ピクシブ百科事典

ボタモ

ぼたも

ボタモとは、『ドラゴンボール超』の登場人物。

声:高戸靖広

概要

破壊神シャンパ編から登場。第6宇宙チームの一人。黄色い太ったのような外見をしたキャラクターで、赤い服を着ている。
名前の由来はボタ餅と思われる。
耐久力が優れており、悟空の攻撃がほぼ通用しないタフさを持っている(アニメでは衝撃を異次元空間に転送しているという設定になっている)が、それが種族特有のものなのか彼の能力なのかは不明。
また、外見に反してスピードが結構速い。口から(漫画では耳から)ビームを放って攻撃することもできる。

破壊神選抜格闘試合では先鋒として悟空と戦う。前述したタフさとスピードで悟空を困らせるが、最終的に正攻法では敵わないと悟った悟空によって体を仰向けにされ、足を掴まれひきずられ、一本背負い投げで場外負けした。
超サイヤ人でもダメージを与えられるかどうか分からないほどだったらしい…。
ちなみにベジータに悪口を言われ落ち込んでるマゲッタを慰めたり、後述の野球大会でマゲッタとコンビネーションプレーをしたりと仲のいい描写がある。

第6、第7宇宙野球大会でも登場。ヤムチャの狼牙風風投球拳に三振してしまうものの、超サイヤ人ブルー悟空のライナーをキャッチしたり、マゲッタと抜群のコンビネーションプレーをしたりと活躍した。
力の大会でもマゲッタに肩車してもらった「ボタマゲッタ」の姿で一時ベジータを翻弄する。しかし暴走したケールの攻撃に巻き込まれ、マゲッタとハグれてしまい悟飯の前に現れた時は単独であった。
今回も打撃を受け付けない体に慢心して余裕をかましていたが、悟飯の猛烈な連打で体を浮き上げられて身動きが取れなくなり、最後の足掻きとして放ったビームも当たらず場外行きとなった。
ベジータの投げを踏ん張るなど弱点の対策はしていたようだが解決は出来ていなかったようだ。

余談だが、彼は第6宇宙チームで最も設定が少ないキャラクターである。故に彼が何者なのか、どのような能力なのかも現状では殆ど分からない。
その外見からファンからはプニキと呼ばれている。鳥山先生、もしかしてこれに参加して…。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超

pixivに投稿された作品 pixivで「ボタモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5089

コメント