ピクシブ百科事典

アサシン(フラグメンツ)

せいひつのはさん

アサシン(フラグメンツ)とは、『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』に登場するサーヴァントである。
目次[非表示]

―タツミ。殺した瞬間から、あなたのことが好きだった

プロフィール

真名ハサン・サッバーハ静謐のハサン
クラスアサシン
サーヴァント階位第七位
性別女性
身長161cm
体重42kg
出典史実
地域中東
属性秩序・悪
Illust中原
CV千本木彩花

潜入活動時の「顔」は基本的に変化スキルで作成するが、霊基再臨第三段階時の「顔」は素顔。
暗殺手段の性質上、彼女には素顔がある。

概要

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』に登場する、「8年前の聖杯戦争」におけるアサシンサーヴァント
髑髏仮面褐色、体を覆う黒衣が特徴的な少女。その正体はれっきとした暗殺者であり、全身に猛毒を纏った「毒の娘」。

召喚者は仁賀征爾と言う魔術師だが召喚直後にその命を奪ってしまい、はぐれサーヴァントとなった己を拾ったセイバーのマスターである沙条愛歌に従っている。

劇中で囁かれている都市伝説『メアリーさん』の正体でもある。
「真夜中の東京で、外国人の少女・メアリーさんが仕事帰りの男性に声を掛ける。2人は共にホテルに入り、翌朝男性はベッドの上で死体となっていた。外傷は何1つ無い。メアリーさんは何処にもおらず、部屋の鏡には"Welcome to the world of death! (死の世界にようこそ!)" と紅い口紅で書かれたメッセージのみが残されていた」と言うもの。

人物

瑞々しくしなやかな容姿の少女で、外見年齢は10代の後半。
褐色の肌を覆う黒衣はその体にぴったりと張り付いていて、均整の取れた肉体のラインをありありと見せてつけている。その為、後述の毒の効果もあるが、『フラグメンツ』劇中で彼女を目にした男性がその美しさに心奪われている描写がある。しかし、彼女にとってそれは暗殺の為の道具でしか無い。

なお、その暗殺の特性上、他の「ハサン・サッバーハ」と違って髑髏の仮面の下には彼女本来の顔が現存しており、彼女が『フラグメンツ』劇中で一般人に変装した時の顔も彼女本来のもの。ちなみに、この際は髑髏の仮面を外して白いワンピースを身に纏い、故郷の言葉で”影”を意味する「ジール」と言う偽名を使っている。

己の肉体及び後述の毒の特性故に他者と触れ合えない為、生前から孤独感に苛まれていた。その為、聖杯戦争に掛ける願いは「自分に触れても死なず、微笑みを浮かべてくれる誰かとの出会い」。召喚者である仁賀と口付けを交わして殺してしまったのも殺意があったわけではなく、「今度こそは死なない人に出会えたかもしれない」という思いによるもの。

また、”暗殺対象に取り入る為に標的と友人や恋人関係になった後でその関係ごと相手を殺す”、と言う事を少なからず繰り返して来た為、上記の願いに加え「人間らしく誰かを愛し愛されたい」と言うもう1つの願いを心の奥底に秘めているが、本人は当初この願いに気付いていなかった。
更に、このような事情からその手のタガがおかしくなっているらしく、気に入った相手に対してとことん恋愛感情を向けてしまう。早い話が、毒を喰らっても死なない人がいると一目惚れしてしまい、更に助けてもらうなどの恩があるとバグる。しかもいつものテンションからさして変わらずに。"ハサン"の名を継いだとは言え、元をただせばまだ若い少女であった彼女にとって、この肉体と戦い方はあまりにも心的な負荷が大きすぎたのだろう。この暴走気味の恋心もその反動か。

上記の経緯から、”あの御方”の手で殺されたことのみが「ハサン・サッバーハ」として胸を張れることである、と語る等、暗殺者としてはともかく暗殺教団の党首としての自己評価は結構低い。

Grand Order』でのセリフやマテリアルから察するに、感性そのものは極々普通の年頃の乙女のようである。ついでに本来は引っ込み思案でもあるようで、心の内はあまりはっきり口にはせず、マスターと仮面を取って顔を突き合わせることを恥ずかしそうにする。
だが“山の翁”の頭目としてそうした自己を強く抑制してもいるようで、仕事となれば冷淡に、虚無的に目標を屠り去ってきた模様。上述にある通り、普通の乙女心を秘めた彼女にこうした使命の繰り返しは、彼女自身に精神的な摩耗と破綻をもたらし、彼女自身が壊れていく原因となった。

『Grand Order』でも聖杯にかける願いはハッキリとはしないが、誰とも触れ合えない毒の体に関係しているらしい。
彼女の心理と前の文脈から推測すると、「触れただけで他者を殺してしまう毒の体の毒性を消して欲しい、或いは毒性を制御可能にしてほしい」等と思われる。
彼女の毒を喰らっても死なない人、或いは死ななそうな人は例え型月作品全体に範囲を広げてもそんなにいるわけではなく、またその大半も何らかの人外の異能が働いているため、逆転の発想で自分の体の方をどうにかしようという考えに変わったのかもしれない。

真名

暗殺教団の教主「山の翁」を務めた歴代のハサン・サッバーハの1人であり、生前には「静謐のハサン」の異名を有した毒殺の名手。

紀元前のインドをはじめ世界各地の各時代で語られた伝説の『毒の娘』を、暗殺教団は現実に於ける暗殺の道具、兵器として作り上げていた。それこそが彼女である。
美しき娘の外見は、あくまで仮初め。その肉体はありとあらゆる毒に耐え、同時に毒の塊でもある。
自らの爪はおろか肌や体液さえをも猛毒として、王や貴族、将軍の命を閨(ねや)で音もなく奪い去る───。

恋人や婚約者といった関係を暗殺対象者と結ぶ事も多かった。
つまり、成就しない「擬似的な幸せ」を自らの手で構築しながら自らの手で奪う、という行為を繰り返し続けたのである。徐々に、彼女の精神は軋んでいった。

最期は、手さえ触らせない彼女の振るまいを怪しんだ某軍の将軍に首を撥ねられたとも、
暗殺者という正体を自ら明かして「殺してください」と将軍にせがんだとも───。
あるいは、将軍がふと目を離した隙に何者かの手で斬殺されていた、とも。

ちなみに、彼女の最期については『フラグメンツ』本編での彼女自身の回想で真実が語られており、上記の"心を寄せた某国の将軍"に対して自分が暗殺者である事を明かそうとした事で、将軍が彼女から目を離した隙に"あの御方"に粛清された、というもの。

能力

暗殺者としての「気配遮断」と変装術、そして短刀が主な武器。
しかし、最大の武器は宝具と化しているその体そのものを用いた毒殺であり(後述)、意図的なまでに女性らしさに満ち溢れた肢体も、その武器を活かす為の道具。
なお、戦闘に長けたサーヴァントとの正面対決は苦手。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
なし(仁賀征爾DDA+CAC


保有スキル

気配遮断(A+)自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
単独行動(A)マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
投擲(短刀)(B)短刀を弾丸として放つ能力。
変化()文字通り変身する能力。
対毒()毒に対する耐性。ランクは不明だが、自身そのものが毒なので、かなりの高ランクと思われる。
変化(潜入特化)(C)『~/Grand Order』から追加。先の「変化(ランク不詳)」からの派生と思われる。敵方の懐に飛び込み暗殺を為してきた刺客としてのスキルか。単純な変身ではなく、敵対者の目を欺くことに特化していると思われる。
静寂の舞踏(B)『~/Grand Order』から追加。詳細不詳。彼女の暗殺手段から察するに、自分の発した汗を気化させたり、もしく自身の体臭そのものを神経毒として放出し、相手の肉体を弱らせるスキルと考えられる。


宝具

妄想毒身(ザバーニーヤ)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:???
  • 最大補足:???

熱く、熱く、蕩けるように。あなたの体と心を焼き尽くす。

猛毒の塊と言える肉体そのものが彼女の宝具。爪・肌・体液・吐息にすら猛毒が含まれている。
また、直接の接触が無い場合でも汗を揮発させ吸収させることで、相手の肉体・精神機能を緩慢に失わせる事が出来る。

その毒性は強靭な幻想種ですら殺しうる程で、特に粘膜の毒は強力。人間魔術師であればどれほどの護符魔術があろうと接吻だけで死亡し、英霊であっても二度も接吻を受ければ同じ末路になる。
しかも、犠牲者の体にまで残留し、遺体に触れた者にも被害を及ぼす凶悪なもの。

なお、この全身の毒は彼女の意志で制御することが不可能で、触れた者に無差別に作用してしまう。彼女が自分に触れても死なない相手を求めるのはこれが原因。

更に『フラグメンツ』劇中では愛歌によって毒に改良が加えられ、魔術回路の存在を感知すると変質して相手の回路を組み替えると言う性質が追加され、前述のキスをしなくても遠隔で防毒対策をしている魔術師を葬る事が出来る、より凶悪なものとなった。ライダーのマスターの一族(伊勢三一族)の工房を襲撃した際も、踊る事で浮かび上がった汗を空調機等に送り工房内に行き渡らせると言う方法を取り、伊勢三一族を虐殺した。

実は、生前はこれほど強力ではなく、彼女が英霊となったことで昇華された結果である。生前の使い方は、標的の前で踊って相手に揮発させた汗(に含まれた毒)を吸わせ、肉体の自由を幾らか奪い、思考を性の方向に向けさせて自分を襲わせて仕留める、と言う方法。

関連人物

蒼銀のフラグメンツ

仁賀征爾
己を呼び出した召喚者。男性魔術師。
アサシンの美しさに魅了されてしまい、彼女の求めるままにキスを交わした結果、彼女の毒で死亡した。

沙条愛歌
はぐれサーヴァントとなっていた己を救い上げた存在。セイバーのマスター。
猛毒を纏う己の体に触れても痛みどころか何も感じない、彼女の人間を超越した能力と美しさに心奪われ、絶対的な忠誠を誓う。
ちなみに、愛歌はアサシンと正式な契約を交わしておらず彼女に魔力供給を行っていない為、彼女は所謂"魂喰い"で現界の為の魔力を補給していた。

キャスター
愛歌に従う者同士だが、その仲は険悪。理由は彼がアサシンを「自分に触れても死なない相手なら誰にでも従う輩」「愛歌様の僕にはふさわしくない」と評して辛辣な言葉を投げかける為。
彼女に「触れても死なない相手」として後述の”悪趣味なプレゼント”を送った張本人だが、最終的にはその真意を踏まえて、彼に一応の感謝の意を伝えた。

來野巽
敵対するマスターの1人。バーサーカーのマスター。
バーサーカーが彼から離れている隙に、一般人の少女の姿で彼に接近、自分を敵と理解しながらも自分を殺すことを躊躇い、救おうとした彼の優しさに付け込む形で毒の口付けを贈り、殺害した。
彼の死後も「変わった相手」と心の何処かで彼の事を思い続け、キャスターから彼の死体を改造したリビングデッド(動く屍)を贈られるが……。

沙条綾香
愛歌の実の妹。無垢な子どもである彼女には好印象を抱いている。
一度沙条邸で彼女と会合した際には、彼女を気遣い彼女の差し伸べた手を拒んだ。

セイバー
愛歌のサーヴァントであり、愛歌が恋する存在。愛歌から彼に関するノロケ話を聞かされている。彼に嫉妬はしまいと己を律してはいたが、完全には割り切れなかった様子。
最終的には愛歌を止める覚悟を決めた彼の手で討たれた。

アーチャー
敵対するサーヴァントの1人。スキル「頑健」のため「触れても死なない相手」に該当する相手であり、彼女の抱える闇を指摘した相手であるが、既に愛歌と出会った後だった為、彼の言葉を敢えて振り切った。
ちなみに、『Grand Order』における彼の幕間の物語では主人公の回想シーンで登場し、主人公に「英雄アーラシュ」の伝承を語った。

Grand Order

百の貌のハサン呪腕のハサン
同じ「山の翁」の襲名者。彼らやカルデアのマスター達と共に危機に立ち向かう。
マイルームでハサンからハサンに対して専用台詞があるのは今現在は静謐から呪腕へのみ。

キングハサン
偉大なる「山の翁」の祖。初代ハサン・サッバーハ。
戦闘能力を向上させた上で精神支配を受けた事でカルデア一行への試練の道具に使われてしまったが、主人公達の奮闘によって難を逃れた。
また、生前の己に引導を渡した相手でもある。
マイルームでは「その毒の体で結局何が護れたというのだ」と怒られている。
キングハサン、マスターが護られているんですが…

アグラヴェイン
当初は彼に捕まり、拷問を受けていた。
消滅の危機を迎えていた所をカルデアのマスターらに助けだされた。

FGO主人公
アグラヴェインの拷問を受け、消滅の危機に瀕していたところを助けだされる。
命の恩人かつ自身に触れても死なない特殊な力を持つため、恋慕に似た感情を抱いている。
なお、性別は問わない

各作品での活躍

蒼銀のフラグメンツ

前述の通り、召喚直後にマスターである仁賀征爾を殺してしまい、はぐれサーヴァントとなった。その後も願いを捨てられず、消滅を免れる為に街中で出会った一般人を殺して生命力を奪っていた(3日間で5人)ところを沙条愛歌に拾われる。
以後は彼女の手足として活動し、キャスターの神殿の調査・バーサーカーのマスターの暗殺・ライダーのマスター及びその一族の抹殺等、重要な各場面で活躍した。
そして、バーサーカーのマスターである來野巽との出会いが、彼女の運命と心境に大きな変化を与えることに。

Fate/GrandOrder

メインシナリオ第六章「神聖円卓領域キャメロット」の実装と共に参戦。レアリティは☆3。
ちなみに、このシナリオには登場済みのハサン(百貌のハサン呪腕のハサン)も登場している。

ゲーム中の性能

ランクは☆3(R)で同僚から続く使いやすいアサシンの1人。
同格のアサシンの中では、ヘンリー・ジキル/ハイドに準じる耐久型のHP/ATKのバランスをしている。
HPこそ9,000を超えるものの、ATKは6,000代後半とやや鈍い。
《Quick:2/Arts:2/Buster:1》とアーチャー&ライダー型のカードバランスで、同格の百の貌のハサンと同じで、HP/ATKもほぼ互角。
Quickでのスター生産がそこそこ強くスキルで強化可能な一方、QuickでのNP獲得量自体は低め。

スキルは、敵のチャージを低下させてCT発生もDOWNさせる「変化(潜入特化)(C)」、スター発生率UPの「短刀(投擲)(C)」、自身の即死成功率・弱体化成功率のUPを起こす「静寂の舞踏(B)」。
百の貌と比べるとデバフ特化で、味方への支援はあくまでスターの量産に留まっている。

宝具は「妄想毒身」。種別はArts。
効果は【敵単体に毒状態を付与(5ターン)&確率でスキル封印状態を付与(1ターン)&確率で宝具封印状態を付与(1ターン)&確率で即死させる&超強力な攻撃】。
確率ながら複数種のデバフを相手に与えることが可能。事前に「静寂の舞踏」を使用すれば、宝具の効果を更に有効に発揮させてやれる。
毒付与のおかげでロビンフッドの宝具との噛み合わせも良く、上手く宝具チェインで連鎖すれば、ロビンの宝具をトップギアの状態でぶつけることが出来る。

弱点は攻撃性の弱さ。
百の貌が自己バフで攻撃・防御を底上げできるのに対し、あくまで静謐は敵をデバフで引っ掻きまわすことが専門なので、守りや弱体耐性の堅い相手には不利が付いてしまう。
特に敵サーヴァントには即死効果はまず通らないので何らかのサポートがないと真価を発揮できないまま押し切られてしまう。

余談だが、宝具演出は「気配を消して相手に近づいてキスする」という大胆なもの。
しかもわざわざ座標計算処理まで使用してちゃんと相手と唇を重ねるという気合の入れようである。
さすがに人外エネミーには上手く入らないが、サーヴァントをはじめ、等身大の人型エネミーならほぼ確実に口づけする状態になる。
ついでにライダーには女性サーヴァントが多いので、わざわざキマシタワーの建設に勤しむ輩もいるとかいないとか……。

余談

アサシンはいくつかの候補の中から奈須きのこ氏が選んだというが、「静謐のハサン」以外には爆殺タイプのアサシンだった「輝く星のハサン」なる候補もいたとか。作者曰く「出オチで終わっちゃいますから本当、静謐のハサンになってよかったと思います(笑)」とのこと。

容姿は、百の貌のハサンの人格のうちの1つで没になったちびアサシンが成長したような姿になっている。

pixivにおける作品投稿数は「静謐のハサン」名義の方が多い。

関連画像

Welcome to the world of...
静謐のハサン


静謐のハサン
静謐のハサン



静謐ちゃん


童貞を殺すアサシン。

関連タグ

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ Fate/GrandOrder アサシン(Fate) サーヴァント
暗殺者  美少女 褐色

pixivに投稿された作品 pixivで「アサシン(フラグメンツ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4268239

コメント