ピクシブ百科事典

アステリオス(Fate)

あすてりおす

アステリオスとはFateシリーズに登場するサーヴァントである。
目次[非表示]

でも、なまえを、よんでくれた。
みんながわすれた、ぼくの、なまえ・・・・・・!

プロフィール

真名アステリオス
性別男性
身長298cm
体重150kg
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ
属性混沌・悪
ILLUSTしまどりる
設定担当東出祐一郎
CV鳥海浩輔

生まれついての魔獣、反英霊である。

概要

Fate/Grand Order』に登場するバーサーカーサーヴァント。レアリティは☆1。
メインシナリオでは、第三章「封鎖終局四海オケアノス」にて味方のはぐれサーヴァントとして登場。

ギリシャ神話に名高いミノスの怪物。

Fate/Labyrinth』にもヴォルフガング・ファウストゥスのサーヴァントとして登場。

真名

アステリオス――「雷光」という名を与えられたこの怪物(えいゆう)が、その名で呼ばれることはほとんどなかった。広く世界に普及した彼の異名はミノス王の牛を意味するミノタウロスである。

クレタ島を支配する王ミノスの妻であるパシパエが、牡牛との間に産んだ人の体に牛の頭を持つ生まれついての怪物。扱いに困り果てたミノスは高名な工匠ダイダロスに命じて「決して出られぬ迷宮」――即ち、ラビリンスを造らせた。

生まれついての怪物は、生まれついての英雄に倒されるのが筋書きだ。アステリオスはラビリンスに忍び込んだ英雄テセウスによって、討ち果たされた。そう、本質が邪悪ではなかったとしても所業が悪である以上、倒されることが宿命だ。

たとえ――彼が闇ではなく、光を求めていたとしても。
陰鬱な迷宮ではなく、涼やかな自然の風を、豊かな森を求めていたとしても。

人物

見上げるほどの巨躯と、全身に刻まれた傷跡。そして牛の頭蓋より作られた仮面により近寄りがたい印象を受けるが、その素顔と性格は成長途中の少年を思わせる。
狂化のため言語は辿々しいが、かろうじて意思疎通は可能なので、他のバーサーカーよりは遥かに御しやすいだろう。アステリオスをアステリオスとして認識する限り、彼が君を裏切ることはない。

アステリオスがこの特殊な聖杯戦争に召喚されたことは望外の幸運と言っていいだろう。
通常の聖杯戦争であれば、恐らく彼がアステリオスの名で呼ばれることは無い。
クラス名か、それともミノタウロスか、いずれにせよ怪物として振舞う事しかできなかっただろう。
だが、「ほんとうのなまえ」――アステリオスの名で呼んでくれる人がいる限り、彼は人間としてその人を守るために戦うのだ。

「Fate/Labyrinth」に登場した彼は知性らしきものを感じさせない凶暴な化け物として登場。これについての理由は不明。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香A++A++CDEA


保有スキル

怪力(A)一時的に筋力を上昇させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。使用することで筋力をワンランク上昇させる。持続時間は”怪力”のランクによる。
天性の魔(A++)英雄や神が魔獣に堕としたのではなく、怪物として産み落とされたものに備わるスキル。アステリオスは、人の身では絶対に不可能なランクの筋力と耐久力に到達している。
深淵のラブリュス(C)彼が所有する二振りの巨斧。迷宮の象徴であり、ラビリンスの語源である。もともとは両刃の斧であったが、アステリオスはそれをふた振りの斧に組み替えた。
狂化(B)バーサーカーのクラススキル。全パラメーターをワンランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。


宝具

万古不易の迷宮(ケイオス・ラビュリントス)

  • ランク:EX
  • 種別:迷宮宝具
  • レンジ:0
  • 最大補足:14人


アステリオスが封じ込められていた迷宮の具現化。
固有結界に近い大魔術であり、世界の下側に創りだされる。
一旦発現してからは、「迷宮」という概念への知名度によって道筋が形成される。
一定範囲内の侵入及び脱出を阻害する結界としての効果も持ち、その結界を解除するにはアステリオス自身が宝具を解除するか、迷宮に潜ってアステリオスを討つしかない。 一度消えても、時間が経過すればまた創りだすことは可能。
ただでさえ迷宮は広大な上に、魔物がウヨウヨしているのでアステリオスの元に辿り着くことすら困難。
しかもアステリオスが死ぬと迷宮が崩壊するというまるでRPGのラストダンジョンみたいな機能が付いているため、一度潜れば生還する事は極めて難しい。

ゲームでの活躍

序盤から入手可能な低ランクのバーサーカー。
同ランクのスパルタクスと比較すると攻撃向きの調整となっている。
カードバランスは《Quick:1/Arts:1/Buster:3》のバーサーカーの典型。
ステータスは一見すると☆1相応で、序盤を過ぎると戦力外になりそうな感じを受ける。実際、『耐久:A++』ながらバーサーカーがほぼすべてのクラスと相克関係にあるため、とにかくしぶといスパルタクスと比肩されると打たれ弱いのは確かである。
……が、アステリオスの真価はその宝具にある

宝具の効果は【敵全体の攻撃力&防御力を6ターン低下】。
バーサーカーとしては初のデバフ系のサポート型宝具の使い手だったりする。
絆クエスト後は強化され、【敵全体の攻撃力&防御力を6ターン低下+攻撃力&防御力を1ターン大幅に低下】の追加効果が発生する。
これに例えばアンデルセンの宝具(味方全体にランダムで攻撃力・防御力UP&3ターンHP回復状態を付加)と掛け合わせると敵からの被ダメージが大幅に減少し、場合によってはダメージ量が回復に押されて結果的に無傷に終わらせることも夢ではない。

保有スキル「怪力(A)」(攻撃力UP)と「天性の魔(A++)」(弱体耐性・防御力UP)も、☆1の恩恵でスキルレベル上昇のための素材が比較的に安く済むため、Lv.MAXが比較手に実現可能な範疇でもある。
NP回収と打たれ弱さを補いつつ、宝具の特性をうまく戦術に組み込めば、☆1ながら奇策で追い詰める戦術型バーサーカーへと化ける可能性を秘めている

低ランクのサーヴァントでのクリアを目指す縛りプレイや魅せプレイではアーラシュと並ぶ切り札的存在で、うまく戦術を組み立てれば宝具乱射で高難易度クエストのボスさえも無力化し、持ち前の攻撃力で押しつぶす万能要塞と化す。

そして第三章での活躍から愛好家の多いサーヴァントでもある。
三章きってのバーサーかわいいマスコットキャラにして、多くのマスターの涙腺にブレイブチェインをぶちかまして退場していった
気になる人はぜひ彼の生き様をプレイで確認し、目に焼きつけて欲しい。

なおクリスマス期間限定イベント「ほぼ週間サンタオルタさん」にて、限定礼装『雷光のトナカイ君』としてクリスマスモードのアステリオスが登場した

2016年7月の『サーヴァント強化クエスト第3段』にて、新スキル「深淵のラブリュス(C)【自身に1ターン、スター集中&Buster性能UP】」を獲得。
スター生産要員をサポートに加えることで、驚異的な爆発力を発揮することが可能になった。
耐久性の低さも、8月6日の1周年記念キャンペーンの最終項目「聖杯転臨」の実装によるレベル上限の引き上げによって、ある程度だが改善できるようになった。ただ「聖杯転臨」はストーリーやイベントで回収しただけの聖杯しか使えないため、各サーヴァントへの愛が試される要素でもあることに留意してほしい。

関連人物

生前

ミノス
養父。異形であったアステリオスを忌み嫌い、「怪物」としての役割を押し付けラビリンスに閉じ込めた。だが、アステリオスは決して養父を恨むことはなかった。
なお、「アステリオス」の名は彼の気まぐれで与えられたものである。

パシパエ
実母。ポセイドンに掛けられた呪いのせいで牡牛と交わってしまい、彼を生み出すことになってしまう。過酷な出産に耐えきれず亡くなってしまい、アステリオスは母親の顔を知ることはなかった。

テセウス
アステリオスを討ち果たしたアテナイの英雄。アステリオスとは正反対の「生まれついての英雄」。
ラビリンスに潜り込み、「ミノタウロス」を死闘の末に討ち果たすが、彼が怪物である役目を負わされたただの人間、「アステリオス」であることを知り、討ったことを後悔する。
彼らの最後の会話は、どの書物にも口伝にも語られない。
だが、テセウスの「祈り」は、遥か遠い未来のオケアノスの海にて果たされることとなる。

Grand Order

エウリュアレ
第三章で行動を共にしたゴルゴン三姉妹の次女。
怪物と呼ばれた自分の「ほんとうのなまえ」を呼んでくれた存在として彼女のために力を尽くそうとする。
カルデアに呼ばれてからは彼女によく遊ばれているのだとか。

関連イラスト

アステリオス
アステリオス


アステリオスくん
かがやきの名もつもの



関連タグ

Fate/GrandOrder Fate/Labyrinth サーヴァント バーサーカー(Fate)
怪物 巨体 化け物 ショタ

雷光と女神:エウリュアレとのカップリングタグ

pixivに投稿された作品 pixivで「アステリオス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6982445

コメント