ピクシブ百科事典

超人オリオン

ちょうじんおりおん

Fate/Grand Orderに登場するアーチャーのサーヴァント。
目次[非表示]

人を超越してはいるが、それはそれとして欲は人間同様でな。えーと、つまり……俺のことを好きな女の子とか、いる?

プロフィール

真名オリオン
クラスアーチャー
身長230cm
体重187kg
出典ギリシャ神話
地域欧州
属性混沌・中庸・地
好きなもの狩り、ナンパ
嫌いな者神サマ (アルテミスは例外)
ILLUSTⅠ-Ⅳ
CV神奈延年

「現界した俺ちょっと童顔すぎない? カッコイイというより可愛いという感じになってない? なってない? 全然大丈夫? そうかー」

概要

Fate/Grand Order』に登場するアーチャーのサーヴァント・オリオン (という名のアルテミス)のマスコット・熊のオリべえ本来の姿で、筋骨隆々の大男。
第二部OPにて、三つ星(トライスター)のベルトを光らせる彼らしきシルエットが写っており、約二年近く存在が示唆されていた。

今までは召喚に割り込んだアルテミスに力を持っていかれた変質召喚だったが、第2部5章前編「神代巨神海洋アトランティス」で満を持して参戦。
霊衣開放ではなく別サーヴァント扱いとして実装され、レアリティは☆5。ストーリー召喚ではなく期間限定召喚なので注意。

ストーリー中や戦闘での名前は普通に「オリオン」となっているが、サーヴァント名義は「超人オリオン」となる。おそらく同クラスかつ同レアリティに完全同名のサーヴァントが二人になってしまうことを防ぐためと思われる。

同話におけるキーパーソンの一人で、窮地に陥った主人公の前に色んな意味で酷い登場を果たす。そしてある目的を果たす為、共に大西洋の激闘をくぐり抜けていく事になる。

真名

放尿するものという意味を持つ名前のオリオンは、海神ポセイドンとエウリュアレ(女神エウリュアレとは別人で、エウロペの孫にあたる人物。アステリオスとは異父兄弟の関係)の間に生まれた子である。
どんな敵でも仕留めてみせる、と豪語した彼はある日女性関係のトラブルで、両目を奪われてしまう。
彼はハンマーの音を頼りに小舟で海へとこぎ出し、知り合った暁の女神エーオースの伝手で視力を回復してもらった。
この時点で既に女神との危険なフラグを立てていることに注目したい。

妹アルテミスがオリオンと恋仲になったことに危機感を抱いた兄にして太陽神アポロンは、
「おまえは弓の名手だが、あのガンダオンという男を射てるかな?」
と、海の中にいたオリオンを射つようにアルテミスを唆した。

アルテミスは愛したオリオンを見事に射貫いてしまい、死体を抱き締めて嘆いたという。死人をも蘇らせるというアスクレピオスに蘇らせて貰おうともしたが、その前に医神はゼウスの雷霆(らいてい)によって死んでしまった。
仕方なく、アルテミスはオリオンを星に昇華した。
冬になると、輝く三つ星(トライスター)が空に見える。それは、オリオンのベルトだという。

人物

前述の通り、マスコット化していた彼の本来の姿。
そもそもアルテミスが熊に関連する権能を保有していたことも関係があったのだろうが、イメージそのままにマスコット化させたらクマになった、という可能性も十分にある。

あちらとは姿形こそ変わっているが、変わっているのは性能と外観程度。
つまり性格は相変わらず軟派でノリの軽い年頃の青年(?)のままで、浮気性も健在
古き良きラブコメの如く、他の女性に手を出そうとしてアルテミスに制裁され、時に思いっきり反撃を受けて泣きを見る。でも最後には元の鞘に収まる。

能力

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
AAB+CAEX


保有スキル

単独行動(EX)アーチャーのクラススキル。マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。EXランクならマスター不在でも行動できるようになるが、宝具等で多大な魔力を必要とする行為にはマスターが不可欠となる。
海神の祝福(B)ポセイドンの子。神性の亜種スキル。海の上を走ることが出来る他、海の中でも永遠に活動することができる。更に自在に雨を呼び起こすこともでき、オリオンは主に「降りしきる雨を、普段陽気な男が泣いているかのように浴びている」というシチュエーションを多用、女性を虜にしようと策した(あまり上手くいかなかった模様)
天蠍の呪い(D)オリオンの数ある死因の一つ。蠍が来ると星座のオリオンは引っ込む、というほど彼は蠍が苦手。
月女神の圧(EX)恋人(?)である女神アルテミスからの寵愛、という名の重圧を受けている。物凄い重圧+バフが掛かっており、自然と肉体が鍛えられてしまう。魔力と幸運を含む全ステータスがランクアップ。特に筋力は二段階ブーストが掛けられる
獣性の豪腕(B+)獅子を絞め殺したという豪腕。その単純な暴力の前では、魔性や魔獣たちも怯えて逃げる。コインを引き千切るなどお手のもの。ケルベロスの顎すら砕く。まさに天下無双の腕力といえよう。
三星の狩人(A+)ギリシャ一の狩人とも謳われ、アルテミスの祝福もある彼の技量は天下一。星座として三つ星(トライスター)の逸話を得たことで、違う時代を生きた英雄たちをも上回る弓の腕を習得た。……が。そこには致命的な落とし穴がある。即ち、この星に愛された者は神(特に女神)にも愛されるということに。彼の結末はこの時定まっていたのかもしれない、ない、ない……


宝具

月女神の無垢な愛(アルテミス・アグノス)

月と狩人


  • ランク:B
  • 種別:対軍(自身)宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1

アルテミスの愛が降り注ぎ、一時的にではあるが自身の大幅な強化を図る。
詳細は個別記事を参照。

他にも所持している宝具があるが、ネタバレ避けのため後述する。

ゲーム上での性能

ATK偏重のステータスに、《Quick:1/Arts:1/Buster:3》バーサーカー型カード構成との容貌そのままのバスターヒグマ。
スキル群がすべて自己強化に固まっているうえ、宝具も自己強化と、自身の肉体を最大の武器とする疑似単体アタッカーといえる。

しかし、このバフの山と潤沢なクリティカルスターが噛み合うと話が変わってくる。
「三星の狩人(A+)」に付随する「Buster攻撃時のダメージ前に自身のクリティカル威力を大アップ(1T)」する状態を付与(3回/3T)発動中、クリティカルBuster攻撃が連続して重なると約10万ダメージというそこらの単体宝具に迫るダメージを叩き出し、さらにBuster&Braveチェインがクリティカルヒットで決まろうものなら、理論上は相性等倍の10万単位HPのボスさえ無残に撲殺せしめるバスターゴジラと化す。
宝具の無敵貫通も入れば、あらゆる防御強化をぶち抜いて確実に獲物を粉砕してみせる。アーチャーとは一体……。
オマケにクリティカル補正はQuick・Artsの両カード性能もアップさせるので、上手く回せば宝具の短期再発動やスター生産の効率化にも繋がる。

それだけにスキルをどこまで強化できるかで、性能そのものに振れ幅が出てくるのが課題となる。
なにより本領発揮には潤沢なクリティカルスターが必要であり、味方全体で常に多量のスターを供給し続けなければならず、編成や概念礼装に自然と制約ができやすくなってしまう。
もう一つ、自身の極め切ったバスターゴリラ性能そのものも弱点で、Breakゲージによる残機持ちのボス相手だとHPそのものが細分化されており、過剰にダメージを与えて「三星の狩人」の効果を無駄遣いしてしまうリスクが生じてくる。
当然ながら周回要員にまったく向いておらず、ストーリーや高難易度の巨大エネミーの相手は得意だが、短期周回に必要な複数への攻撃ができないので、出番を選ばざるを得ないところがある。

それでも「雑に殴らせて強く、環境を整えればだれにも止められない」という特性さえ掴んでおけば、超人の肩書きに偽りのない神話級の狩人の本質を見せてくれる。


外見について

「背の高い偉丈夫で、稀に見る美貌の持ち主」とされている割に、素朴で愛嬌のある顔立ちをした熊のようなマッチョの大男という、人によってはやや肩透かしを食らいそうな姿をしている。一部のロボットアニメファンなマスターからは、某戦闘重機ロボのドマンジュウ主人公を連想した人も……。
また、戦闘中やストーリー中にはマンガチックなクマっぽい顔になったりする。

キャラデザ担当のⅠ-Ⅳ氏曰く、

……とのこと。
ちなみに、顔は元々もうちょっとちゃんとワイルド系のイケメンというか野性的で目に傷ある感じだったそうだが生々しすぎて没になったそうな

関連人物

一目見た瞬間「こいつと気が合わない筈がないって感じ」とのこと。だが、熊が自分自身だと気付くと「がんばれ俺がんばれー!」とエール(?)を送る。

加護を受けているとはいえ人でなしの神様には変わらないから気をつけるよう忠告している。
そりゃあ当人が経験済みですから、ね

合コンで素早く女の子を持ち帰ることに定評がある」という根も葉もない上に笑えない冗談を出されて激怒され戦車を突撃された。そりゃそうだよね。

見た目は好みではあるが、姉神二人が怖いので口説くのは遠慮することにした。
ちなみに家系図的には義理の母でありトンデモない事になってしまう。
おまけに下姉様の方は母親と同じ名前の女神なので余計気まずくなったのかもしれない。

主人公から心配されているが、周囲が怖いから取るようなマネをするつもりはないらしい。そりゃあ保護もいますし、うん。

オリオンのナンパの被害者のような加害者一同。
なぜ肉弾系ルーラーにばかり手を出そうとしたのか…(しかも、1人目は従姉妹である)。

余談

アーチャークラスの中でも最高峰の実力を持つ本来の彼だが、実は史実における伝説では弓を武器に戦った逸話は殆どない。むしろ射抜かれて死ぬ逸話の方が多く、どちらかといえば、バーサーカーランサー寄りの逸話の方が多い。

狩人だからアーチャーと言われればそこまでだが、中学生時代のきのこ氏が書いたFateのプロトタイプでは、アーチャーの枠が『ハンター』名義だったことがあり、これが元だと思われる。
また、作品化した後も一問一答にて「ヘラクレスはどのクラスになるのが一番実力を発揮できたでしょうか?」という質問をされた際に、「意外なことにアーチャー、アーチャーはレンジャーでもあるので、数々の試練を知恵と機転で乗り越えた彼には馴染みのいいクラスなのです。」(原文そのまま)というふうに、アーチャー=レンジャーと説明していることから、この設定は生きている模様。

関連タグ

Fate/GrandOrder アーチャー(Fate) オリオン(Fate)
Cosmos_in_the_Lostbelt 神代巨神海洋アトランティス


以下『神代巨神海洋アトランティス』ネタバレ注意






















この本来の姿であるオリオンこそ、冠位(グランド)の称号を得たグランドクラスのサーヴァント「グランドアーチャー」。かの射手座の原型・ケイローンの弓の師たる女神のハートを射落とし、恋人として並び立った万夫不当の益荒男なのである。

作中では「異聞帯の月女神アルテミスを真に倒す」という事を選択した為、冠位を自ら返上し、自身の霊基と引き換えに彼女を一万数千年に及ぶ宇宙での孤独から解放した。
消滅する直前に主人公に「冠位が呼ばれたからにはそれ相応の本来の理由があった筈だ」と忠告し、これ以上力になれないことを申し訳なく思いながらも、楽しく過ごせたことを感謝し去った。

宝具
我が矢の届かぬ獣はあらじ(オリオン・オルコス)

  • ランク:B+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:100
  • 最大捕捉:?

オリオン・オルコス。
相手が魔性、魔獣の場合にあらゆる防御系統のスキル、 宝具などを全て無効化して攻撃を加える。

グランドアーチャーとして召喚された際に使用する場合、あらゆる獣を彼の手の届くものへと貶める追加効果を得る。
無限増殖するタイプの敵にも対応してレンジ内に存在する限りは自動的に殺し続ける。

オリュンポスでは直接対決することはなかったが、オリオンが冠位として呼ばれたのはおそらくコヤンスカヤ対策のため。
この「『獣』であるなら徹底的に殺し尽くす宝具」に加え、コヤンスカヤのオリジナルと推測される玉藻の前は生前弓矢によって仕留められているため、Fateにおける英霊の設定に則るとまさに天敵と言って良い相手だった。

其は、女神を穿つ狩人(オルテュギュアー・アモーレ・ミオ)
  • ランク:EX
  • 種別:対神宝具
  • レンジ:無限大(アルテミスに届くまで)
  • 最大捕捉:1機

オルテュギュアー・アモーレ・ミオ。
本来、あってはならない特殊宝具。第五の異聞帯において、グランドアーチャーとしての冠位を捨ててまで獲得 したアルテミスのためだけの宝具。
自身の生命と引き換えに、機械の女神アルテミスを撃ち落とす。
アキレウスの鎧を加工して鍛造された弓、矢へと転じたパリス、マスターの令呪(ブースト)、それら全てが合ーしてただ一度だけ放たれる矢。

その宝具名は自分をぬいぐるみに変え、霊基を限界まで下げてまで着いていく事を願った恋人の宝具名と酷似しており、自身を表す「三つ星(トライスター)」同様オルテギュアー、即ち恋人の生誕の地の名を冠する。それは、オリオン自身が根本でアルテミスに対し、「重い愛」を抱いている愛の狩人である事を示す、何よりの証明である。

関連記事

親記事

オリオン(Fate) おりおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超人オリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3992600

コメント