ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
マミフィケーション
52
ミイラ拘束及び、ミイラ緊縛の意味で全身拘束のカテゴリーの一つ。

概要

正式の呼び名は、mummification bondage(マミフィケーション ボンデージ)で、日本よりも欧米の方に浸透している拘束及び緊縛プレイである。

文字通り、エジプトのミイラや、芋虫(イモムシ)のように包帯やテープで全身をぐるぐる巻きにすることで、くっきりと体のラインを浮かび上がらせることができ、巻く側にとっては巻かれた側が身動き取れずにもがくさまを見て興奮する楽しみを味わえ、巻かれている方にとってもその拘束(緊縛)感を味わう楽しみがあるという。中には蜘蛛糸触手が使われることもある。

注意点

1.全身を拘束するため窒息の危険があるのである程度薄い布を使い、もしもの事態に備えてハサミやカッターを用意しておくこと。また、他の拘束・緊縛同様、むやみやたらにグルグル巻きにしないように。

2.ダクトや、ビニール等のテープでの使用の場合、肌に直接貼り付ける事でかぶれる場合があるので要注意。

余談

キン肉マンに登場する悪魔超人の一人、ミスターカーメン必殺技・「ミイラパッケージ」は敵を腰布やリングシーツなどでマミフィケーション状態に固め、巨大ストローを突き刺して血液を始めとする水分を吸い取り、本物のミイラにしてしまう恐怖の技である。


日テレで放送されていた番組「謎解きバトルTORE!」のコーナー、ミイラの間はチャレンジャーが布で巻かれながらクイズに答えるというもので、大抵はパニックになってしまいまともに回答できずにそのままミイラになってしまう。初期のころは回答者は一人ずつだったが、途中からは二人以上の複数人で答えるようになった。ゴールデンでマミフィケーションを披露するということで話題となったが、クレームがあったため徐々に放送回数が少なくなってしまった。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品
センシティブな作品センシティブな作品

関連タグ

ミイラ 包帯 テープ 拘束 緊縛 猿轡 死者への手向け デスカーン

mummification ぐるぐる巻き

概要

正式の呼び名は、mummification bondage(マミフィケーション ボンデージ)で、日本よりも欧米の方に浸透している拘束及び緊縛プレイである。

文字通り、エジプトのミイラや、芋虫(イモムシ)のように包帯やテープで全身をぐるぐる巻きにすることで、くっきりと体のラインを浮かび上がらせることができ、巻く側にとっては巻かれた側が身動き取れずにもがくさまを見て興奮する楽しみを味わえ、巻かれている方にとってもその拘束(緊縛)感を味わう楽しみがあるという。中には蜘蛛糸触手が使われることもある。

注意点

1.全身を拘束するため窒息の危険があるのである程度薄い布を使い、もしもの事態に備えてハサミやカッターを用意しておくこと。また、他の拘束・緊縛同様、むやみやたらにグルグル巻きにしないように。

2.ダクトや、ビニール等のテープでの使用の場合、肌に直接貼り付ける事でかぶれる場合があるので要注意。

余談

キン肉マンに登場する悪魔超人の一人、ミスターカーメン必殺技・「ミイラパッケージ」は敵を腰布やリングシーツなどでマミフィケーション状態に固め、巨大ストローを突き刺して血液を始めとする水分を吸い取り、本物のミイラにしてしまう恐怖の技である。


日テレで放送されていた番組「謎解きバトルTORE!」のコーナー、ミイラの間はチャレンジャーが布で巻かれながらクイズに答えるというもので、大抵はパニックになってしまいまともに回答できずにそのままミイラになってしまう。初期のころは回答者は一人ずつだったが、途中からは二人以上の複数人で答えるようになった。ゴールデンでマミフィケーションを披露するということで話題となったが、クレームがあったため徐々に放送回数が少なくなってしまった。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品
センシティブな作品センシティブな作品

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  2. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  3. 自称・保護者の騎士様が後方腕組み彼氏面で私(聖女)のお見合いを邪魔してきます!

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー