ピクシブ百科事典

転生したらヤムチャだった件

てんせいしたらやむちゃだったけん

ジャンプ+に掲載されているヤムチャが主役のドラゴンボール外伝マンガ
目次[非表示]

概要

ある日、平凡な生活を送っていた高校生がヤムチャに転生する異世界転生物。
本作は特にチート能力などはなく、原作知識を活かして生き残ることが重視されている。
書き下ろし付コミックスは2017年11月発売。

似たような外伝に、ベジータが主人公の「ドラゴンボール菜」もある。

各あらすじ

前編

ある日、不運な事故で死んでしまった高校生の少年が、ヤムチャに転生してしまった。
ヤムチャはブルマ一筋の人生を送ろうとしたが、いずれ訪れる栽培マンとの戦いを思い出した。
このままではいけないと思ったヤムチャは、悟空についていき、亀仙人の元で修行することでヤムチャしやがってを回避すると考え、悟空と共に旅立つ。

中編

ベジータと戦う1年前。界王星に行く悟空を見送ったヤムチャ。これまで栽培マン対策として今までの修業を思い出していたが、まだ何か足りないと思っていた。そこで、原作の誰よりも早くナメック星に向かい、最長老様に潜在能力を引き出してもらう。そしてサイヤ人襲来までネイルに修業相手をもらい、一段と強くなった。
そして現在。栽培マン全員の自爆を受けながらも無事だったヤムチャの戦闘力をはかるベジータ。1万以上の戦闘力を驚きスカウターの故障と言い張るが、「故障ではない」と言うヤムチャ。誰の犠牲を出さずにたちまちナッパを倒し、ベジータとの決戦に挑むヤムチャと悟空。その頃、神殿にいる地球の神は異様な気を感じていた。仲間たちの中に、ヤムチャと同じ気を持つものがいるらしいが?

後編

運よくセルゲーム当日まで1度も死なずに済んだヤムチャ。原作通り、セルゲームに向かい…ておらず、ある人物を呼び出し、とある場所に向かう。ヤムチャとしての知られざる決戦が始まる!

登場人物

ヤムチャ
本作の主人公で高校生が転生した姿。ブルマ一筋の人生を送ろうと、ドラゴンボールの世界の知識を利用して生き延びようとする。
孫悟空
原作の主人公。地球育ちのサイヤ人。ヤムチャより出番が少ない。当然本作のヤムチャは転生していることは知らない。
ウーロン
悟空の仲間の一人。原作通り大猿になった悟空を宇宙人と疑っていた(ヤムチャはこの時の彼のカンがさえていたと語っている)。
ブルマ
原作のヒロインでヤムチャが栽培マンから生き延びようとする動機を作った人物。
栽培マン
永遠の宿敵。原作ではヤムチャごと自爆したが、転生し修行していたヤムチャを6匹まとめて自爆する。
地球の神
原作通り悟空を蛇の道に送ったが、ヤムチャが誰一人も犠牲を出させなかった為、彼も生き延びている。
最長老
ヤムチャの眠っている力を引き出させたナメック星人。その前にヤムチャの記憶を探り、彼が転生した人物と知っている者の一人でもある。
ネイル
ヤムチャの正体を知っている者の一人。最長老の命でヤムチャの修業相手にしてもらった。
ナッパ
サイヤ人。原作では悟空に倒されるが、悟空が到着する前に、強くなったヤムチャに倒される。
ベジータ
サイヤ人編のラスボス。原作では悟空と一騎打ちだったが、本作は悟空とヤムチャのコンビと対決する。ヤムチャのある人物がいるとのウソでスキを突かれ、悟空のかめはめ波に倒された。原作通り、ポッドで逃げだすが、ヤムチャがブルマを奪われまいと撃ち落とそうとした。だが、後の展開を思い出し、やむ得なく見逃すことに。
セル
セルゲームを開催する。
ピッコロ
ネイルと神を吸収しているため、その記憶がある。セルゲームに参加しなかったヤムチャの事を危惧する。彼の様子から、転生の事など聞いていないようである。

ドラム
単行本カバー下に登場。ヤムチャに一瞬でやられる。

バータ
単行本カバー下に登場。ナメック星でヤムチャに圧倒される。
ジース
同じく単行本カバー下に登場。




この先後編のネタバレ注意
















































後編の登場人物(ネタバレ注意)

チャオズ
本作のラスボス。ヤムチャ同様彼も転生した人物。ヤムチャは彼が自分と同じ転生した人間と気付いており、クリリンの対決で計算問題にひっかからず、ピッコロ大魔王の願いを阻止しなければいけなかったにも関わらず天津飯に逆らっていたが(原作ではピッコロ大魔王の存在を消す願いを言い終わる前に殺されており、それを恐れていた為)、確信を持ったのは、ナメック星でドラゴンボールが集まった時だった。こっそりボールを持ち出し勝手に願いをかなえようとしたがヤムチャに制止され失敗に終わる(ヤムチャは皆に慌てて誤魔化したが)。最初はチャオズとして生きて行こうとしたが何週もうまくいかずに死んでしまい(本人曰く何回もやり直せるらしい)、超能力とドラゴンボールの知識を駆使してこの世界(ドラゴンボールの世界)を支配しようとしていた。ヤムチャの戦い、どどん波で体を貫いたが、ヤジロベーより先にカリン塔に登ったヤムチャが後に希少品になる仙豆をいくつか確保し(中編の回想シーンでカリン様の修業をしており、その時に確保したと思われる)それを食べて体力を回復された。だが仙豆を奪い再びヤムチャを追い詰めるも、ヤムチャの誕生日の出題にハズれ(正解は3月20日)、魔封波で封印されかかる。だが、ヤムチャが彼の正体であるドラゴンボールのアプリゲームの1位を取ったユーザーオーショウだと思い、魔封波を中断する。その後の話し合いで和解と改心しチャオズとして生きていくことにした。
ビルスシャンパ
双子破壊神でヤムチャとチャオズを転生した張本人。シャンパが持ってきた水晶のようなもので転生ゲームなるもので転生者同士を戦わせたが、二人が戦いをやめたことで二人の破壊神がもめだしてしまった(なお、シャンパの言動で、以前にも転生者同士を戦わせたらしい)。
ウイスヴァドス
天使姉弟で破壊神の付き人。案の定二人がもめだしたため、呆れており、ビルスが水晶を破壊したため、二人の魂が解放され、元の世界の肉体に戻してくれた。


エピローグ

気が付くと、元の世界に戻っており、体も元に戻っていた。今までのは夢なのかと思い、何気なく手を大きく振った。すると大きな突風が起きた。思わず、もう一度大きく振るが、今度は何も起きなかった…。やはりヤムチャに転生したのは夢のようだった…。


ヤムチャ「次にドラゴンワールドに行くのは…君かもしれないぜ?」



関連リンク

ドラゴンボール 外伝
異世界転生 ヤムチャしやがって・・・

コメント