ピクシブ百科事典

シェヘラザード(Fate)

しぇへらざーど

『Fate/Grand Order』に登場する、とあるサーヴァントの真名。
目次[非表示]

※この記事は重要なネタバレ要素を含みます、ご注意ください!!
また、ネタバレとなりますので当記事をタグ付けするのはお控えください




























……そうですか。
喚ばれて、しまいましたか……ふぅ……(溜め息)。
適材適所、はご存じの筈。
戦場よりは、あなたのお部屋で──。

プロフィール

真名シェヘラザード
性別女性
身長168cm
体重58kg
時代古代
出典千夜一夜物語
地域ペルシア
属性秩序・中庸
好きなもの安心と安全
苦手なもの死んでしまうこと
ILLUSTなまにくATK
CV井上喜久子

『彼女自身の物語』の全てを真に知る者は、彼女以外にはいない。

不夜城のキャスター



人物

入れ子構造の説話集である『千夜一夜物語』。
その最外枠の物語において語り手の役割を果たすのがシェヘラザードである。
ここにいる『彼女』が物語の登場人物であるのか、
それともそのモデルとなった実在の人物であるかは―――定かではない。

表の記事にもあるように、極めて臆病で何よりも『死ぬこと』を恐れている性格。
アガルタでの特異点後にカルデアに召喚されてからも、この死への臆病さは相変わらずで、
 常に手を挙げて横断歩道を渡り、
 喉に詰まらせないように毎回お餅を細かく刻んで食べ、
 ふぐ刺しが出るたびに厨房に行って料理人のふぐ調理師免許をじーっと確認する
等といった、「石橋を叩いて渡る」どころか「石橋を鉄骨補強してから渡る」を常に実践している模様。

真名

千夜一夜物語』の登場人物であり、その語り手であるシェヘラザード
ササーン朝ペルシアの王シャフリヤールに夜ごと幾多の物語を語り聞かせる。

シャフリヤール王は処女と結婚しては一晩で殺すという事を繰り返していた。
大臣の娘であったシェヘラザードはその悪行を止めるために自ら王と結婚する。
シェヘラザードは王と一夜を共にした後、
呼び寄せていた妹ドニアザードが話をせがんでくるよう計画していた。
王はシェヘラザードがドニアザードに語った話を気に入り、続きを求めるが、
夜が明けてしまった。

シェヘラザードは
「明日のお話はもっと心躍りましょう」と告げる。
このため王はシェヘラザードの物語の続きを聞くために彼女を生かし続け、そして―――

……現在まで読まれている千近くの物語は、その大部分が後世の訳者たちの手によって付け加えられたものである。一説には、核となった最初期の説話数は二百数十話程度しかなく、結末も存在していなかったとされる。


能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EEECEXEX


スキル

陣地作成(A++)クラススキル。魔術師として自らに有利な陣地を作り上げる。このランクでは恐らく『大神殿』を超える陣地を作成可能。
語り手(EX)物語や伝説をいかに上手に口で語れるかを示すスキル。書物に物語を書き記すような技術とはまったく別の、聞き手の気分や精神状態も加味して適切な語り口を選ぶ、即興性に特化した物語伝達能力。おそらく落語家の英霊も持っている。ゲーム中では自身のアーツ性能を向上させ、敵単体のチャージを1減少させる効果。
生存の閨(A+)詳細不明。ゲーム中では敵全体の男性に魅了を確率で付与し、自身の防御力をアップさせる。
対英雄(A)→対英雄(譚)(EX)彼女のこのスキルは「対王」に限定されている。それゆえにAランクを得ている。彼女の場合、特に「王と名がつく存在に対する生存力」を示すものとなっており、王の機嫌、性格、能力、主義、体調などを把握し、あらゆる手練手管を用いることで、どれだけ気紛れな王相手であっても、少なくとも殺されることはないように立ち回る事が出来る。英雄を相手にした際、そのパラメーターをダウンさせる。ゲーム中では自身にガッツを付与し、「王」特性の敵単体の攻撃力をダウンさせる。2018年5月9日に追加された幕間の物語のクリア報酬でスキル名が対英雄(譚)となりランクもEXにアップ。ガッツの付与がパーティ全体に広がった。


宝具

千夜一夜物語(アルフ・ライラ・ワ・ライラ)

不夜城のキャスター


‐ランク:EX
‐種別:対王宝具

求めたのは次の夜。そしてまた……次の夜。これは私の言の葉が紡いだ、終わりなき願いの物語。
千夜一夜物語(アルフ・ライラ・ワ・ライラ)』──今宵は、ここまで。……ふふ」

由来から、王属性特攻を持つ。
厳密にはそうでなくとも、類する存在であれば、彼女の中では「王」と見做されている場合がある。

これは「彼女の語る物語」という固有結界である。
世界が信じるほどの圧倒的な存在感・現実感で語る事により、その「物語」を具現化させる。
千夜一夜物語内の登場人物や、道具や、精霊などを召喚する形となる。
本来の歴史的には正当な千夜一夜物語には存在せず、後世の創作・吸収されたとされるアラジンアリババなどのエピソードも、英霊としての彼女の生存には有用なので使用できる。重要なのは正しさではない。王が面白がるかどうかだ。
物語(宝具)の最後は当然、こう締めくくられる。

「―――という、お話だったのです」


一巻の巻物を懐より取り出し、それを広げて真名を解放することで結界が展開される。
展開されるのは黄昏の熱砂の世界。
聳え立つ王宮、天を衝く大怪鳥、舞うは精霊、踊るは盗賊、現るは術師、燃え盛るは魔神――
目くるめく物語の末に、やがては世界は閉じられる。
……結界に引き込まれた相手さえ、物語の人物として巻き込んで


FGOでの性能、関連イラスト

不夜城のキャスターの記事を参照。

関連人物

Grand Order

イースのライダー
同ストーリーでのNPCサーヴァント。
シェヘラザードはイースに将来が無いと確信した時点で離反する。2018年5月9日に追加された幕間の物語で、イースのライダーという役柄を被された本人に後ろめたさがあると判明。

不夜城のアサシン
同時期実装のサーヴァント。
ストーリーでは主人公に出会うまでは彼女の下に軍師として身を寄せていた。
シェヘラザードの苦手な暴君タイプの人間だが、扱いは悪くはなかったようだ。

レジスタンスのライダー
同時期実装のサーヴァント。
イース、不夜城が陥落し、行き場が無くなったことでシェヘラザードは寝返る。

???
シェヘラザードの「死にたくない」という願いに呼応し手を貸した黒幕。
彼女を利用し、再びの人理破壊を成そうと企むのだが…?

アーラシュ
所持しているとマイルームにて言及が有る。
同郷の大英雄。アーラシュ・カマンガー。
彼の物語も彼女はよく知っているようだ。

ニトクリス
2017水着イベントにて共演。
イシュタル主催のレースの参加申請〆切りギリギリまでパートナーが見つからなかったニトクリスに捕まえられ、「優勝賞品の聖杯を材料に持ってるだけで死を回避できる護符を作る」という約束をエサに、チーム名「デザート・ビューティ」としてなし崩し的にレースに参加させられる事に。
だが実際に始まると、レースへの焦りから短絡思考に陥りがちでそそっかしいニトクリスを冷静沈着な分析で窘め、逆に慎重になり過ぎる彼女をニトクリスがノリと勢いで引っ張ってみせるなど、相性は抜群。
他にも、作業疲れで気が滅入ったニトクリスのおねだりに応え、物語を語り聞かせてみせるなど、かなり打ち解け合っていた。
最終的には立派な相棒として認められ、相棒のキャスターとしてニトクリスの傍らに立つようになった。

静謐のハサン
ある理由もあってか、自身に言い寄ってくるフェルグス・マック・ロイについて、ハサンはシェヘラザードに相談をしに行くらしい。

ケモミミ女王
節分イベントにて競演。
ケモミミ女王がシェヘラザードの語り部の才能にビジネスチャンスを見出しスカウトするが…。その後も何かにつけて商売を持ちかけられている。

生前

シャフリヤール王
彼女が生前に仕えた王。
王は妻の不貞から極度の人間不信に陥ってしまい、処女と結婚しては一晩で殺すという事を繰り返していた。
シェヘラザードはその悪行を止めるために自ら王と結婚し、凶行を止めさせることに成功する。
最終的にはシェヘラザードは王との子を身籠り、正室に迎えられる。
その後は妻子ともども幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

---という話が一般的なのだが…?


関連タグ

Fate/GrandOrder キャスター(Fate) サーヴァント
ペルシア 千夜一夜物語 女性 暗躍 タナトフォビア



現在読まれている『千夜一夜物語』の結末の中には、
「最終的にシェヘラザードは三人の子をもうけ、王は寛容を身につけたのであった」という形で締められているものがある。

前述の通り、これは元々の話にはなかった結末、
ここにいる『彼女』が体験したものではない可能性が高い。
なのにこれが今、まことしやかに語られているということは―――



幻想の都市を砕く虹の中、在ったものと同じく。

誰かが、願ったのだろう。

彼女以外の誰かが―――彼女自身の、救いのかたちを。

pixivに投稿された作品 pixivで「シェヘラザード(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141487

コメント