ピクシブ百科事典

不夜城のキャスター

ふやじょうのきゃすたー

不夜城のキャスターとは、『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

私を殺さないでください。願うのは、それだけです。

プロフィール

真名???
クラスキャスター
身長168cm
体重58kg
出典???
地域???
属性秩序・中庸
好きなもの安心と安全
苦手なもの死んでしまうこと
ILLUSTなまにくATK
CV井上喜久子


概要

Fate/GrandOrder』に登場するキャスターサーヴァント。 レアリティは☆5。
メインシナリオでは、1.5部「伝承地底世界アガルタ」にてとある陣営の軍師として登場する。

人物

ランプ巻物を携え、口元をフェイスベールで隠した女性のサーヴァント。
その豊満な肉体を惜しげもなく誇示するかのような衣装に目がいきがちだが、性格は極めて臆病で何よりも『死ぬこと』を恐れている。そのためか、マスターへの態度もどこかよそよそしい。
そういった性格なので、死んでしまう要因が限りなく多い『戦争』という状況には極めて不向きと本人の口からも語られている。
上記の性格および後述する真名から、何故攻撃宝具を持ってきたんだと、多くのプレイヤーから突っ込まれる。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EDECEXEX

元々戦う英霊ではないので魔力を除く戦闘関係のステータスは軒並みEランク。
だが、戦場ではないとはいえ、いつ殺されてもおかしくない立場にいながら持ち前の才能もあって生き延びて見せたことからその幸運と、彼女の技術が昇華された宝具は評価規格外(EX)となっている。

保有スキル

スキル

陣地作成(A++)クラススキル。魔術師として自らに有利な陣地を作り上げる。このランクでは恐らく『大神殿』を超える陣地を作成可能。
語り手(EX)物語や伝説をいかに上手に口で語れるかを示すスキル。書物に物語を書き記すような技術とはまったく別の、聞き手の気分や精神状態も加味して適切な語り口を選ぶ、即興性に特化した物語伝達能力。おそらく落語家のような英霊も持っている。ゲーム中では自身のアーツ性能を向上させ、敵単体のチャージを1減少させる効果。
生存の閨(A+)詳細不明。ゲーム中では敵全体の男性に魅了を確率で付与し、自身の防御力をアップさせる。
対英雄(A))彼女のこのスキルは「対王」に限定されている。それゆえにAランクを得ている。彼女の場合、特に「王と名がつく存在に対する生存力」を示すものとなっており、王の機嫌、性格、能力、主義、体調などを把握し、あらゆる手練手管を用いることで、どれだけ気紛れな王相手であっても、少なくとも殺されることはないように立ち回る事が出来る。英雄を相手にした際、そのパラメーターをダウンさせる。ゲーム中では自身にガッツを付与し、「王」特性の敵単体の攻撃力をダウンさせる。


宝具

???(???)

ランク:EX
種別:対王宝具
レンジ:
最大捕捉:
由来:

それほどまでにおっしゃるのならば、仕方ありません。ほんの一部ですが……お見せしましょう。
宝具断片展開──今宵は、ここまで。……ふふ。

詳細不明。FGOでのゲーム上の効果は自身の宝具威力をアップ(1ターン)&敵全体に強力な〔王〕特攻攻撃【オーバーチャージで特攻威力アップ】

自身の内に内包される「幾千もの??を更に組み合わせて構成された数多の??」、そのうちの欠片を幾つか具現化する。
数多の??のうちいくつかの断片でしかなく、それら全てを完全展開したときに何が起こるのかは想像困難。

ゲーム中での性能

2016年の最後の登場から半年以上間を置いて追加された星5の恒常サーヴァントで、HP偏重型のキャスター。その多さは実装時点で実装済みの全サーヴァント中2位に食い込むほど高い。
反面ATKは悲しいまでに低く、今まで最下位だったジャンヌ・ダルクを抜いてワーストとなっている。また、キャスタークラスの補正で攻撃力は更に下がるので、実数値は更に低くなる。
スキルは自身の生存力に特化したものが多く、HPの多さも相まってかなりしぶとい。
また、対『王』対しての宝具特攻、攻撃力ダウンスキルをもっており、特攻、攻撃力ダウンの倍率はかなり高い。
カード構成はArts3枚+Arts宝具という典型的なキャスター型で、高ランクの陣地作成もあってArts性能は優秀。更に通常攻撃、宝具共にヒット数が多い。 そのため、モーツァルト術ギルカエサルなどのバフスキルを重ねれば多くののNPやクリティカルスターを獲得できる。宝具+アーツ+アーツのブレイブチェインでクリティカルが出ればそれだけで100以上のNPを貯め、次のターンに再び宝具を打つことも可能である。

運用方法としては、基本は「デバフを撒きつつAチェイン等で溜めた宝具で時々火力支援もするサブアタッカー」のようなポジションになり、キャスターの代表格である孔明マーリンと異なり、火力面では自分はサポートを積極的にせず、逆に他のサーヴァントから支援を受けて攻撃する運用になっている。

弱点は低いATKに加えて対王と持続特化という、今までのどのサーヴァントとも異なる異質過ぎる性能。
対『王』に特化したスキルと宝具をもっているが、宝具は全体攻撃なのでヒット数が稼げる反面、王属性の敵が複数いるような場面でなければ威力を発揮できない。また、王属性を持つ敵やサーヴァントが中途半端であり、有利となるアサシンクラスで王属性があるのは2017年7月時点で4体しかいないため、今後の増加が待たれる。ちなみに、キングハサンに王属性は無い。

総評すると非常に扱いが難しく、別に他のキャスターを代わりに入れてもいい、むしろそっちの方が運用用途がはっきりしているため扱いやすいという状況が多く、重用するには運用するクエストの見極めが要求される…のだが、言葉を濁さずに言えば、現在不夜城のキャスターの能力を最大限に活かせるクエストが存在しない上、星5ワーストのATKが祟って他の星4キャスターと実質ATKが殆ど変わらない為、他の全体高レアキャスターを差し置いて編成する利点が無い…と言うのが実情である。

下記のappbankの記事も参考にしていただきたい。
【FGO攻略】不夜城のキャスター性能評価。王相手なら単体宝具レベルのダメージが出せる語り手

余談

褐色肌で衣装の紐が体に食い込んでいるため、その見た目から一部ユーザーにはハムと呼ばれている。霊基再臨で布地が少なくなると、その様子がより顕著になる。
(ただし、この呼称は蔑称としての意味合いが強いので、使用する場合はTPOを弁えた方がいいだろう)
他には「不夜キャス」「不夜術」といったアダ名が使われている。

初めてその姿を現したのは第1.5部「Epic of Remnant」のPV(YouTubeのTYPE-MOON MOVIE公式チャンネルで閲覧可能)。その後も第1.5部のメインビジュアルの一角を担っている。
後に2017年5月上旬に行われたマチ★アソビにて「不夜城のキャスター」と言う名前とカードイラストが公開された。

不夜城のキャスター17才です


中の人が中の人なだけに「17歳のキャスター」などというアダ名も(ついでに言うと、中の人は、伝承地底世界アガルタのCMナレーションも担当している)。

関連イラスト

アガルタの女
不夜城の永恆物語


不夜城のキャスター
不夜城のキャスター



関連項目

Fate/GrandOrder キャスター(Fate) サーヴァント
Epic of Remnant 伝承地底世界アガルタ 
褐色肌 妖艶 巻物 ランプ フェイスベール

pixivに投稿された作品 pixivで「不夜城のキャスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3121337

コメント