ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

定義編集

「偽装拘束」とは、一見して拘束されていると分からないように施された拘束、またはその状況利用したプレイを指す。


特徴編集

拘束され自由のない状態ではあるが、外から見てすぐには分からないように偽装されているため、拘束されている者の意志とは関係なくどんな場所にも連れ出せるという(拘束する側、あるいは作者側から見ての)自由度の高さが特徴としてある。


DID("危機に陥った女性")の一種ともいえるが、DIDは被拘束者が「早く縛られた私を見つけて助けて欲しい」と願っている傾向にあるのに対し、偽装拘束は「私が縛られているということに気づかないで欲しい」※と願っている場合が多いのが特徴である。


※ただし「気づいて欲しいが猿轡などを噛まされて声に出せない」というシチュエーションの作品もあるため、あくまで一つの傾向である。


プレイとしての幅編集

全身拘束と異なり、拘束されているのは身体の一部だけであり、そこ以外は自由に動かせる…はずなのだが、動かしたら偽装がバレてしまうので動かせない、という状況に置かれる作品が多い。

  • 声を出すことができない
  • 立ち上がることができない
  • 持ち物を手放すことができない

などといった制約が課されることになる。

こうした特徴から分かるように、露出羞恥プレイをメインとしたSM系統のプレイと相性がよく、想像を広げやすい。


また外面上は第三者から見て違和感のない服を着るため、日常行為の中での拘束系プレイを好む嗜好との相性もいい。


余談編集

語源は恐らく「偽装工作」のもじり。


なお既に拘束は解けている(または拘束が不十分である)にもかかわらず動けないフリをしているのは拘束偽装である。


関連イラスト編集


関連タグ編集

拘束 拘束具 隠姦 羞恥プレイ 着ぐるみ 着ぐる絵

縄下着 貞操帯 声我慢 絶頂我慢 义肢拘束

関連記事

親記事

拘束 こうそく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40185381

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました