2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:戸谷公次ドラゴンボールZ)、今村直樹(ゲーム『Sparking!NEO』『METEOR』)、竹本英史ドラゴンボール改以降のメディア)

あっ!!概要さま!!

フリーザの部下の上級兵士で、惑星フリーザNo.79の所属。
戦闘力は18000程度(初登場時のベジータとほぼ同等の強さ)。このことからベジータとは互角の実力を持つライバル同士だった(正確にはキュイの方が一方的にライバル視していた)。

地球の戦士たちに撃退されたベジータに「フリーザ様は永遠の命を得るためにナメック星に向かった(だからベジータは永遠の命を諦めろ)」と発言したことで、ベジータは慌ててナメック星に飛び立ってしまった。その後、フリーザからベジータの始末を命じられたことでナメック星まで追いかけ勝負を展開する。

当初は互角だと思っていたことから自身満々だったがサイヤ人の「死の淵から蘇るごとに強くなる」特性のおかげでベジータはメチャクチャパワーアップしているため、一気に追い詰められた為慌てて命乞いをし、聞く耳を持たないと見るや「あっ!!フリーザさま!!」と嘘を言って後ろを向かせ不意打ちを仕掛けるも全く通用せず、そのまま逃げようとした直後ベジータの衝撃波によって木っ端微塵にされた。
この時ベジータが空中で爆散するキュイを見て、冷笑しながら口にした「へっ!きたねえ花火だというセリフは有名。

ロクな戦闘描写もなく最期も情けなかったが、当時のフリーザは惑星フリーザNo.79を根城にしており、そこの所属にされるくらいには実力を認められていたことが窺える。また上記の不意打ちもベジータには「おまえともあろう者が」と言われるなど、実力の割にセコいことをしたことで残念がられていたような発言をされている。

名前の由来は果物のキウイ🥝。

アニメでの描写

アニメオリジナルキャラクターである「謎の宇宙船の子供たち」の母星を部下たちを引き連れて襲撃し、攻め滅ぼしている描写がある。

また彼と同種族らしき個体として、故郷を滅ぼしたフリーザを恨む兵士と、逆にフリーザを尊敬する上官らしき人物も登場している。

ゲームでの描写

キュイがゲームで初デビューしたのはファミコンに発売された『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』であり、その当時はボスキャラとして登場していた。他にもスーファミに発売された『超サイヤ人伝説』にもボスキャラとして再登場している。他にも『激神フリーザ!!』や『超サイヤ人伝説』では、青色のゴンマー、赤のパイヤー、エメラルド色のゴリン、そして黄土色のストロブと言った、色違いでありながらもキュイ型の雑魚敵が登場した。

RPGシリーズでは主にボスキャラとして登場していたにもかかわらず、格闘ゲームには余り登場する機会はなかった。
しかしPS2で発売された『Sparking!NEO』ではプレイヤーキャラとして初デビューし、それ以降から『スパーキング』シリーズと『レイジングブラスト』シリーズにプレイヤーキャラとして登場するようになる。更に『ドラゴンボールヒーローズ』では自身のカードも登場した。『タッグバーサス』ではIfストーリーの主人公としても活躍した。

多少の知名度があるにもかかわらず余り活躍していなかったため、フルパワーエネルギー波や連続エネルギー弾以外必殺技は分からない。
だが『ドラゴンボールヒーローズ』では『ダスタードインパクト』と言う必殺技がある。
他にも『あっ!!フリーザさま!!!』と言う騙し討ち攻撃もあり、これも必殺技として使われている。

ドラゴンボールフュージョンズ』ではキュイ本人は登場しないものの範囲内の相手を怯ませる効果がある「あっ!フリーザ様!」という必殺技が登場する。また、同系統の技に「あっ!ビルス様!」というものがあり、ドラゴンボール超のバージョンの悟空などが覚えたりする。

ワールドミッション』では異変の影響によってわけもわからず復活し、なぜかパワーアップまでしていた(正確にはシーラスによって人為的に創られた別の歴史のドラゴンボール世界から現れた存在)。そこへベジータの姿を見つけ雪辱しようとするが相手にすらしてもらえず、主人公が戦うこととなる。敗北後は主人公にすら勝てなかったことで引き下がっていった。

へっ!きたねえ関連項目だ

関連イラスト

フリーザ軍兵


関連タグ

ドラゴンボール フリーザ軍 きたねえ花火だ
転生したらヤムチャだった件:劇中でヤムチャ(に転生した主人公)から「あっ!ビルス様だ!」とベジータに騙し討ちを仕掛け勝利している。

関連記事

親記事

フリーザ軍 ふりーざぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 449

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました