ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

最後だから口を滑らせてしまうけど―――

憧れていたのは、私たちの方だったのよ?


プロフィール編集

真名エウリュアレ
クラスアーチャー
性別女性
身長134cm
体重30kg?
出典ギリシャ神話
地域欧州
属性混沌・善・天
好きなもの
嫌いなもの五月蝿い人、乱暴な人
設定担当桜井光奈須きのこ
ILLUST武内崇(HA)、AKIRA(FGO)
CV浅川悠

体重はからの申告によるもの。


概要編集

Fate/Grand Order』に登場するアーチャークラスサーヴァント。レアリティは☆3。

初登場は『Fate/hollow ataraxia』におけるライダーの回想、「ゴルゴンの蔵」にて。

戦う力を持たない「庇護される存在」としての女神なため、聖杯戦争参戦は難しいと言われていたが、『FGO』にてサーヴァント化した。クラスがアーチャーである理由は「遠く飛ぶ女」から。


メインシナリオでは、第1部3章『封鎖終局四海オケアノス』にて物語のキーパーソンを務める。


真名編集

ギリシャ神話におけるゴルゴン三姉妹の次女、エウリュアレ

男の憧れの具現、完成した「偶像(アイドル)」「理想の女性」として生まれ落ちた女神。

無垢と純粋を形にしたかの如き、麗しの少女。姉にステンノ、妹にメドゥーサを持つ。


古代ギリシャに於ける神々の一柱であり、本来サーヴァントとしては召喚され得ない。

また、永遠に美しい代わりにこの世で最も弱いもの……としての女神であるはずが、サーヴァント化に伴い幾らか頑丈になっている。


人物編集

一人称は「私(わたし)」

見た目は男の理想を具現化したような美少女だが、実態は極度の気分屋。黙っていれば怒られない、バレなきゃイカサマにならない、という精神の持ち主であるが、後で自己嫌悪もする。

姉に比べると、性格が少々ツンデレとも言われる。


能力編集

「完成した女神」であり、純粋なる不老不死の存在。

ステンノ、エウリュアレの「神核」は「偶像(アイドル)としての男の憧れの具現」であり、永遠ではあるがか弱い存在。容易く傷つき、一人では飢えて死ぬ、「誰かに守られなければ生きられない少女」。「可憐である」ことに特化した、純白系ゴスロリアイドルデュオ。


しかし、彼女とステンノは、サーヴァント化に伴い幾らか頑丈になっている。

本来英霊をサーヴァントとして召喚する場合、知名度のない地域ではステータスが弱体化する、マスターの魔力供給が不十分ならば弱体化する、等の枷を持っている上、クラスに当てはめて生前の側面の一部だけを抜き出した存在であるならば尚の事、生前の強さの一部しか発揮できない。

要するに生前より強くなる事はあり得ず、弱体化するのが当たり前であり、それが神霊であるならばさらに「神霊そのままを召喚する事は不可能なので何らかの手段で格を落とす必要がある」と言う枷まで加わる(例:イシュタル→人間の依り代に憑依して疑似サーヴァント化、オリオン&アルテミス→自ら限界まで神格を落とした上で縁深い別の英霊と複合する、等)。


しかし彼女らに関しては、元が戦闘能力を全く持たない「可憐なだけの少女」であるからか、特に神格を落とした様子もなくそのまま召喚されている。それどころか、サーヴァント化に伴って身体能力が強化され、いくらかの戦闘能力を得ている(少なくとも妖精を苦戦させるほど)。

サーヴァントになったことでそれ以前よりも強くなっている例外である。


モーション中では、愛の弓矢による弓術で戦い、宙に浮いての連射、エネルギーを溜めての速射、上空に矢を撃って虹を描く、2本の矢を螺旋を描きながら撃つ、弓で殴りつける、宝具の限定開放により曲射を放ち、軌跡でハートマークを描きながら射抜くなどしている。


ステータス編集

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EECEXEXC

保有スキル編集

対魔力(A)アーチャーのクラススキル。Aランク以下の魔術を完全に無効化する。事実上、現代の魔術師では、魔術でエウリュアレに傷を付ける事は出来ない。
単独行動(A+)アーチャーのクラススキル。マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。A+ランクでは、マスター不在でも行動が可能。
女神の神核(EX)生まれながらに完成した女神である事を表す『神性』スキルを含む複合スキル。精神と肉体の絶対性を維持する。精神系の干渉を弾き、肉体は成長・変化しない。彼女は女神そのままで召喚されている為、EXランクである。
吸血(C)吸血行為と血を浴びる事による体力吸収&回復。ランクが上がるほど、吸収力が上昇する。吸血種であるに引っ張られたスキルだと思われる。
魅惑の美声(A)人を惹き付ける魅了系スキル。男性に対しては魅了魔術として機能するが、『対魔力』や強固な意志を持っていれば、回避や軽減する事が可能となる。
女神のきまぐれ(A)女神としてあるが故の性質がスキル化したもの。様々な効果を齎すが、有用なものばかりとは限らない。ゲーム内では、有用な効果なのでご安心を。

宝具編集

女神の視線(アイ・オブ・ザ・エウリュアレ)編集

  • ランク:B−→ B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~99
  • 最大捕捉:1人


「ええ……目にモノを言わせてあげる!!」

「貴方のハートに突き刺され〜♡ 『女神の視線(アイ・オブ・ザ・エウリュアレ)』!!」


男を蕩けさせる女神の視線を、心臓へと刺さる呪殺の矢へと昇華させた宝具。射られた男はエウリュアレに魅了され、腑抜けと化してしまう。単純に魅了でなく、そこに攻撃性が加わっているのは、彼女がゴルゴーン姉妹という“石化の魔眼”をもつ怪物として恐怖される側面を持つからか。


詳細は該当記事を参照。


ゲーム上での性能編集

最大HP9506
最大ATK7032
コマンドカードQuick:2/Arts:2/Buster:1
宝具カードArts
スキル1吸血(C) / 敵単体のチャージを中確率で減らす&自身のNP増加(+18~27%)
スキル2魅惑の美声(A) / 敵単体(異性)に魅了状態を付与(1T)
スキル3女神のきまぐれ(A) / 自身のArtsカード性能UP(3T)
宝具敵単体に超強力な〔男性〕特攻攻撃&敵単体〔男性〕に高確率で魅了状態を付与(1T)〈オーバーチャージで確率UP〉&敵単体の攻撃力をダウン(3T)

使い勝手の良さからライバルが多い☆3アーチャーの中では、最も平均的なステータスを持つ。

カードの配分も《Quick:2/Arts:2/Buster:1》と、アーチャーの中では標準的。

クラススキル「対魔力(A)」と「女神の神核(EX)」の恩恵でデバフに強く、「単独行動(A+)」のおかげでクリティカル時のダメージ補正も高めになっている。


宝具効果は「オーバーチャージ補正が〔男性〕特攻でなく、魅了に掛かっている」「宝具レベルを上げると特攻倍率のみが強化される」という特攻付き宝具の中でも珍しいタイプ。

ゆえにダメージを通すだけならNP100%状態でも十分なのだが、宝具レベル5ともなればクラス相性以上の高倍率となり、相性等倍でも十分過ぎる破壊力を叩き出す。


この宝具こそが彼女の真骨頂であり、通常限界のLv70まで育ててフォウくんカードでATKを底上げし、攻撃バフをちょっとマシマシにするだけでも、相性抜きでダメージはザラに20~50万を突破することがある。ヒェ……


ふぁてご #138 (SINちょっとネタバレ)


特に、2016年6月末の『サーヴァント強化クエスト 第3弾』にて第3スキル「女神のきまぐれ(A)」が実装された直後は、期間限定イベント『天魔御伽草子 鬼ヶ島』でレイドボスの大鬼たち相手に猛威を振るい、第1部6章『神聖円卓領域 キャメロット』でもギフトでパワーアップした太陽の騎士や同期のザコ敵のなかでも屈指のしぶとさを誇る粛正騎士などを相手に八面六臂の活躍を見せ、男を射殺す魔性の弓兵として名を馳せるに至った。


これもサーヴァント化の恩恵なのかもしれないが、生前を考えると「幾らか頑丈」になった程度なのが信じられないほどの大躍進と言える。以降のメインシナリオ・期間限定イベントでも手強い男性ボスは少なくないため、聖杯転臨による強化も視野に入る。


弱点は対男性に偏った性能そのものだが、宝具効果に「即死」しか攻撃要素の無いステンノと比較すると、まだ扱いやすい部類ではあり、吸血や宝具のデバフ効果も性別問わず有効なので、相手がセイバーやバーサーカーであれば、女性相手の戦いでもサブアタッカー程度の立ち回りはできる。


同じ〔男性〕特攻持ちアーチャーにはオリオンが存在するが、下記の通りそれ以外は全く異なる性能を持つ。


エウリュアレオリオン
男性特攻宝具のみが持つ。宝具レベルに応じた特攻倍率の伸びが大きく、低レアゆえの入手機会の多さから強化も比較的容易。スキルで自分に特攻を付加する。通常攻撃にも特攻が乗る代わりに、高レアゆえのスキル育成コストの高さと持続時間の短さがネック。
チャージ減少スキルで行う。必ず減少するわけではないが、同時に自身のNPを溜められる。宝具の追加効果。宝具強化後は必ず発動するようになる。
耐久性低レアなのでステータスは低いほうだが、チャージ減少や宝具とスキルによる二重の魅了で敵の攻撃そのものを遅延させるのは得意。宝具によるデバフと確定チャージ減少に加え、自身が防御バフや回避を持ち、ステータスもレア度相応に高いので場持ちは良いほう。
有効な特攻女性特攻、神性特攻男性特攻、ギリシャ神話系男性特攻

なにげにどちらも宝具を含めてArtsを3枚持つので、同じくArts主体のサポーター1人を加えれば、Artsチェインを絡めたNP溜めによる高い宝具回転率で男性エネミーを葬り去る、これまた男にとって厄介なパーティーになる。


また、運営側も彼女の存在を考慮しているようで、第1.5部3章『屍山血河舞台下総国』以降の男性ボスキャラはバトル開始時から解除不可能な「精神異常無効化」を持っているパターンが多い。

こうしたボスには魅了が通じないため、低レアゆえのHPの低さという欠点が浮き彫りになってしまう。特攻による高火力自体は有効なので、先手必勝で倒したり、盾役を起用して攻撃を反らしたりする等、しっかりと戦略を立てて活躍の場を整えたい。


関連人物編集

生前編集

ステンノ

同一存在とも言える姉。いつも共にいて、悪巧みをしている一心同体。

ただし性格以外は髪の細胞ひとつに至るまで同一であるため、外見から見分けるのは不可能。


メドゥーサ

末妹。「駄メドゥーサ」と散々いじめ倒しているが、心の底から愛している。

しかし本人からは苦手意識があり、怪物として具現化した姿でも取り乱すほど。


Fate/Grand Order編集

アステリオス

第1部3章にて共演し、以降もよく行動を共にするミノスの怪物。

召使いの如くこき使われてはいたが、「ほんとうのなまえ」で呼んでくれる彼女のために尽力している。エウリュアレも怪物に成り果てる妹の姿を重ねたためか、彼には特別に気を許していた。


藤丸立香

契約したマスター。

ステンノに比べると、比較的デレを見せる描写が多い。


エドワード・ティーチ

第1部3章における天敵。吐き気を催すロジカル語法のキモいストーカー海賊。

単純に情欲・愛玩の対象としていたように見えたが、存在の本質もしっかり見抜いていた。


関連イラスト編集

退屈・・・[Fate/GO]センシティブな作品

eye of the...エウリュアレ


関連タグ編集

Fate/hollowataraxia Fate/GrandOrder

サーヴァント アーチャー(Fate)

女神 美少女 ツンデレ ゴルゴン 


ゴルゴン(Fate):姉妹タグ

雷光と女神:アステリオスとのコンビ・カップリング

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32283846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました