサシンを参照。

Fate/hollow ataraxia

繰り返される四日間の中で現れた、第三次聖杯戦争で召喚されたアサシンのサーヴァント。
非常に小さい小人のようなハサンで、敵の脳を爆弾に作り替える宝具「空想電脳」でバゼットを殺害した。マスターは人形遣いであったらしい。

Fate/Zero

アサシン大家族


個にして群体という特徴を持つ極めて異例な暗殺者。
詳細はアサシン(Fate/Zero)を参照

Fate/EXTRA

李書文


「一戦一殺」を心がける、卓越した腕前の魔拳士。
TYPE-MOON作品ではなじみ深い“ある拳法”の一門の祖。
詳細はアサシン(Fate/EXTRA)を参照。

Fate/strange Fake

2018年初狂信者ちゃん


狂気染みた信仰心と、歴代ハサンへの並々ならない崇敬を抱く名無しの暗殺者。
詳細はアサシン(strangeFake)を参照。

真アサシン

気配を隠す事に特化した暗殺者。その隠密能力はマスターが召喚した事に気が付かないほど。
詳細は真アサシン(strangeFake)を参照。

Fate/Apocrypha

Fate/Apocryphaには、二人のアサシンが登場する。

黒のアサシン

センシティブな作品


露出度の高い衣装を身にまとった幼さが残る少女。
詳細はジャック・ザ・リッパー(Fate)を参照。

赤のアサシン

Semiramis


毒殺を得意とする、キャスターとしての特性を併せ持つ女帝。
詳細はセミラミス(Fate)を参照。

Fate/Prototype

真名は「stay night」のアサシンと同一だが、英霊の座に登録されている本物の英霊。

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ

センシティブな作品


東方の伝承を真似て作りだされた、全身毒の身体を持つ女性の暗殺者。
詳細はアサシン(フラグメンツ)を参照。

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚

お初にお目にかかりますー


幕末に暗躍した四大人斬りの一人に数えられる男。
自身をセイバークラスと自称し、実際それに見合うだけの才能を持っている。
詳細はアサシン(帝都聖杯奇譚)を参照。

Fate/GrandOrder

第1部 Observer on Timeless Temple

センシティブな作品


世界の裏側で活躍した女スパイ。今なお「魔性の美女」と語り継がれる近代英霊。
詳細はマタ・ハリ(Fate)を参照。

シャルル=アンリ・サンソン


フランス革命期、数多くの王族・貴族を断罪した処刑人。
詳細はシャルル=アンリ・サンソン(Fate)を参照。

【FGO】荊軻さん


あと一歩のところで始皇帝を暗殺しそこねた女暗殺者。
伝承では男性とされる、「刺客」「傍若無人」の語源となった侠客。
詳細は荊軻(Fate)を参照。

センシティブな作品


エリザベートの成れの果てである怪物。
近代欧州の吸血鬼伝承の下地となった鮮血の貴婦人。
詳細はカーミラ(Fate)を参照。

【FGO】ファントム・オブ・ジ・オペラ


呪わしい異形の顔を、髑髏仮面で隠した男。
一人の女性に恋し、その恋から“亡霊”となって殺戮を繰り返した伝説の怪人。
詳細はファントム・オブ・ジ・オペラ(Fate)を参照。

女神の采配


ゴルゴン三姉妹の長女であり、不変の美を兼ね備えた女神。
サーヴァント化に際しある程度の戦闘力を獲得している。
詳細はステンノ(Fate)を参照。

デンジャラス・ゲーム


自分の心の中に潜む「悪」に苦悩し、立ち向かおうとする悩める青年。
温厚で柔和な青年学者と、血に狂う無道の悪鬼が共存する二重人格者。
詳細はヘンリー・ジキル/ハイド(Fate)を参照。

センシティブな作品


日本で最も有名な大悪鬼にして、古代蛇神の末裔たる享楽の魔。
詳細は酒呑童子(Fate)を参照。

小太郎くん


代々受け継がれてきた忍者の頭領の名をもつ冷静で聡明な少年。
その血統には鬼の血が混ざっているという。
詳細は風魔小太郎(Fate)を参照。

クレオパトラ


世界三大美人と称される程の美貌と、天才的な経済手腕を持つトップレディ。
詳細はクレオパトラ(Fate)を参照。

刑部姫


蝙蝠のフードを被り、折り紙の使い魔を自在に操る姫。
姫路城に住まう化生、その正体はとてつもないヒキニートオタク。
詳細は刑部姫(Fate)を参照。

エミヤ【アサシン】


赤い頭巾と覆面で顔を隠した、銃火器や軍用ナイフを使用する暗殺者。
抑止力側の英霊である、“正義の味方”を夢見た男のなれの果て。
詳細は暗殺者を参照。

死告天使 -アズライール-


初代にして最後の「山の翁」。冠位の資格を持つサーヴァント。
頭目の資格を逸したハサンを処刑する「ハサン殺しのハサン」であり、“生と死の境界”に佇む幽玄の剣士。
詳細はキングハサンを参照。

第1.5部 Epic of Remnant

新宿の


中国・明代のピカレスクロマン『水滸伝』の登場人物。
原典においても多芸な能力を有する、変幻自在の侠客。
詳細は新宿のアサシン及び燕青(Fate)を参照。

センシティブな作品


不適な笑みに漆黒の意思を秘めた童女。
残虐な拷問や恐怖政治によって恐れられた周の皇帝。
詳細は不夜城のアサシン及び武則天(Fate)を参照。

アサシン・パライソ


甲賀流の家柄たる、属性てんこ盛りな戦国時代の女忍者。
その身には先祖代々からの呪が受け継がれている。
詳細はアサシン・パライソ及び望月千代女(Fate)を参照。

センシティブな作品


黒髪ポニテのいかにもくノ一という姿をした女性。
身体はからくりで出来ている。血潮巡らぬ機巧の存在。しかして、その心は―――。
詳細は加藤段蔵(Fate)を参照。

第2部 Cosmos in the Lostbelt

センシティブな作品


悠久の時を生きた真祖の亜種。
人々の羨望と殺意に晒され続け、人世を呪う事にさえ疲れ切った女。
詳細は虞美人(Fate)を参照。

李書文


武の最高峰に至ったとされる老境の男性。
戦えば絶殺とうたわれた、その凶拳に曇りなし。
詳細は李書文(アサシン)を参照。

センシティブな作品


インド神話における愛と堕落の神。
本来はアーチャーの適正を持つ男性神だが、どこかで見たことのある少女を依代に現界した。
詳細はカーマ(Fate)を参照。

Tamamo Vicci


黒い全身タイツを身にまとう、ビジネスライクな振る舞いの狐耳女性。
未だ呼称や定義に関して捍格齟齬ある厄介な存在。
詳細はアサ狐を参照。

2部の子


フランス革命におけるジャコバン派指導者「ジャン=ポール・マラー」を暗殺した女性。
後に「暗殺の天使」と呼ばれた恐怖政治への叛逆者。
詳細はシャルロット・コルデー(Fate)を参照。

イベント限定サーヴァント

「私以外のセイバー全員不要!」


セイバーウォーズ~リリィのコスモ武者修行~」に登場したストレンジャー。
騎士として正々堂々"闇討ちを行う"、自称「セイバークラスの決定版」。
詳細は「ヒロインX」を参照。

両儀式さん


空の境界/the Garden of Order」にて登場。
夜の街をふらりと歩く人を殺せない殺人鬼。
詳細は両儀式を参照。

センシティブな作品


2016年水着イベント「カルデアサマーメモリー」にてクラスチェンジしたスカサハ。さまざまな武器とルーン魔術を操る。
詳細はスカサハ(水着)を参照。

にとくりす


2017年水着イベント「デッドヒート・サマーレース!」にてクラスチェンジしたニトクリス・・・???
詳細はニトクリス(水着)を参照。

センシティブな作品


2018年水着イベント「サーヴァント・サマー・フェスティバル!」にてクラスチェンジした牛若丸。肉体はそのままに鞍馬山を駆け回った修行時代の精神状態になっている。
詳細は牛若丸(水着)を参照。

グレイ


レディ・ライネスの事件簿」にて登場。
エルメロイⅡ世の内弟子である、"とある伝承"を受け継いだ墓守の末裔。
詳細はグレイを参照。

センシティブな作品


2019年水着イベント「見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!」にて登場。
苦節3年、ついに水着姿を手に入れた幕末の大剣豪
近未来的なジェットで夏の空を翔け、不逞浪士どもを狩りまくる。
詳細は沖田総司(水着)を参照。

マンガで分かる!Fate/Grand Order

センシティブな作品


リヨぐだ子がうどん生地と聖杯の泥を触媒にして生み出したものをオルガマリーが育てたことで誕生したサーヴァント。
ネグリジェを着た諜報系サーヴァント。
詳細はマンガで分かるアサシンを参照。

その他公式で適性があると明言されている英雄

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/stay nightヘラクレスバーサーカー
Fate/EXTRAネロ・クラウディウスセイバー
呂布奉先バーサーカー


余談

アサシンの適性

(このクラスに限った話ではないが)実際の暗殺者以外にも、失敗した暗殺者や殺人鬼、処刑人、武術家などがこのクラスとして呼ばれるなど、近年では暗殺者以外のサーヴァントも召喚される傾向にある。

武術家に関しては、李書文の例を挙げると、本人が殺し屋に近いものと自認している点や武術の腕よりも相対した相手を殺している逸話からアサシンクラスとして召喚に応じたという考え方も出来る為、武術家だからと言ってアサシンクラスで呼ばれるわけでは無い。新宿のアサシンに関しても、スパイの逸話や取り込んだ幻霊の影響による所が大きいと思われる。(他の作品では拳法=暗殺の手段として採用されてきた歴史があるので、拳法家=アサシンと解釈するのは致し方ない面もある。そもそもfateシリーズに格闘家専用のクラスが無いためであるが。)

武術(特に徒手空拳)を使うサーヴァントを召喚したいならば、少々精度は落ちるかもしれないが、バーサーカーで召喚するという手段もあるし、他に武器を使った逸話があるならばその手のクラスで召喚して、武術はサブウェポンとする手段もある。
この他、セイヴァーやルーラーなどの聖人系にも武術の心得があるサーヴァントもいるのだが、そこら辺は規格外揃いなので気にしてはいけない。

また、一般的なお化けのイメージに「消える」「化ける」「暗い時間に現れる」「人を殺す事がある」などのイメージがあるからか、妖怪等もこのクラスとして召喚される事がある。

総合すると、暗殺の他「潜入」「諜報」「隠遁」「殺しの腕前」等の逸話に関連した存在が、このクラスの適正を持つと推測でき、その点でも一番初めに登場した"剣士"は異例な召喚であった事が伺える(素早い燕さえ斬れる、殺しに応用できる程の達人だからという見方もできそうだが)。

クラス相性の謎

FGOのクラス相性においてはライダークラスに有利を取れる。とはいえ、Fate/staynightFate/Zeroではライダーがアサシンを圧倒するシーンが多くアサシンがライダーを圧倒するイメージがあまり無いが。

アサシンが「マスター殺しのサーヴァント」であった事や、ライダーは乗り物である宝具を使う事で真価を発揮するサーヴァントである事を考えると原作におけるマスターとサーヴァントの関係性をライダーと彼らが持つ宝具に置き換えた結果が上述のクラス相性であると考える事も出来る。(いわばライダーがマスター、宝具がサーヴァントの役割と言った所である。)
ライダーは王の英霊が多く所属するクラスであった事から考えて、暗殺者は権力者を暗殺するからとか、アサシンは盗賊も該当する為、宝(具)を盗むからアサシンはライダーに強いという解釈も。

関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント 四騎士
暗殺者 殺人鬼 殺し屋 処刑人 スパイ テロリスト 忍者 隠密

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アサシン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1406777

コメント