ピクシブ百科事典

オッタ・マゲッタ

おったまげった

オッタ・マゲッタとは、『ドラゴンボール超』の登場人物。

概要

声:龍田直樹

破壊神シャンパ率いる第6宇宙チームの一人。
ロボットのような外見だが、メタルマンと呼ばれる種族の一人である。第7宇宙にもメタルマンがいるのかどうかは不明。言語は話せず、代わりに「シュポー」(おそらくメタルマン語)で話す。好物はマグマ。排泄は、おそらく頭の角から行う。

名前の由来は恐らくおったまげた(マルゲリータや「折った&曲げた」ではないかという声もある)。

破壊神選抜格闘試合では、ベジータと対戦。
スピードの遅さをパワーで補うが頭を組みなおすとパワーとスピードがアップしたり、マグマの唾で攻撃(爆発する火球を吐く「ボルケーノエクスプローション」(ナッパの攻撃とは別物で、『ドラゴンボールヒーローズ』にて命名)や、冷やして固体化することでギャリック砲をも上回るブレスなど)や捕縛、棍棒を生成したり、オナラとマグマの唾を合わせて爆発させたり、ヴァドスが作ったバリアを合わせてベジータを酸欠状態と熱で疲弊させる、超高温の水蒸気など、トリッキーな攻撃を仕掛け、孫悟空に面白い戦い方をすると言わしめた。通常のマグマに耐えるベジータを消耗させ、その気になれば粘性を持たせたり任意で熔岩化させたりなど、マゲッタのマグマは特殊なのかもしれない。また、赤いオーラを放つ状態はさらに強力で、熱風を発する。頑丈で巨大な身体を使った高速回転攻撃も得意。頭の角からは、死角をカバーする蒸気の噴射もできる(『ドラゴンボールフュージョンズ』では、「ハイキーガス」という敵を直接攻撃する技になっている)。『ドラゴンボールヒーローズ』では舞空術と気弾も使用している。

超サイヤ人のベジータのファイナルフラッシュに傷一つつかないなど、悟空も感心する凄まじい防御力を持ち、戦闘ではベジータがダメージを与えた描写は見られなかった。そのため、ピッコロが不死身であるかもしれないと思うほど。
コミックス版ではアニメ版を超える強者として描かれている。超サイヤ人のベジータでも持ち上げられない質量1000tを超える)があり、ベジータがパンチを打ち込むと、ベジータ自身の手が傷つく。
更に力とスピードまで上げられるので、ベジータが接近戦を躊躇するポテンシャルを持つ(これはアニメ版でも共通)。
※しかも、通常の超サイヤ人を鍛えた方が2や3よりも強くなると鳥山明が言及しており、この時のベジータの超サイヤ人状態は2や3よりも上と考えても不思議ではない。

しかし、「このポンコツが!」と言われて激しく動揺。リングアウトで負けた。漫画版では「鉄クズ野郎」と言われて戦闘不能になった。
それもそのはず、メタルマンは非常にメンタルが弱く、悪口を言われるとひどく落ち込んで戦えなくなってしまうという繊細な一面もあり、戦闘後酷く落ち込んでいた。

悟空曰く「超サイヤ人ブルーになればもっと早くで勝てただろう」と言われるがプライドゆえかそれともキャベ戦での力温存かなろうとはしなかった。
一方、ベジータを一度は事実上負かしており(ステージの破片に救われた)、実際での戦闘で、マゲッタと超サイヤ人ブルーではどちらが上なのかは不明。もちろん悪口無しでだが。
ちなみに試合終了後、寝てる外道選手を運んであげたりする優しい一面も。

第6宇宙との野球対決ではボタモと息の合ったコンビネーションを見せた。

ドラゴンボールヒーローズではシャンパフロストとボタモと共にカード化されている。
アビリティ「ガラスの心」はバトル開始時になんと自分のパワーとガードを10000もアップさせる上にきぜつしなくなるというとんでもない性能を持つ。
ただし、2000ダメージ以上受けるか自分が攻撃に当たると効果がなくなるため、速攻型デッキに入れるか1ラウンド目で狙われなかった場合に2ラウンド目一人出しして防ぐという手もありかも。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 金属生命体 アホの子

pixivに投稿された作品 pixivで「オッタ・マゲッタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1165

コメント