ピクシブ百科事典

野上唯香

のがみゆか

野上唯香とは『シティーハンター』の登場人物である(画像奥の少女)。
目次[非表示]

概要

原作の終盤に登場する野上家の三女。高校生。
北野ユカというペンネームで活動している学生小説家。第二の赤川次郎とも呼ばれている。ミステリー小説を書いており、最新作「警視庁の女豹 刑事サヨコ」はベストセラーになっている。

外見はロングヘアの美少女だが、姉達同様に図々しく強情。上記の小説も姉の冴子がモデルで、彼女の担当した事件をそのまま題材に書ているだけである。ミステリー大賞も麗香のことをネタにした小説で受賞したもの(それを聞いた獠からは「自分の周りにあるものはすべて利用し尽くす恐るべき似た者姉妹」と評されていた)。しかし、ミステリー小説家だけあって、観察力や洞察力には長けている。また売れっ子作家であるため、かなり儲けている模様。

図太いところもあり、獠がテロリスト達と戦っていた時も逃げず、その様子を小説として書いていたほど。

姉達から逃げていた際に獠と香を見かけ、新たなネタとしてシティーハンターの獠を題材にした小説を書こうと冴羽アパートに一方的に押しかけた。その際に香に対して煮え切らない態度を取る獠に対して「卑怯」と評していた。その後、テロリスト達に拐われそうになるが、獠と香の活躍で助かる。その際に二人の信頼関係を見て、彼らの小説は関係が決着してから書くと決め、アパートを出て行った。

関連人物

  • 野上警視総監

野上姉妹の父親。本作の主要人物の中では珍しい血の繋がりのある親。下の名前は不明。唯香が登場するエピソードに本格的に登場する。
かなりの親馬鹿で思い込みが激しい人物。娘に度々縁談を持ちかけている。また唯香が冴羽アパートに泊まった際には「獠が娘達を毒牙にかけた」と思い込んでアパートまで勝手にやってきたことも。娘達からは「プッツン親父」と呼ばれていた。
テレビスペシャルを見る限り、スケベであり、新宿のビデオ屋からエロDVDをこっそり借りていた(その際には獠とも意気投合していた)。なお、結構な年のはずなのだが、男児が生まれるまで子作りをするつもりらしい

余談

  • なお、獠は当初彼女が末っ子だと考えていたが、彼女の下には双子の妹がおり、まだまだ妹が増える可能性があるらしい(獠は頭痛のタネが増えると嘆いていた)。
  • アニメには登場していないが、テレビスペシャル第3弾のOPに一瞬その姿が描かれていた。


関連タグ

姉:野上冴子野上麗香
シティーハンター

pixivに投稿された作品 pixivで「野上唯香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6504

コメント