ピクシブ百科事典

立木さゆり

たちきさゆり

立木さゆりとは『シティーハンター』及び『エンジェル・ハート』に登場する人物である(画像右側の女性)。
目次[非表示]

概要

細かな設定・容姿は異なるが、両作品の主要キャラクター・槇村香実姉。 

人物

シティーハンターにおいて

CV:榊原良子
原作では中盤、アニメでは『2』の後半である52話、53話に登場する。
発行部数85万部を誇る硬派ニュース雑誌『ウィークリィ・ニュース』のジャーナリストで、日本支社では編集長を務めていた。

彼女が2歳、香が生まれてすぐの両親の離婚により、香と生き別れの状態になる(立木は彼女が引き取られた母方の姓)。2年前の実母の臨終の際に、死んだと教えられていた父と妹の存在についての真実を聞かされ、手を尽くして香の行方を探していた。父・久石純一が東京で死んだこと、香が槇村という刑事に引き取られたことを知るが、槇村の死後は情報を得られなくなってしまう。
そこで槇村とコンビを組んでいた冴子の元を訪れる。彼女を介して事情を知ったの頼みで、姉であることは明かさずに、香と一週間ほど共同生活を送ることになった。

因みに香との初対面は彼女が獠にお仕置きするために鎖鎌付きのこんぺいとうシリーズを構えて持っていたところというある意味、衝撃的なものだった(あまりのことにさゆりは驚愕し、彼女が妹だとは信じられず、まるで「弟」みたいだと感じていた)。

性格

ロングヘアの髪型にお淑やかな性格と、男勝りの香とはおよそ正反対の美人。容姿もあまり似ていないが(アニメ版では髪の色は同じ)、獠が迫ってきた際には、100tハンマーで撃退するなど、血は争えないところがある。

普段は頼りなく見えるが、若くして編集長になるだけあり、バリバリのキャリアウーマンで、仕事の時は優秀(自分の姿に憧れた香に転職させる目的で仕事を手伝わせるも、機械類と相性の悪い彼女はことごとくOA機器を爆発させていた)。

面識がなかったとはいえ、唯一の肉親である香を非常に大切に思っている。その妹想い振りは、槇村のそれと変わらない。
香同様に芯が強く、妹をこき使う獠に毅然とした態度で抗議する一面も見せており、妹には普通の女の子らしく暮らしてほしいという願いを抱いている。

香と同じ指輪を大切に持つ。因みにこの指輪は彼女達の実母が離婚した後に姉妹に買ったもので、「大人になってこんな指輪が似合う普通の女の子になってほしい」という願いが込められている。

作中での行動

大企業のスキャンダルを載せた記事を掲載して以来、脅迫されており、ボディガードを依頼した。
最初は香をこき使い、彼女に危険な仕事をさせる獠に憤りを抱き、自分の正体を話して彼女を引き取ろうとする。しかし香が大好きな兄の遺した仕事にやりがいを感じていること、何より彼女の仕事をする姿がとても輝いて見えることを知り、迷いが生じる。
その後、脅迫していたヤクザに香と共に誘拐され、監禁されてしまう。その際に遂に耐えきれずに、自分の生き別れの妹は香だと話す。その際には香に本気にされなかった。獠と香の活躍で解放され、その際に二人の信頼関係について知る。また獠から香の銃に細工がしてあり、彼女に人殺しをさせないよう配慮していたことを教えられる。

実は今までの功績が認められ、ニューヨーク本社に転勤が決まっており、香を自分と一緒にニューヨークに連れて行くつもりだった。しかし「自分の知る真実よりも彼女の知る真実の方が正しい」と、今のままの彼女は幸せとして、香を連れて行くことを断念した(その際には獠に「責任取ってくださいね」と言っていた)。

空港で旅立つ直前に香と対面する。香はさゆりが見立てた女性らしいドレス姿で見送りに行く。最後は彼女に抱きしめられ、「お姉さん」と呼ばれ、涙を流す。香もさゆりが姉だと気づいていたのだった。





エンジェル・ハートにおいて

CV:藩恵子
原作では10巻、アニメでは29話と比較的早くに登場する。名前は漢字の「早百合」。香瑩からは「早百合伯母(イーマ)」と呼ばれていた。
前作とは異なり、香とよく似た容姿と雰囲気を持つ女性となっている。髪もショートヘア。
姉妹であるため、こちらでも100tハンマーを使い手で、香瑩を見て獠の愛人だと勘違いし、彼に「天誅」を下した。香瑩と同時に獠を殴ったことも。また獠によると、香同様に頑固らしい。
最初からニューヨーク在住で、こちらでもニュース雑誌『ウィークリィ・ニュース』の編集長を務めるジャーナリスト。そのため博学で、著名人とも面識を持つ。

前作と同じく両親の離婚が原因で香と生き別れている。早百合が4歳、香が2歳の時に両親が離婚し、早百合は母に、香は父に引き取られていた。(母からは夢だと言われ、本人もそう思い込んでいたが)香のことを微かに覚えており、半年前の死の間際の母に妹の存在を教えられ、八方手を尽くして彼女を行方を探し、新宿までやって来た。

香が既に死んでいたこと、香の心臓が香瑩に移植され、その意識が彼女の中に宿っていること、元殺し屋の義母になっていることを知り衝撃を受ける。
しかし、香の心臓を持つ香瑩をスイーパー業から足を洗わせ、ニューヨークへ連れて行こうと考えるようになる。また危険な仕事をしていた妹が幸せだったかを知るために、獠のアパートに押しかけた。

最初は獠やシティーハンターの仕事に懐疑的だったが、香瑩と共に寝た際に香が見せた夢と、新宿の人々の言葉により、香は幸せだったのだと知る。帰国直前には香の破天荒な人生に多分に影響されており、それまでの勤勉な生活態度を変え、自分も雲のように自由な生き方をすることを誓う。
そして香瑩を獠に託し、自分を追って日本まで来た懇意のアメリカ人男性と結婚する決意を固め、彼と共にアメリカに帰っていった。香の方も見送りの際には「幸せにね」と、姉に言葉をかけていた。


余談

  • 後に原作でも獠と血の繋がりがあるのではないかと思われた老人・神宮寺道彦が登場する(なお、探していた孫の名前は諒一)が、明確に血縁関係があるとは言われていない(実際に獠も否定している)。このため、さゆりは天涯孤独の主役二人の中で、唯一血の繋がりが明示された存在である。




関連タグ

シティーハンター / エンジェル・ハート
実妹:槇村香 / 妹のパートナー(義弟):冴羽獠 / パラレルワールドの義理の姪:香瑩 /  同じ会社の記者:ミック・エンジェル

関連記事

親記事

シティーハンター してぃーはんたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「立木さゆり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6421

コメント