ピクシブ百科事典

アルテミス(Fate)

あるてみす

「Fate/Grand Order」に登場する女神。アーチャーのサーヴァント「オリオン」として出演している。
目次[非表示]

概要

オリュンポス十二機神の一柱。
メイン画像の姿は他の知性体とコミュニケーションをとるためのアバターであり、本来の姿ではない。

アルテミス(汎人類史)

基本事項はオリオン(Fate)の項目を参照。

汎人類史では後述する真体は失われているはずだが、OVA『Fate/GrandCarnival』のOPでは堂々と登場している。
目的はお察しください。

アルテミス(異聞帯)

Lostbelt No.5 神代巨神海洋 アトランティス


第2部5章前編「神代巨神海洋アトランティス」にて登場した、ギリシャ異聞帯における女神アルテミス

汎人類史と異なる歴史を辿ったために真体は健在であり、神達の本拠地である星間都市山脈オリュンポスを守る三重防壁の一つとして難攻不落の存在であった。
その実態としては衛星兵器と呼ぶ方が適切で、指示があれば衛星軌道上に存在する弓の下半身をした全長1.5kmもの巨大な体躯を持つ巨大人型機械から地上へ向けて砲撃を行う。主神ゼウスに匹敵するとされるその砲撃の威力は凄まじく、多くのキャスター達がありったけの防御加護を載せていたにも関わらず、十二の試練を持っていたヘラクレスをたったの二発で消滅させたほど。また、その技術は間違いなく2018年の汎人類史における人類の最先端を大幅に上回っている。
汎人類史と異聞帯のアルテミスの違いをあえて語るのなら、オリオンと出会ったかどうかということが最大の分岐点。
しかも対象を発狂させる類の権能も持っていたようだが、ローマの自分が狂わせた存在の知識か存在の認識が欠けていたらしく、一度使った権能を彼が避雷針になる形で無効化される。結果として「汎人類史のサーヴァントは精神干渉系の権能を無効化する手段がある」と誤認し、彼のサポートを受けられたサーヴァント達の海域突破を許したうえ、その後侵入したカルデアに対しても砲撃のみで対応してしまった。

劇中では、オリュンポス側の指示でオデュッセウスに使用権を託されていたが、キリシュタリアの監視がなければオリュンポス側の誰かがこの使用権を盗んで勝手に使おうとするリスクも抱えていたらしい。そのためキリシュタリアは、必要に迫られればオリュンポス側の者に気づかれない別回線での通信手段を用いている。

ちなみにアバターのデザインはオリオンに付随しているアルテミスの第三再臨の衣装を黒く塗り替えた物だが、オリュンポスにいる神々とは異なりメカメカしさを強調するために目の部分が単眼になっているのが特徴。
本体とは別のパーソナリティを備えている。

第5章前編終盤、超人オリオンと相討ちに近い形で撃ち落とされる。
その気になれば復旧が可能だったものの、自らを射抜いた渾身の一矢を通してオリオンの「愛」を理解したアルテミスは、それを得ていた汎人類史の自分への羨望という感情と共に敗北を認め、活動を放棄し機能停止した。

宝具

汝、星を穿つ黄金(シューティングスター・オルテュギュアー)

  • ランク:???
  • 種別:対星宝具
  • レンジ:???
  • 最大捕捉:???
  • 由来:アルテミスの弓の逸話と出身地とされるオルテュギア島。
体から高出力の砲撃を行う。その威力は島一つ消しとばすだけでなく、ヘラクレスの「十二の試練」を魔力的な加護ごと貫通して消滅に追いやるほど。この事から間違いなくAランクからEXランクの宝具であると見られる。
サーヴァントの宝具で凌ぐことも不可能ではないが、対星宝具を受けて無傷でいられる筈もなく、反動で迎撃した側のサーヴァントが消滅してしまう。尚、不毀の極槍は直撃を受けながらも文字通り壊れる事はなかった。

ちなみに真体ではなくアバターの姿でも撃てるらしく漫画版で披露した。


関連タグ

Fate/GrandOrder 神代巨神海洋アトランティス オリュンポス十二機神

関連記事

親記事

オリオン(Fate) おりおん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アルテミス(Fate)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アルテミス(Fate)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9675693

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました