ピクシブ百科事典

魔封波

まふうば

魔封波は、漫画「ドラゴンボール」に登場する必殺技。
目次[非表示]

概要

魔封波は漫画『ドラゴンボール』に登場する必殺技の一つ。
亀仙人鶴仙人の師匠である武泰斗が編み出した、相手を殺さずに容器に封印する特殊技。

密閉出来る容器と「大魔王封じ」と刻印されたお札の使用が絶対条件で、どちらか一つでもないと封印は失敗に終わる。作中では電子ジャー梅干しの壺などが使われた他、特殊なケースとして「大魔王封じ」の文字が直接刻印された小瓶が使われたこともある。

特徴

術者よりも遥かに強い敵でも封じることが出来る強力な技。
だが、その代償として術者の身体への負担は激しく、場合によっては命を落とす事もあり、実際に武泰斗や亀仙人は成否を問わずにピッコロ大魔王相手に使用し命を落としている。

しかし、使用すると必ず死亡するというわけではなく、神様マジュニアに使用した際は神様に憑依されていたシェンを含め特に大きなダメージはなく、天津飯もこの技を会得するための修行中に何度も空撃ちをしている。

これらは漫画版『ドラゴンボール超』での亀仙人の説明によると、術者に一定の体力がないと死亡してしまう為とされている。そして発動する相手によっても体力消費が異なり仮に亀仙人がザマスに発動した場合は封印どころか発動した時点で落命するらしい。その為、アニメ版では悟空やトランクスが体力を消耗した様子はほとんど見られなかった。ただ、漫画版では練習の時は消耗を見せなかった悟空だが、ザマス相手に使用した際には、超サイヤ人ブルーへの変身に支障をきたす程の体力を消費している。

描写を見る限り、習得自体はそれほど難しくなく、天津飯やピッコロ、神様は見よう見まねで練習を重ねて習得し、悟空も亀仙人の指導があったとはいえ一晩で習得している。また、トランクスに至ってはピッコロが使用している所を録画した動画を数分間視聴しただけで実践している。

一方で技自体を成功させるのは非常に難しく、作中では失敗に終わる場面が多く見られた。
その難しいとされる要素は、発動させたり相手を捕らえることではなく、最後に容器に標的を放り込む瞬間。これは気の渦によって高速で回転する敵を小さな的に入れなければならない高度な難易度に加え、魔封波の大きな気の余波で容器が揺れてしまう事に原因がある。その為、術者以外の者が容器を押さえしっかり固定すると成功率は大幅に上がる。

この様に封印までの難易度が少々高いこの技だが、封印を解くのは逆に簡単でお札を剥がし容器の蓋を開けてしまえば誰でも解く事が出来る。またお札の文字が刻印された小瓶の場合は蓋を開けるか、小瓶そのものを破壊することで解放可能。しかし、どんなに強かろうと中から解く事は不可能な為、封印を解くには外からの協力者が必要となる。

また、一度技をかけられると抜け出すのはほぼ不可能だが、『魔封波返し』を習得していると逆に魔封波を跳ね返し相手を封印することが出来る。

使用場面

ピッコロ大魔王編

悟空が地球に来るよりもはるか昔、亀仙人がまだ若くピッコロ大魔王が世界中で暴れまわっていた時代。彼に敗北した武泰斗は山に籠もり修行し、魔封波を発明。若き日の亀仙人の協力もあり彼を電子ジャーに封印することに成功し、それと引き換えに武泰斗は命を落とした。その後、ピッコロ大魔王が入った電子ジャーは亀仙人の手により海深くに消えた。

それから数百年後、ピラフ一味の手によって封印が解かれピッコロ大魔王が復活。亀仙人が再び魔封波で封じ込めようとするが失敗に終わり命を落とした。その後亀仙人達の敵を取るために天津飯も独学で習得し掛けようと試みるが、度重なる練習により電子ジャーにひび割れが入ってしまった為、断念する形となった。アニメでは実際に使用しているが、こちらもピッコロ大魔王をドラムが庇い、ドラムの封印も失敗に終わっている。だが、生命力を大きく消耗していたが辛うじて生き伸びて、ピッコロ大魔王が天津飯に対し、自分を魔封波に捕らえ損ねたせいで僅かに寿命が延びたなという旨の発言をしている。

その後、ピッコロ大魔王は悟空に実力負けし死亡するが、それから三年後、生まれ変わりのマジュニア天下一武道会に出場。マジュニアと命を共有している為、殺すわけにはいかない地球人シェンに扮する神様が使用した。この際、シェン及び神様には特にダメージはなかったようだが、神様はマジュニアの『魔封波返し』で魔封波を跳ね返され逆に封じられることとなった。

“未来”トランクス編

マジュニア戦以降は原作では一切使用されなかったが、ドラゴンボール超で再登場。
不死身で倒せる手段がないザマス対策として、ピッコロが提案し悟空が亀仙人から指南を受け取得している。

しかし、ザマスにタイムマシンごと壺を破壊され悟空本人は使用を断念。だがブルマは諦めておらず、トランクスに頼み接着剤で壺を修復。そして術者は悟空に代わりトランクスとなり、ピッコロの魔封波を録画した動画を視聴し見よう見まねで習得。ブルマの時間稼ぎとマイの協力で不死身のザマスを封じ込める事に成功したが、肝心のお札を悟空が亀ハウスに忘れると言う大失態を犯し壺から脱出されてしまった。

漫画版では壺は破壊されず、悟空本人が魔封波を披露し成功させるも、お札と間違えて亀ハウスにあった割引券を持ってきてしまい封印しきれず、こちらも壺から脱出されてしまっている。

宇宙サバイバル編

同じくドラゴンンボール超で再登場し今度は亀仙人が力の大会で使用。
大会前には「萬國驚天掌」と共に場外負けのルールに適した技として期待されていた。

第4宇宙の札術使いダーコリ相手に使用し封印した小瓶ごと場外に投げ出し勝利した。この際、体に相当の負担がかかっているのではないかとクリリンに予想されたが、当の本人は再開した修行の成果かダメージをあまり見せる様子はなかった。そしてその後も格上の相手である第6宇宙のフロストに狙われた際に使用しているが、こちらはこれまで積み重なったダメージの影響か外してしまい、致命傷ではなかった物のダメージを見せていた。

また、更にフロストと鋼の肉体の持主で超重量級の選手でもあるマゲッタのコンビプレイに苦戦するベジータを救う為、その日三回目の魔封波でマゲッタの封印を試みるも、その間にわざと割って入ったフロストによって即席の『魔封波返し』をかけられ、力を奪われてしまいベジータを封印されてしまった。なおその直後、亀仙人が小型の操作型気弾で瓶を破壊したため、ベジータの封印は解かれている。
一日で三回もの発動という事もあって流石にクリリン達に死を懸念され本人も死を覚悟したが、フロストの『魔封波返し』によって中断されたためか、何とか生き延びている。

なお小瓶の使用については第4宇宙の破壊神キテラ第7宇宙破壊神ビルスとの間でルール違反かどうかで論争が行われたが、全王の「面白いからセーフ」という意見により有効となった。

転生したらヤムチャだった件

公式外伝マンガ。ヤムチャに転生したドラゴンボールファンの学生が使用。
説得に応じない同じくある人物(ネタバレ注意)に転生した敵を封印する際に発動。
いつ習得したのかは不明だが、こちらのヤムチャは元はただのドラゴンボールファンな為、ピッコロ大魔王編以前からその存在を知っていることになる。

舞空闘劇 ピッコロIFストーリー

悟空に倒される前のピッコロ大魔王と同化するためにナメック星に向かいドラゴンボールで蘇ったピッコロ大魔王と同化。
その間に地球の魔人ブウは「善」から「悪」へと姿を変えていた。
自力で完全消滅させる力はないので、最終手段として魔封波を用いて魔人ブウを封印した。
その後、別次元からやって来たゴテンクスのせいで封印は解かれてしまうものの、ゴテンクスと協力して魔人ブウは消滅。ゴテンクスは元の次元へと帰っていった。

ドラゴンボールZ 覚醒編

2周目以降マジュニアを見た後に「そんなようなもんだ」「あいつはピッコロだ」との選択肢が現れ、「あいつはピッコロだ」を選択すると武道会会場の人目に着かない場所で天津飯が魔封波でマジュニアを封印して命を落とす。
この場合はバッドエンドとしてストーリーは終了となる。

ドラゴンボール改 サイヤ人来襲

天津飯が通常の敵に対して魔封波を使用。封印した敵を神の神殿へ持って行くと数によってご褒美が貰える。

使用者

原作

アニメ

特殊ケース

余談

『ドラゴンボールZ 舞空闘劇』ではピッコロ魔人ブウ(邪悪)に対して魔封波を放ち、小瓶に封印し精神と時の部屋に幽閉すると言うIF展開が用意されている。

pixivでは何かか封印される際のパロディとして描かれることが多い。

関連イラスト

亀仙人
魔封波だっ!!


関連タグ

ドラゴンボール DRAGONBALL DB
ピッコロ大魔王編 ピッコロ大魔王 マジュニア
武泰斗 亀仙人 地球の神 天津飯(ドラゴンボール)
電子ジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「魔封波」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215837

コメント