ピクシブ百科事典

シャンパ

しゃんぱ

破壊神シャンパとは、アニメ『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。「破壊神シャンパ編」から本格的に登場する。
目次[非表示]

概要

声:岩田光央

TVアニメ・漫画『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。
破壊神シャンパ編から本格的に登場する。

悟空たちの暮らす「第7宇宙」と対となる「第6宇宙」を担当している破壊神で、第7宇宙の破壊神ビルスとは双子の間柄。(どちらが兄か弟か不明)。
付き人にはウイスの姉・ヴァドスを従え、対となる界王神にはフワがいる。

名前の由来はシャンパンから。

人物

容姿

戦うことが大好きなビルスとは異なり、戦闘は面倒くさい為、あまり好まず、それでありながらビルス同様美味しいものが大好きな為、脂肪分の取りすぎで肥えてしまっている。
青のビルスとは対称的にを基調とした古代エジプト風の衣装を身に着けている。

性格

物臭で、わがままが多く、対抗心も強いというビルスと似たような性格をしている。
一方で越然とした傲慢さで神らしい姿を見せるビルスに比べると俗っぽい一面もあり、一般常識に通じ、人間達への義理を通す面や、善人への酷い仕打ちには抵抗を覚えるなどの良識を持っている。

第6宇宙で正義の味方をしているフロストに対して共感を覚え、彼が戦いに勝ったら支援することを約束し、負けたら支援をしないと語るヴァドスに対して「可哀想じゃね?」と答えたり、フロストが悪の本性を露わにしてからも約束は破棄しないなど責任感も強い。
小さな事でも怒ると大声を上げたりとリアクションが大きく、作中ではコメディリリーフ的な存在として描かれることも多い。

ただやはり破壊神というべきか凶暴な面も秘め、第7宇宙との格闘試合では第6宇宙の選手達に対して負けたらただでは済まさないと脅したり、実際に彼ら全員が敗れた際には怒りで彼らを破壊しようとした事もある。

戦闘力

戦闘力はビルスとほぼ互角。
ヴァドス曰くビルスとどちらが強いかは体型を見ればわかるとの事で、シャンパは自分の方が弱いと言われたと思い怒っていた。
ビルスとシャンパの2人の破壊神が戦うと直接戦うと、その力のあまり第6宇宙と第7宇宙、両宇宙共に消滅を免れない為、仲が悪いが戦わないようにしている。

シャンパ自身によると、ヒットの時飛ばしやキャベ超サイヤ人などを加味しても第6宇宙チーム全員を1人で倒せる実力を持つとのこと。実際にシャンパが激怒した際にはキャベ達は恐怖で凍りつき、ヒットも苦悶の表情を浮かべるなど、口だけではない様子が伺える。

漫画版

破壊神ビルス編」から登場。超ドラゴンボールを探し求め第7宇宙で暗躍し、それを第7宇宙の老界王神達に監視されている事に気付くと、界王神界まで乗り込み、口止めをしに来た。

フリーザ復活編」では変わらず第7宇宙で超ドラゴンボールを探し求め、また1つ発見していたが、その際フリーザ軍の残党と鉢合わせし彼らを破壊した。その中の1人「ガラナ」はソルベ率いるフリーザ軍残党のナンバー2であり、彼を失ったのは軍にとっても大きな痛手で、ソルベにフリーザの復活を決意させる出来事となり、間接的ではあるがフリーザ復活の原因を作った。

破壊神シャンパ編」では過去に行われたビルスとの戦いの様子が描かれている。
2人のバースデーケーキの上に乗っていたパフパフの実をビルスが先に全部食べてしまったという理由でシャンパが怒りビルスに襲い掛かった。追跡する気弾でビルスを追い詰めた他、星を一撃で粉々にする蹴りには、さすがのビルスも焦りの表情を見せていた。そのまま2人共、宇宙への影響を考えず特大のエネルギー波を放とうとしたが、ヴァドスに(ビルスはウイスに)止められ、以降はウイスの提案でより美味しい食べ物を見つける食べ物対決を行うようになった。

宇宙サバイバル編」では全破壊神達による全覧試合が開かれることになった際には、ここ何十年も稽古をさぼっていた為、焦っていた。試合の中では、自分と容姿が似ている事からビルスに身代わりにされたり、ラムーシの咆哮で動けなくなど散々な目にあっていた。その後シドラを殴り飛ばしたが最終的にはビルスより早く倒れこみ、大神官が試合を中止させた際には助かったと漏らしていた。

「力の大会」では善悪関係なくとにかく強い戦士をキャベに集めさせた結果、自分の命令を聞かないカリフラに手を焼いていた。第6宇宙の選手が全員脱落した際には、これが第6宇宙の実力だと認め、最後に脱落したカリフラとケールに労いの言葉をかけた。そして「俺がお前に負けた訳じゃねーからな!!勘違いするんじゃねーぞクソ兄弟!!」とビルスに言葉を残し消えていった。

ゲーム

ドラゴンボールゼノバース2

本編には登場せず、DLC第二弾から登場する。
ストーリーでは時空改変により暴走し悟空とヒットの試合に乗り込んできたキャベやフロスト達を本人達が納得しているからと無理矢理な解釈をしビルスにどやされている。

DLC追加ストーリー『∞の歴史編』では、黒幕によって呼び出された「別の歴史のシャンパ」が登場。魔術によって洗脳されているためビルスと主人公に襲い掛かる。
……というのは実は演技で、「全部黒幕のせいにしてビルスをボコろうと思っていた」だけだった。ビルスには「破壊神が洗脳されるわけない」とすぐに見破られており、ひとまず洗脳された振りを続けるということになった(時の界王神が人質に取られているので、黒幕を追い詰めると逆上して彼女を殺しかねないため)。ところがビルスと口喧嘩が始まってしまい、演技を忘れて本気で勝負を挑んできた。

パラレルクエストでは破壊神と天使のダブル兄弟と戦ったりシャンパと地獄巡りをすることが出来る。地獄巡りでは魔術によって強化されたターレスクウラなどと戦い、無言で襲い掛かってくる彼らに少なからず怯えていた。だが流石破壊神と言うべきかプレイヤーと共に撃退している。ただしダメージを受けると怒り出し主人公に文句を言ってくる。ちなみにシャンパ本人は地獄は温泉などがある安らげる場所だと思っていた模様。


ドラゴンボールヒーローズ

ゴッドミッション7弾でURとCPで初登場。
悟空とビルスとの超ユニット技では、協力技のはずなのにビルスを追いかけまわしその時の流れ弾で多数の星を破壊し、敵にまで流れ弾を当ててしまうというユニークながらも恐ろしい姿を見せた。
ゴッドボス
Gdm8弾でゴッドボスとして登場していた。当時は強力な専用アビリティに凶悪性能のゴッドメテオ、熾烈な付き人達の妨害(1ラウンドの牽制にするどい殺気など)により鬼畜ミッションとして君臨していた。SDBHになったため消滅したが、2020年11月7日から11月22日まで復刻ミッションとして再登場した。しかしいざ再登場してみると、技神官によって1ラウンドの牽制であるするどい殺気をすり抜けられ、ヒットの典型的な1キルデッキで瞬殺される始末だった。カードの進化によって難易度が大幅に下がったと言える。さらに、敵チームが3人以上の時にガードが7000以上の敵のガードを無効にする身勝手の極意悟空ゴジータブルーを使い、メテオ対策の逆襲の好機(カウンターラッシュ必須)、3倍フリーズジャコ、必殺技封印アビリティや敵の与えるダメージ軽減系アプリを使い1ラウンド目を凌げば、チャージインパクトを一切押さずにクリアできてしまう。上記の1キルデッキは値段が高いのでこちらがおすすめ。

関連イラスト

シャンパ
ツイッターまとめ


champa & beerus
6



関連動画

ドラゴンボール超 第28話予告 「第6宇宙の破壊神 その名はシャンパ」(2016年1月24日公開)

※東映アニメーション公式YouTubeチャンネルより

関連タグ

ドラゴンボール超 破壊神(ドラゴンボール)
グルメ 破壊神 猫神 猫人 ビルス ウイス ヴァドス

関連記事

親記事

破壊神(ドラゴンボール) どらごんぼーるのはかいしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャンパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1073446

コメント