ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. ドラゴンボール超』の登場人物。本項で解説する。
  2. EDENSZERO』の登場人物。→モスコ=ヴェルサー零
  3. pixiv内のオリジナルキャラクター。四足歩行の黄色い生命体。


概要

宇宙サバイバル編で初登場した第3宇宙破壊神で対となる界王神はエア。付き人の天使はカンパーリ。


巨体ロボットのような姿をしており、電子音でコミュニーケーションをとる。公式サイトによると、人知を超えた知性を持つが、古いロボットであるために喋る事ができないとされている。

その為普段は彼の言葉を理解できるカンパーリに翻訳してもらって他の人物と会話をする。

電子音を鳴らす際には顔にある円形の中心が朱色に点滅する。


彼の管理する第3宇宙は「精神の宇宙」と通称され、モスコと同じくロボットや改造戦士などが多く存在し機械関連の物が充実している。人間レベルのランクは12位中7位であまり高くない。


デザインは漫画版『ドラゴンボール超』を担当するとよたろうによるもの。


正体(ネタバレ注意)

声:岸尾だいすけ


第3宇宙の最後の戦士「アニラーザ」の脱落後、全王による第3宇宙消滅の際に、彼の腹部から赤茶色の肌をしツノが生えた小人「ミュール」が姿を現し天使カンパーリに別れの言葉を告げた。


ミュール「世話になったな。あばよ。

(そう言い残した後、第3宇宙は消滅させられた。)

カンパーリ「最後、出てきたし…。


つまり「破壊神モスコ」という存在は、ただのロボットで実際は中にいた「ミュール」こそが破壊神だったのである。漫画版やゲームなどで戦っている姿を披露しているモスコとは違い、ミュール自身にはそういった場面がない為、戦闘力は不明だがモスコ・ミュール共にしっかりと破壊神専用のコスチュームを身につけており破壊神として認められていた様子。

なお、後のアニメ版最終話で大会MVPに輝いた人造人間17号による超神龍への願いで復活した際にも、台詞は無かったが姿を見せている。


ちなみに彼らの名前の由来はカクテルの一種であるモスコミュールをモスコとミュールで分けたものになっている。


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超

宇宙サバイバル編 破壊神

中の人などいない

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14485

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました