ピクシブ百科事典

巻物

まきもの

巻物とは、書物の形態の一つ。
目次[非表示]

概要

書物の形態。
(もしくは類似の筆記媒体。羊皮紙パピルスなど)を複数用意する。
・用意した紙を1枚ずつなどで接合して、長い一続きの状態にして、片方になどでできた軸を取り付ける。
・軸が中心になるように丸めてまとめる。
という具合に作り、外側に出た部分を書写面の始まりにする。
竹簡の薄板)や木簡(木の薄板)を紐で似たようにまとめたものも、巻物に含む。

最初から読むのにはともかく、途中から読んだり、必要な情報が載っている部分を探したりするのには非常に不便なため、に取って代わられていったが、を描いた絵巻物掛け軸、日用に用いないもの(奥義書など)にはその後も用いられた。

現在、一般的な書物が巻物として発刊されることはまずないが、続き物の本を1巻、2巻、3巻・・・と数えたり、物語の題名に「~の巻」と付けられたりなど、書物に関する事柄に、巻物時代の名残りが残っている。

なお、創作世界ではなぜか巻物が忍者の扱う小道具として定着しており、巻物に忍術が書かれていたり、忍術を使うときに口に咥えたりといった形で登場することが多い。

また、海苔で巻いて作る巻き寿司も「巻物」と呼ぶ。

関連イラスト

★実際ネンゴウ★ 例大祭10頒布物その1 ●ニンジャナンデ●
伍番勝負「鳥獣戯画」


ていっ
ピクシブたん




巻物と忍者

庶民の食べ物=16


別の「巻物」。

関連タグ

書物  掛け軸 竹簡 木簡
忍者
寿司 巻き寿司

pixivに投稿された作品 pixivで「巻物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125283

コメント