ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

暴れて欲しくない相手を動けなくする行為。

あるいは愛しのあの娘を、愛しいが故に身動きがとれないくらいきつく縛ってあげる行為。


センシティブな作品センシティブな作品

一般的には麻縄もしくは綿ロープが使用されるが、稀にリボンガムテープなどが挙げられる。


いずれも上体や身体全体に縄が掛かるような、凝ったものであるのが一般的であり、手首や足首だけのシンプルな場合、手錠手枷などの場合は拘束タグのみが使用されることが多い。


類似タグとしては縛りタグもよく用いられる。


文化としての緊縛

日本のフェティシズムとしての歴史は古く、江戸時代の春画から発展し、明治・大正以降の官能小説家らによってその存在感を高めた。


日本では罪人を麻縄で縛るのが一般的であったため、罪人が絶対逃げ出せない・でも身体に負担をかけさせないという二律背反を両立させる技法が発達し、そこからアート的な凝った縛りの技術も生まれたため、"道"として追求する嗜好家も少なくない。

古くは捕縄術のような、武芸の一つであり、現代の武術でも少林寺拳法など縛り方を教える武道もいくつか存在する。


欧米では大掛かりな拘束具を用いるか、シンプルに手首だけ縛るかのどちらかであったため、緊縛は日本文化の一つとして捉えられることも多く、『KINBAKU』は世界中の拘束・緊縛好きに通じる言葉となっている。

ただし中国では日本よりも古くから罪人を縛る技術として独自の緊縛文化が存在しており、こちらも一定の人気がある。


なお英語では「Bondage」、中国語では「绳艺」(日本漢字にすると「縄芸」)となる。


注意点

実際に緊縛プレイする場合、硬い材質のもので縛ったり体に食い込むほどの強さで縛ると、縛られた部分がうっ血して壊死したり、部位によっては神経を痛めたり呼吸困難に陥ったりなどして、重篤な障害に繋がる危険性が生じる。

相手の体に害を与えないよう緊縛するには一定の捕縛技術が必要なため、素人が安易に緊縛に手出しをしようとすると多大な危険を伴う。本格的にやりたいのであれば、書籍や動画、講座などで専門知識を学ぶことが推奨される。


緊縛する側はされる側のペースにあわせてあげた上で、万が一ケガや失神するなどの事態が起きた時にすぐに緊縛を解いて手当てをして上げられる体勢(例:ハサミなどを用意する)を整えてからプレイするなど、あくまで遊びのプレイであることを自覚して安全を心がけることが大事である。


今は講習会や指南書も多くあるため、これらをきちんと修めた上で慎重に行うのが大切である。


また、当事者双方の同意の上でプレーすること。対象者の同意が無い場合逮捕・監禁罪に問われる恐れもあるので注意が必要である。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

表記ゆれ

BDSM SM マゾ DID ボンデージ

拘束 縛り 捕縛 縛りプレイ

束縛 捕獲 吊り 締め付け 縛り首 脱出芸 捆绑


縛り方

高手小手 菱縄縛り 亀甲縛り 女囚縛り あぐら縛り 股縄 諸手上げ縛り

ぐるぐる巻き マミフィケーション 五花大绑


縛る道具

ロープ 蜘蛛糸 ガムテープ ダクトテープテープギャグリボンリボン縛り


ジャンル・シチュエーション

着衣緊縛(服を着た上に縄をかける)

緊縛着衣(縄で縛った上に服を着せる)

偽装拘束連縛 自縄自縛 囚われの身の女の子 ヒロインピンチ 線路ピンチ 人質 拘束おもらし


その他

東方緊縛画 しばられいむ アリスを縛ろうの会

関連記事

親記事

拘束 こうそく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました