ピクシブ百科事典

槇村香

まきむらかおり

槇村香とは、「シティーハンター」及び「エンジェル・ハート」に登場する人物。
目次[非表示]

CV:伊倉一恵 演:相武紗季(ドラマ「エンジェル・ハート」)

人物

シティーハンター

シティーハンター」のヒロイン冴羽獠パートナー。彼の前のパートナーであり親友だった槇村秀幸の妹。
ショートヘアの髪(アニメでは茶色か赤茶色に描かれている)に長身が特徴的な女性。誕生日は1965年3月31日。身長168㎝、B87-W59-H86。

元々は兄の秀幸と二人で暮らし、裏の世界とは関わりがなかったが、兄の死後は獠のパートナーに自ら志願する。冴羽アパートに移り住み、家事全般や依頼のチェック・依頼人との交渉など、いい加減な獠のアシストをしているしっかり者。しかし、頻繁に依頼が来ないことに加え、獠の依頼の選り好み、ツケでの飲み歩きなどが原因で、金欠に悩まされている。依頼が来ない時には、冴羽商事を宣伝するビラ配りをしたこともある。手先は器用だが、非常に機械音痴。

男勝りで勝気な性格で、いわゆるラムちゃんと双璧を成す暴力ヒロインのはしり。獠の「もっこり」に後述のハンマーなどで「天誅」を下すのが「シティーハンター」のお約束になっている。恋愛においては初心で鈍感だが、獠について依頼人などに嫉妬心を燃やすこともある。
初期は男言葉で話しており、たまに一人称が「オレ」になる。ショートヘアで長身であること、男性的な言動・服装などから、男に間違われることもしばしばあった。しかし、物語が進むにつれて女性らしくなり、女子から羨望の的だったことを知る高校時代の同級生に驚かれていた。

一見乱暴に見えるが、本質的には優しく、裏や表の世界に関わらず誰に対しても分け隔てなく接する思いやりがある。その人としての温かさは、獠を始め、依頼人、裏社会の人間(マリィーやミックなど)にも大きな影響を与えることになる。そして物怖じしない度胸と行動力もある。

また芯が強く、犯罪者の娘で、血の繋がった家族とも生き別れになり、唯一の家族である義兄も殺されるという暗い過去を持つものの、真っ直ぐに生きている。獠からパートナーを辞めるよう突き放されても、諦めず、後に獠の過酷な過去を知った際にも、彼のために誕生日を作り、毎年祝うと決めた。その強さや健気さはマリィーからも認められていた。

獠からは普段は女扱いされていないが(詳しくは後述)、依頼人に負けないくらいのスタイルの良い美人で、化粧をしてカツラをつけると、多数の男にナンパされるほどである。

家族

の槇村秀幸とは血の繋がりはなく、彼女は義理の妹である。
秀幸の父が追跡中に事故死した犯人・久石純一の娘で、本名は久石香。当時赤ん坊だった香は、槇村家に引き取られ、秀幸の妹として育った。
実の両親は他界して居ないが、後に久石の妻に引き取られていた実姉・立木さゆりが登場する。彼女とは依頼人として出会い、一度は姉妹として共にアメリカに行くことを持ちかけられるも、結局は断って別れており、以後登場する事はなかった。
香が養女であることは伏せられており、香の20歳の誕生日に秀幸が真実を話すはずだった。なお、秀幸は知らなかったが、香は高校生の時点で自分が養女であることには気づいており、獠にそのことを話している。
但し香自身は非常に兄想いであり、血の繋がりこそないものの、彼のことを心底大切に思っている。獠のパートナーになったのも、兄への想いからである。また兄(実際には香の実母)の形見の指輪を大切にしている。

獠との関係

獠とは高校時代に一度会ったことがある(その日が3月26日であり、後にこの日が獠の誕生日と決める)。最初はスイーパーの獠を訝しんでいたが、ある事件を経て彼の人間性を気に入り、兄の相棒として認める。なお香の男言葉は彼女が獠の言葉遣いを真似したことが始まり。

獠のパートナーになってからは唯一「もっこり」しない女性と公言されていた(実は完全に相棒になる前に一度もっこりした事がある)。しかしパートナーとして過ごすうちにお互いを信頼し、掛け替えのない関係を築くようになる。獠に惚れた依頼人もふたりの関係に入る余地なしと諦めていることが多い。香の影響で獠は人間らしい温かさを取り戻しており、アメリカ時代のパートナーからは驚かれている。

獠とは互いに意地っ張りであることに加え、獠自身が不器用であること(獠の過去や立場を考えれば仕方のない面もあるが)、香が恋愛面では非常に鈍感であることなどから、なかなか関係が進展しなかったが、作中では様々な出来事や困難を乗り越え、終盤ではようやく互いに気持ちが通じ合う。

パートナーとしての能力

最初はただの素人だったが、パートナーとして過ごすうちに様々な技術を身につけている。

拳銃は兄の形見であるコルト・ローマンを使用している。射撃の才能はあるが、獠が香には人を殺させたくないために、わざと狙っても照準が狂い絶対に命中しないように銃に細工をしていたため、獠の弱点として度々誘拐されることもあり、長らく射撃の才能は無いと思い込んでいた(後に照準を直した銃を獠から渡されている)。

但し、この状態でも標的には直接当たらなくとも、周辺の物品を破壊して間接的にターゲットにダメージを与えたことはある。バズーカ砲や重機関砲の乱射、手榴弾乱れ投げに至っては致命傷に成らないダメージで気絶させる器量はあり、周囲は銃撃痕と爆発痕の大地と化すが、獠や海坊主もプラマイゼロの評価を述べている。

至近距離からのリボルバー式拳銃への護身法も獠から教えられている。

他にも鉄槌「100tハンマー」もしくは刺鉄球付き鎖鎌「こんぺいとう2号」を愛用している。ハンマーにはこのほか1周年記念プラチナハンマーや100ギガトンハンマーなど多数のバリエーションが存在する(香以外にもハンマーを持っている女性キャラもいる)。そのすべてが獠に対するお仕置き用だが幼い頃から愛用している。毎回どこからハンマーを取り出しているのかは不明であるが。

獠にパートナーを辞めるように突き放された際には、海坊主からマイケル・ガーラント(TVシリーズオリジナルキャラ)直伝のトラップを教わり、免許皆伝を与えられ、殺し屋銀狐の行動力を削ぎ落とし、ミックと対決した時にも奮闘していた。この技術は、しばしば家に無数の罠を張り巡らせ、女性依頼人の保護に一役買っている。

また獠とコンピを組む中で彼とアイコンタクトなしでも行動を予想できるようにもなっている。獠からも「シティーハンターてのはな!! おれたちふたりのことを言うんだぜ!!」と認められるように。

作中で何度も敵に捕まって縛られているが、その対策としてカミソリを隠し持ち、自力で拘束を解いた事が一回だけある。

「さらばハードボイルド・シティー」(アニメオリジナル回)では、催眠術でテロリスト集団「ブラック・アーミー」の現場指揮官”セイラ”だと思い込まされ、真のボスに操られる形で獠達と対決した。この回では正確な射撃、トラップの能力など彼女の実力が垣間見られる。最終的には獠の説得により、正気に戻った。


エンジェル・ハート

獠と結婚式の写真を撮る道中、車に轢かれそうになった幼児を庇って交通事故で亡くなり、第1話の時点で故人
香瑩の事実上の義母となっている。ドナー登録され、移植用に摘出された彼女の心臓マフィアによって強奪されたことが全ての始まり。
本来は起こりえない事であるが、心臓が移植された先の香瑩の中に意識として生き続けている。
香の心臓が移植されたことで、香瑩の心に変化が起き、香の記憶に導かれるように組織を脱走して新宿の獠の元へ行くことになる。暗殺者だった香瑩が普通の人間として生きることに彼女の心臓も影響を与えることになる。

事故死する直前に獠にプロポーズされており、本作でのふたりの関係は実質的に内縁の夫婦である。自分の心臓を受け継いだ香瑩を娘と思っており、獠と共に香瑩の義親となる。

生前は看護師で、獠とも患者として出会い、香瑩同様に名前のなかった獠に「冴羽獠」の名前を付けた。(多くの偽造パスポートや免許証の中の1つにあった名義が『冴羽獠』)

なお、エンジェル・ハート版においても100tハンマーは健在で、彼女の自室クローゼット内に一本備え付けられている。

関連イラスト

香ちゃん


Jump!
Queen!


リョウ香

落書き☆
Ryo&Kaori



関連タグ

シティーハンター / エンジェル・ハート
パートナー:冴羽獠  / 義兄: 槇村秀幸  /  養女:香瑩  /  友人:美樹 
師匠:海坊主  /  お得意様:野上冴子
武器:100tハンマー

カップリングタグ

リョウ香 槇村兄妹  ミク香

関連記事

親記事

シティーハンター してぃーはんたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「槇村香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3602291

コメント