ピクシブ百科事典

冴羽獠

さえばりょう

北条司の漫画「シティーハンター」の主人公であり、「エンジェル・ハート」のメインキャラクター。通称もっこり男。
目次[非表示]

プロフィール

身長186cm
体重72kg
年齢推定30歳以上(1989年のエピソードで香に30歳と決めてもらった)
誕生日3月26日(香に決めてもらったもの)
特技もっこり
恋愛の趣向純情一直線?
目標世界中の女の子とお友達になること(♥)
CV神谷明
演者ジャッキー・チェン(1994年実写映画) / 上川隆也(ドラマ『エンジェル・ハート』)


「俺の名前は冴羽獠。『都会の悪を掃除する』それが俺の仕事だ。俺の武器はコルト・パイソン357マグナム。撃ち抜けないのは美女のハートだけさ」

人物

新宿を拠点に活動する超一流のスイーパー『シティーハンター』は彼の裏社会での通り名であり、並大抵のヤクザチンピラはその名を聞いただけで戦慄するほど。依頼方法は新宿駅東口の伝言板にXYZ(もう後がない)の3文字を書く。

表向きは商事会社の社長兼マンションの管理人と言う名目だが、後述の素行が広く知れ渡っているため、アニメでは『遊び人リョウちゃん』なる珍名が近所でついていた。一般的な知名度的にはばらつきがあり、スイーパーとしての実力よりもっこりすけべや男や子どもが嫌いということの方が有名になっている。


服装

基本的には半袖のTシャツジーンズチノパンを履き、アウターに腕捲りをしたジャケットを纏う。いつも同じような服装をしており(香曰く「年中着たきりスズメ」)、しかもコートからは変な匂いまでしている。作中に出てきたファッションデザイナーは、それを見てファッションセンスのない男だと判断した(体つきは褒められてショーのモデルにスカウトされた)。

しかし、後にその服装は生きるためのファッションであったことが判明。ベルトのバックルには小型ナイフ、コートの表地と裏地の間には分解した銃やコンドームに時限発火装置、コートの裏地には火をつけるとガスを発生させる特殊発煙剤、さらにはプラスチック爆弾と起爆剤まで仕込んでおり、いざという時には切り札となる。

能力

射撃の腕前は超一流で、運動神経も抜群。右利きだが、左手でも問題なく銃を扱える。素手での格闘にも優れており、組事務所の構成員をものの数分で沈黙させるほど。普段はメタルジャケットの弾丸を込めたコルト・パイソン357マグナムを愛用。時には鋼線やサバイバルナイフ、クロスボウ、毒針付きの指輪も使う。ナイフ術にも長けている。
裏の世界では最強とされ、「本気になれば一人で東京を壊滅させることができる」と謂われている。その戦闘能力・身体能力は驚異的(特に聴覚は天才的)である。雑踏から撃鉄の音を捉え、釣り銭の金額を正確に当て、イヤリングの鏡面でビルの物陰を見通し暗殺者のスコープから生き延びるほど。新宿中のヤクザや暴力団からは恐れられており、実質的に街の顔役である。
本気を出す時にはヘラヘラした間抜けな顔になるが、教授によるとその状態では「30分で一個師団を壊滅させる」ほどの力を発揮するらしい。

香が正式なパートナーになってからは基本的に殺害という手段はあまりとらなくなったが、彼女が登場しない初期のエピソードでは(ハードボイルド色が強かったこともるだろうが)、悪役を必ずと言っていいほど殺害していた。香と組んでからも、相手を殺すと決めれば、標的に対しては一貫して冷徹非情になる。終盤では敵対関係で親友二人の敵とはいえ、養父も殺害している。但し女性は殺さない主義であり、作中では一度も女性を殺めていない。

また一度は見逃しても二度は刃向かった者には容赦はせず、敵組織を襲撃した際には雑魚でも確実に仕留める。プロに喧嘩を売った素人同然の標的や犯罪者でも、徹底的に精神をいたぶり追い詰めた上で倒し、時には陰湿な手段を行使する。
その行動は「暗い」の一言に尽き、香からは「よくこんな暗いことを思いつくな」と言われるほどで、本人も自分が「根暗」と認めている。ジャンプの主人公からすると珍しい気がするが、これは被害者や依頼人の心情を察しての行為である。また、こうしたところは後に登場するある人物とそっくりである。

裏社会No. 1の貫禄からか、どのような敵に対しても怯むことはなく、常に余裕綽々とした態度を崩さない。スイーパーとしてのプロ意識とプライドが高く、相手の腕前にお世辞は言わず、甘えも許さない。自分に守られることに依存していた香を(敵から遠ざける目的はあるとはいえ)パートナー失格と突き放したり、相手の実力にも辛辣な評価を下したりしている(逆を言えば彼が評価するということはそれ相応の技量があるということである。例:海坊主、槇村、物語終盤の香など)
その一方で自分の過去や内面、香のことなど身近なことになると、一変して不器用で屈折したところやナイーブさを見せる。
また自分の本心や事情を説明せずに抱え込んでしまうところがあり、ソニア・フィールドの一件も彼が彼女に釈明しなかったが故に起きてしまったことである。


スペック・普段の行動

体格が良く、高身長でルックスも良い。仕事柄、その肉体は鍛え上げられており、強靭でしなやか、持久力もある。
かなりの大食いかつ酒豪でもあるが、家事の類も必要スキルで習得している。調理に関しても主夫レベルを超えた腕前により、依頼人や保護対象者も唸らせる(香よりも料理上手である)。
但し、香が同居してからは、彼女が家事をするようになったからか、普段は食事もコーヒーも風呂の準備も彼女に用意させており、自発的に家事をしているところは見られない(その亭主関白のような様子を見た香の実姉・立木さゆりからは、「妹を騙して身の回りの世話にこき使っている」と非難されていた)。香の同居以前(香が高校生の頃)はアパートも散らかっており、生活感を持つようになったのは、香が住むようになってからである。

趣味も多彩で、ドミノやビリヤード、パズルやトランプタワーと一通りこなす。生き延びる為のサバイバル、トラップ技術もゲリラ時代から続けていたので、時にはその術を依頼主の少年に教えてもいる。
『七つの声を持つ男』と自称するが、初対面のモブ男の声で危機を乗り越えた事もある。得意な人物は『ケンシロウ』(原作劇中でもやって見せた)。機械類の扱いにも長け、警察関連の通信傍受や盗聴もお手の物で、カーテクニックも超一流。

義務教育は受けていないが、後述の養父の薫陶によるものなのか、教養は非常に高い。様々な方面に深い知識と技術を持つ。海外でも問題なく生活していたようなので、英語を始め、中東の言語など、外国語にも精通している模様。その反面、流行や話題になっている人物・物事には疎く、香に教えられることも多い。
普段の言動からアホに見えるが、実際には頭脳明晰で洞察力も鋭く、機転もきく。読唇術も出来る。

教授を除き、必要な時以外は基本的に誰に対しても敬語を使わず、所謂タメ口で話す。話し方もよく言えば率直、悪く言えばぶしつけ。女性には敬称をつけるが、男性にはつけない。よく使う二人称は「おたく」で、女性には「君」を使う。香には「お前」である。基本的な一人称は「俺」だが、場合によっては「ボキ」や「僕」などを使うことも。

喫煙者であり、愛用の銘柄はラッキーストライク。アニメ版では基本的に喫煙しないが、タバコを吸おうとしたことはあり(『’91』第5話)、TVスペシャルや劇場版のOP・EDでは喫煙していることがある(『グッド・バイ・マイ・スイート・ハート』、『新宿PRIVATEEYES』など)。

幼少期のトラウマから弱点は飛行機。ただし、アニメ版では(監督が原作者から聞くまで知らなかったため)、この設定はなく2話で槇村が操縦するセスナ機に乗り込みライフルで狙撃し、パラシュートを使ってスカイダイビングして依頼人を救出している。

女好きな反面、男や子どもは嫌いで、男の依頼は基本的に受けたがらない。しかし意外にも面倒見は良く、依頼人の少年に銃のコーチをしたり、アニメでは我儘な悪ガキの国王に(ハーレムへの招待という報酬があるとはいえ)一人前の男になるよう教育したりした。また原作でも、赤ん坊に懐かれた時には、世話をし、懐かれると満更でもない反応を見せていた。一人前と認めると、相手を名前で呼ぶようになる。
一応は男や子供からも(美女絡みなら)依頼を引き受ける場合もあるが、最も重要なのは「(依頼者の強い悲しみや無念の思いに自身の)心が震えた時」である。人を殺す自分のことを悪(ワル)だと断じており、「表の世界の人間には殺す価値のない人間を殺すために俺のような男がいる」、「ワルじゃないと出来ないこともある」と語っている。但し、金で殺しを請け負う通常の殺し屋のことは嫌悪している。殺し屋に仲間・警察の手先扱いされた時には激怒し、「俺は自分の気にくわないと思った時に自分の思うように動くだけ」とも言っている。

黙っていればハードボイルドな風貌のいい男なのだが、性格は超が付くほど女好き。下着泥棒から女湯覗き等々女性がらみの悪事は数え切れない。彼がよく使う単語「もっこり」は彼及びシティーハンターという作品の代名詞にもなっている(但し、18歳未満の年齢の女性に対してはもっこりせずに普通に子供扱いするなど一線は守っている。このため、対象年齢外の少女に好かれやすい)。
守備範囲は18〜30歳までだが、大人びていると、範囲外の少女でも「もっこり」することはある。
女絡みでは誘惑に滅法弱く、どんなに自身が気をつけていても、女性の下着を用いたトラップや冴子の色仕掛けにいとも簡単に引っかかっている。

彼のこういった行動や性格は、殺し屋などに狙われている依頼者(主に女性)の恐怖や不安を和らげる意図的なものではないかと、香は分析している。その影響力は凄まじく、子供だけでなく、男性劇団員や病人に至るまで……教授やりすぎです。
そう言った気風もあり、新宿に住み、街をこよなく愛する人々からはとても慕われており、情報屋も気軽に裏情報を提供し、偽情報も流してくれる。逆に困った場合はカクテルや居酒屋などで自身の危機を伝え助けてもらっている。
人の心が読める少女・沙羅からは「氷のような寂しい世界で孤独に戦ってきたけれど、とても温かい人」、好んだ客の銃しか見ない伝説的ガンスミスからも、「他人のために死すらも恐れず戦える真の男」と評されていた。
但し、ツケでしょっちゅう飲み歩いているため(後述)、街に出れば飲食店などからツケの返済を求められ、追いかけ回されることも度々である。

見た目は二枚目なのに中身は完全に三枚目というギャップこそが彼の魅力であり人気の源である。しかも、もっこりは (他の部分がダメなのに) 防弾ガラスを貫通したり鋼鉄の貞操帯を破壊したり、ハーレムを丸ごと腰砕けにしてしまうほど強靭。もっこり恐るべし。

日課のナンパでは女性からビンタされて振られるのがオチだが(成功率は本人曰く「10人に1人」)、決して魅力がないわけではなく、彼の優しさや強さに触れた依頼人の女性から好意を抱かれることも多い。しかし獠自身は、裏稼業ゆえに愛する者は持てないと、依頼終了後は依頼人にわざと嫌われる言動を取ったり、依頼人の前から姿を消したりして他人を遠ざけている。

彼に依頼する料金は相当な額(肛門やもっこりの治療代に丸ごと充てられるほど)を要するようだが、相手によっては無償にも等しい額(最低でも500円)で引き受ける事がある。その後のアフターケアも万全と豪語する。それでも一億円を一週間で消費するほど金銭感覚とエンゲル係数は感覚麻痺している(このため、香はやりくりに常に頭を悩まされている)。大半は武器弾薬の製造、補充や食費、敵対者や依頼人の身辺調査、愛車や住居の修繕費に当てられる。ツケで店屋物を注文するのもザラ。

香とは対照的に依頼が来なかったり、金に困ったりしても、慌てる様子はなく平気でいる。香のビラ配りにもしぶしぶ付き合わされているが、その際にも、やる気が見られず、サボることもしばしばである。しかしどんなに困窮しても、金で魂を売ることは絶対にしない。

実年齢は誰に聞かれても決して明かさない秘密主義者で、常に20歳を主張し続けている。

過去と現在

物心付かない幼少期に、乗っていた飛行機が中米の内戦国のジャングルに墜落する。彼は事故の唯一の生存者であり、この時に両親を亡くしている。
ジャングルに放り出され、何日も彷徨った末にゲリラ部隊のある村に拾われる。戦士しか必要としないその村で生きていくために、幼い頃からゲリラ兵士として戦っていた。優秀な戦士だったブラッディ・マリィーの父と海原神を親代わりに育ち、彼らによって戦う術や武器の扱いなどを教えられ鍛えられた。獠の戦闘技術や知識、身のこなしはこの頃から培われたものである。

自分と同じ日本の血を引く海原のことを「親父」と呼んで実の父親のように慕い、海原も獠のことを本当の息子のように愛していた。

しかし、長引く戦乱で正気を失った海原に裏切られ、麻薬エンジェル・ダストを打たれて暴走し、彼の推奨する作戦の戦果を示すための実験台として戦わされてしまう。それにより、生死を彷徨うが、献身的な軍医の治療で、何とか禁断症状を克服し回復。しかし戦争自体はゲリラ側が敗北し、海原も彼に恐れをなした同志達にゲリラ部隊を追放された。

戦後はマリィーの父を最初のパートナーにアメリカに渡り、マリィー、ミック・エンジェル、ケニー・フィールドなどパートナーを変えながら、バウンティハンターとして名を轟かせた。『シティーハンター』の名称はアメリカで名乗っており、その時のパートナーがミック・エンジェルである。その後は日本に密入国し、槇村秀幸をパートナーに新宿で『シティーハンター』として始末屋(スイーパー)を始めた。

このように語られているだけでも、普段の能天気な姿からは想像できない壮絶な過去を持つ人物である。過酷な生い立ちから、アメリカ時代は暗い死神の瞳を持ち、戦いに死に場所を求めるような破滅的な生き方をしていたとのこと(ただし、この頃からものすごいスケベだったらしい)。

また過去を知られることをひどく恐れており、これまで誰にも自分から過去を話したことはない。香がその過去を知るエピソードでは、彼女に知られて自分を見る目が変わり、自分の元から去っていくことをとても恐れていた。

また飛行機事故で身元を示すものを失っていること、事故が自分のことすら分からない時分の出来事だったことから、本名も正確な年齢も誕生日も不明で、戸籍もない。「冴羽獠」という名前も「リョウ」と呼ばれていたことしか覚えていなかった彼に養父の海原がつけたものである。前述のように実年齢を明かさないのも、彼自身にも分からないからである。(後に香によって誕生日を作ってもらった。)
原作の後半では彼とよく似た性格の老人で、祖父と思しき神宮寺道彦が登場している。彼は飛行機事故で消息不明となった孫・諒一を探していた。「飛行機事故に遭う」、「名前の一部がリョウ」など、獠の出自と共通している面もあるが、血縁関係は明言されず(獠も否定している)、そのまま別れている。

香との関係

詳しくはリョウ香を参照
槇村香に対しては、普段は男扱いして「俺が唯一もっこりしない女」(しかし、香が登場した当時はところ構わず追ったてていた。また香が化粧をしたりして色気を出すともっこりしている)と、のように接し、馬鹿にした言動を取ることも多々あった。
しかし、獠本人は彼女を本当に信頼しており、次第に深い愛情を抱くようになる。また香の影響で、獠は人間らしい温かさを取り戻している。実際に香と初めて会った時には、槇村と出会った後とはいえ、殺伐とした荒々しい雰囲気を漂わせていた。

パートナーなって最初の頃は、香を自分のような裏稼業に染めてはならないと、事情説明を敢えて教えずはぐらかし続け、トラブル終了時に理由を明かし、彼女の怒りを買いハンマーや暴力で制裁されるオチが多かった。
それでも依頼を共にこなすうちにお互いの関係も深まり、わざと標準を狂わせた槇村が愛用していた拳銃を渡していたものの、原作末期には彼女の誠意に応え、真のパートナーとして正しく調整したものにし直した。そして海原との過去の因縁に決着を付け、最終話ではようやく互いの気持ちが通じ合う。

なお、アニメでは香と息の合った夫婦漫才のような掛け合いを見せていたり、彼女とスキンシップを取ったりする場面が多い。ある時は香りに抱きつき、胸に顔を埋めたことも。また何故か香の下着の種類や枚数、模様まで把握していることになっている。

俺の生きがい(シティーハンター)


「さらばハードボイルド・シティー」(アニメオリジナル回)ではテロリスト・セイラに蹴られた際に見えた下着から、彼女が香であることに気づいている。


エンジェル・ハートにて

今作では主人公・香瑩の義父として、彼女を見守る存在になっている。香瑩からは「獠爸々(パーパ)」と呼ばれている。主人公の香瑩が行動することが多いため、活躍は少なめである。

性格はシティーハンターの頃と変わらないが、中年になっているため、腰痛や老眼に悩む描写もある。それでもスイーパーとしての戦闘能力は驚異的で、敵側からは恐れられている。しかしスイーパーとしてのプロ意識や存在意義を強く持っていた前作とは異なり、こちらではそうした面が見られないという相違点がある。実際に槇村や香の実力のなさを指摘しながらも彼らを突き放すことなく、相棒にしている。
また自信家なところもなく、ファルコンからは「基本的に不器用でバカ。度胸・勘・頭の回転の早さは抜きん出ているが、それに自分で気付いていない」と評されている。前作では「シティーハンター」は裏社会の凄腕のスイーパーの代名詞だったが、こちらでは新宿のただの掃除屋の呼称になっている。

今作でも日本には密入国してきたそうで、正確な戸籍は持っていない。しかし、シティーハンターと比較すると、そこまで悲惨な過去を送ってきたわけではないようで、香と出会う以前も、前作ほど殺伐とはしておらず、表情も柔らかい。他人を遠ざける雰囲気もなく、海坊主、李大人や芳玉などの友人も存在している。芳玉には戦闘中に(彼女に生きる意志を持たせるための方便だったかもしれないが)プロポーズまでしている。
香に対しても屈折した面は見られず、他人にも比較的柔和で素直な感情表現をしている。また過去を知られることを恐れていたが、こちらでは会って間もなくの香に、自分に戸籍がないこともあっけらかんと明かしている。
こちらでも本名は不明。作中での「冴羽獠」という名前は、たまたまポケットに入っていた身分証明書の中から香が適当に選んだものに書かれていただけのものである。しかし「リョウ」だけは海外勢を含めた多数の人物から呼ばれる事から元々の名前の一部である模様。

元々は傭兵であり(この頃にファルコンや芳玉、李大人に出会っている)、殺し屋としてシティーハンター(槇村秀幸)を抹殺するために新宿にやって来た。しかし、負傷して生き倒れたところを香に助けられ、彼女の勤務先の診療所で介抱される。意識不明の(ふりをしていた際に)自分に「あなたが死んだら悲しむ人になる」と告げた香への恩義から、「槇村が死んで香が悲しまないように」という思いで、素人同然の力量だった槇村を守るため、彼の相棒として「シティーハンター」になった。

このような経緯から香を非常に大切に思っており、エンジェル・ハートの獠は彼女ありきであるとも言える。戦う理由もスイーパーとしての存在意義よりも「香が好きなこの街で、彼女の笑顔を見ていたいから」と語っている。
香にプロポーズしていたこともあり、こちらでは彼女は完全に内縁の妻であり、彼女の想い出に胸を打たれると人目をはばからず泣く(因みにシティーハンターでは海原と再会した時の一度しか泣いていない)
香の心臓を移植された香瑩に対しては、親友である李大人の依頼ということ、そして彼女自身の依頼から、父親として接する。作中での行動は、親バカ以外の何者でもない(獠も本当の父親というものを知らないため、彼なりの誠意を尽くしているのだろう)。そして、彼女のために何度も命を投げ出そうとする。と同時に、相変わらずもっこりしてくれるのが嬉しいところである


香のハンマーを避けられない?

「なぜ獠は香のハンマーを避けられないのか?」というのは長らくファンの謎だったが、ついに公式ツイッターにて回答があった。
「避けられない」のではなく「避けない」のだと思います。行動にオチがつくといいますか、心のどこかで香に止めてほしいと思っているのかもしれませんね。」とのこと→北条司オフィシャル

余談

アニメで声を演じた神谷氏の一番のお気に入りキャラクターであったため、事務所の名前は冴羽商事である。
神谷氏が事務所を立ち上げる際に、事務所名をどうするかで親睦があった原作者:北条司氏に相談したところ、北条氏より『冴羽商事』と『もっこりカンパニー』の名前が挙がり、「事務所名を言ったり電話口で応対する事もあるから、『もっこりカンパニー』は流石に選べなかった」と今の名前を選んだという話がある。

名前の漢字

「獠」の字は「僚」のにんべんがけものへんになったものであるが、漢検対象外であり、一部の日本語入力システムに非対応から、当時名前が似たキャラ名「遼」「リョウ」「りょう」などで代用されることがある。

  • 実はJIS X 0213でのサポート外であり、JIS規格ではJIS X 0212に対応している。しかしこの規格は補助漢字と呼ばれる、あくまでも補助的な規格に過ぎず、サポートしているフォントも意外と多くない。
    • 例えばメイリオは両規格を含むため単独で表示が可能だが、ヒラギノでは日本語版単体では表示できない環境がほとんどだろう。游ゴシック体ならば日本語フォント単独で表示できるが、macOSの場合はヒラギノに簡体字・繁体字バージョンも含まれているため、簡体字版を併用することでヒラギノでも表示可能となる。

派生作品

ファミコンジャンプ』では主人公に協力するジャンプヒーローの一員として登場。
彼の登場する第二エリアでは、彼以外では孫悟空(このゲームでは少年時代)が仲間になり、主人公は獠と悟空をお供にレッドリボン軍と戦うことになる。
最終決戦ではコルト・パイソンの他、バズーカをぶっ放して攻撃できる。
ちなみにヒゲゴジラのセクハラ攻撃を受けるとなぜか意気消チンするどころか逆に喜んで攻撃力が高くなる
2019年発売の『JUMP FORCE』というジャンプのオールスターゲームにもプレイアブルとして参戦している。

関連タグ

シティーハンター エンジェル・ハート
狙撃手 暗殺者 スナイパー アウトロー
大食漢 スケベ 残念なイケメン やる時はやる男

パートナー:マリィーの父親 / ブラッディ・マリィー / ミック・エンジェル / 槇村秀幸
 / 槇村香
ライバル:海坊主
腐れ縁:野上冴子野上麗香
元依頼人:名取かずえ
育ての親:海原神
師匠:教授
パラレルワールドの養女:香瑩


関連人物

相良宗介:飛行機事故で身寄りを失い、幼少期から兵士として生きてきたという点、本名が分からないという点が共通している。

緋村剣心:どちらも伝説級の強さを持つところ、他人のために命懸けで戦うところ、ヒロインとの出会いで、戦いの中で死んでも構わないという考えが変化し、愛する者のために絶対に生きる意志を持つようになったところが共通している。

関連記事

親記事

シティーハンター してぃーはんたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「冴羽獠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6681168

コメント