ピクシブ百科事典

シティーハンター

してぃーはんたー

北条司による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

「美女の依頼を待ってるぜ…‼︎」

概要

前作『キャッツ♥アイ』に続く北条司2作目となる連載作品。
東京新宿で殺し・ボディーガード・探偵等を請け負うスイーパー「シティーハンター」冴羽獠の活躍を描くハードボイルドコメディ
現代劇として描かれたため、連載時の1980年代後半が舞台で、「シティーハンターが美人の依頼人から仕事を受け、その依頼を数話をかけてこなす」というのが基本構成となっている。全体を通しての伏線などはあるものの、依頼人・仕事の内容はその都度異なり、問題を解決した依頼人は原則として再登場せず(まあ、この手のお話通り何回か再登場するキャラもいるのだが)、各依頼毎の繋がりもない。
ジャンプの漫画では珍しく時の流れが明確で、キャラクター達も物語が進むごとに歳を取っている。

週刊少年ジャンプ』の80年代を担ったヒット作だが、少年誌への掲載としては内容がかなり大人向きのため単行本の売上とは裏腹に誌面での人気はさほど高くなく、特に連載初期は正統派ハードボイルド漫画であったため、読者からのウケが悪く人気が低迷した(これはジャンプのアンケート至上主義の影響。詳しくは週刊少年ジャンプを参照)。そこで当時の編集者であった堀江信彦の助言で「もっこり」という下ネタを取り入れ、コメディタッチの作風に路線変更したことで一定の人気を得ることに成功し、後述のテレビアニメ化にも繋がった。
しかし90年代に入るとジャンプ編集部内での混乱が続き、執筆に支障をきたす。最終的には突然四週後の連載終了を通告され終了した。このため北条に描き切っていないという強い思いを与え、後のリメイク作品『エンジェル・ハート (A.H.)』が誕生する原因となる。

あらすじ

犯罪の絶えぬ新宿には一つの噂があった。
「新宿駅東口の掲示板にXYZ-もう後がない-と書き込めば、”シティーハンター”と呼ばれるスイーパー(始末屋)がなんとかしてくれる」と。
”シティーハンター”の通称を持つ冴羽獠は美女絡みか依頼人の本音に「心が震えた」時しか依頼を受けないが、依頼人の望みを100%叶える凄腕。亡き親友の妹・槇村香をパートナーに都会の悪を討つのだった。

登場人物

詳しくはリンク先へ

主人公。新宿で「シティーハンター」と呼ばれる裏社会No.1スイーパー。
とてつもないスケベで普段はちゃらんぽらんしているが、仕事の際にはその真価を発揮し、依頼を完璧に遂行する。キャラクターのモデルは同作者の「キャッツ・アイ」に登場していたねずみこと神谷真人である。

ヒロイン。獠のパートナー。獠とは対照的にしっかりした女性で、だらしのない彼のお目付役兼諫め役でもある。
最初はただの素人だったが、物語が進むにつれて獠の相棒に相応しい成長を遂げる。また裏稼業をしながらも明るさを失わないその人柄は、多くの人々に影響を与えた。

香の兄で獠の親友。香の親代わりでもある。彼の香以前の相棒だった。見た目は冴えないが、その実かなりの腕利きで、獠からの信頼も厚い。元は刑事をしており、冴子のかつての同僚。

獠のお得意様にして協力者である敏腕女刑事。本作のお色気担当であり、獠に色仕掛けをしては、警察では手に負えない仕事を押し付け、こき使っている。しかし決して悪女ではなく、正義感が強い心身共にタフな女性である。

獠のご近所様にして協力者。優秀な探偵で、獠達の商売敵でもある。姉・冴子同様に図々しいが、肝が据わっており、事件解決のためには危険な行動も辞さないなど、悪を許さない心を持つ。

冴子と麗香の妹。高校生ながら売れっ子小説家。シティーハンターを小説のネタにしようと、獠達のアパートに押しかけてくる。

獠のライバルにして同業者。スイーパーの腕は獠と互角だが、性格は正反対。日本人離れした威圧的な風貌が特徴で、獠からは見た目に因んだあだ名で呼ばれている。

伊集院隼人のパートナー。元女コマンドで、戦場で育った。伊集院とは不釣り合いなほどの美人だが、本人は彼にぞっこんである。

普段は冴えな容姿をしているが、正体は泥棒請負業のセクシーな美人怪盗。シティーハンターの依頼人として現れる。

獠の協力者にして恩人。獠とは長い付き合いで、彼の原形を作ったとも言える好々爺。

教授のアシスタントを務める知的美人。シティーハンターへの依頼から彼らと関わりを持ち、教授の元で働くようになった。

若くして有能なジャーナリスト。生き別れになった家族を探しており、冴子と獠の元を訪ねてくる。

かつて獠のアシスタントをしていた女性。現在は後ろ姿美人として有名になっている。教授と同じく彼の過去を知る数少ない人物。

香の高校時代の同級生。現在は世界的に活躍するデザイナーである。ファッションにまつわる風変わりな癖を持つ。

獠がアメリカで組んでいた賞金稼ぎの娘。突然、獠のところに押しかけ、彼のパートナーになりたいと言い出すが・・・

獠がアメリカにいた頃のパートナーで親友。銃の実力は獠に匹敵し、中身も彼とどっこいどっこいな男性。

巨大犯罪シンジゲートのボス。物語の序盤と終盤に登場し、獠と香の二人に深い因縁を持つことになる。


もっこり!

呼称表

が\に冴羽槇村野上野上美樹伊集院エンジェル
りょうオレかおりさえこれいかみきちゃんうみぼうずミック
かおりりょうアタシさえこさんれいかさんみきさんうみぼうずさんミックさん
さえこりょうかおりさんわたしれいかみきさんファルコンミック
れいかさえばさんかおりさん姉さんわたしみきさんファルコンミック
みきさえばさんかおりさんさえこさんれいかさんわたしファルコンミック
はやとりょうかおりさえこれいかみきオレミック
ミックりょうかおりくんさえこれいかみきファルコンオレ


派生作品


テレビアニメとして1987年4月から3年半放映された(1年ごとにタイトルに「2」や「3」が付き、91年度は「'91」と付いた)他、劇場版も3作作られた。
なおアニメではオリジナルエピソードが多く、中には「敵に洗脳された香が獠と戦う」という話もある。アニメでは原作と設定が異なっており、原作のキャラクターが登場しなかったり、槇村を殺した組織が別になっていたりする。
また、韓国では本作を原作としたテレビドラマ「CITY HUNTER in seoul」も公開された。

…えっ、香港映画?ちょっと分からないな…(苦笑)

冗談はさておき、海外で実写化されたこの二つのシティーハンターは性格が大きく異なる。
まず「in seoul」は、タイトルこそシティーハンターではあるが、登場人物の設定と物語が原作とかなり異なった完全なシリアスなドラマとなっている。
ぶっちゃけシティーハンターを知る人にとっては別物

次に「香港版」は、概ね原作のキャラクター設定に即しており、こちらのオープニング・エンディングには原作イラストも登場している。
だが、しかし…こちらの方は原作のコメディ要素が強調されるあまり、いきなり作中でストIIパロディまで始まってしまい……もはやいつものジャッキー作品になってしまっている。
さすがにジャッキーでも「もっこり獠ちゃん」の全ての再現は無理だった。
しかし、ジャッキーの春麗のコスプレや後藤久美子の客演は見逃せないぞ!


そしてフランスから新たな実写版が送り出される事となる…(後述)


今日からCITYHUNTER

公認二次創作 『北斗の拳イチゴ味』、『転生ヤムチャ』に続く公認作品。
独身アラフォー女性がふとした事で自分の憧れる漫画の世界に迷いこむファンタジー?

漫画/錦ソクラ 参考書/「CITY HUNTER」北条司…と明記?!

本作の内容には直接関わらないということで〜
〜ちょっとひねって<参考書>という表記にしてもらいました。〜
 〜どう展開するか僕も読者として楽しみたいと思っています。

(単行本第一巻オビ・原作者・北条司コメントより)

新作劇場アニメ

新宿PRIVATEEYESを参照。

フランス映画版

フランスでも人気ということもあり、2019年2月6日にはフランス映画としての公開が決定されている。日本では11月に上映が決定している。



関連動画


シティーハンターと言えば、やはりこの曲
EDとして使用されていた頃の演出が印象的で、ニコニコ動画でも「止めて、引く」のタグで大量にMADが投稿されている。玉石混交ではあるが、「玉」の出来はハンパではない。

関連タグ

CITYHUNTERCITY HUNTER(表記ゆれ) シティハンター(誤記)
北条司(原作者) エンジェル・ハート(続編パラレル作品)

XYZ / もっこり / 100tハンマー/Get_Wild

シティーハンター100users入り シティーハンター500users入り

今日からCITYHUNTER

ギラヴァンツ北九州・・・Jリーグのチーム。2015年にコラボチケットを販売。同年8月23日はスタジアムDJに冴羽獠が登場した。

浅田飴 … TVシリーズのスポンサーになっていた関係からか、TVシリーズの背景に頻出していた(当時発売されていた、箱入りのパッション味。現在のパッション味には箱入りのものはなく、缶入りのみ)。

オウム真理教・・・アニメ版『3』にてサブリミナル事件があったことから。

外部リンク

アニメ「劇場版シティーハンター」公式サイト

関連記事

親記事

北条司 ほうじょうつかさ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シティーハンター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14747165

コメント