ピクシブ百科事典

目次[非表示]

――ああ。なんて、罪深い。

プロフィール

真名エルキドゥ
クラスランサー
性別なし
身長自由自在•アニメ設定170cm
体重自由自在
出典ギルガメッシュ叙事詩エンキドゥ
地域メソポタミア
属性中立・中庸・天
ILLUST森井しづき
CV小林ゆう(CCCFGO) 高橋伸也(ドラマCD版Zero)
山﨑晶吾


概要

神に作られた人形であり、ギルガメッシュと多くの冒険をこなし、心を得た後、心ごと砕かれ土に還った悲しき兵器。
英雄王ギルガメッシュをして最強の一角と言わしめた、天と地を繋ぐ鎖。

神の最高傑作となるべく作られた被造物であり、自然と調和・一体化する大地の分身でもある、意志持つ神造兵装。魔力を注げば聖杯の真似事をなすことすら可能な、何にでも変形する粘土細工。
神に反乱した『天の楔(くさび)』であるギルガメッシュを縛り、天上に連れ戻す『天の鎖』としての役割を持っていた。

名前の初出は『Fate/staynight』。以降『Fate/strangeFake』他、シリーズ内で存在を言及されるキャラクターとなった。
Fate/GrandOrder』ではサービス開始時からCMやムック本で実装が予告された一人であり、七章タイトルの「天の鎖」等で非常に期待されたサーヴァントであった。しかし…。

奈須きのこ氏はギルガメッシュとの関係性について「この世界における神話において二人が辿る結末は『stay night』でも『Fake』でも同じですが、過程は微妙に違うのです。」としている。

真名

天の鎖


世界最古の物語である「ギルガメッシュ叙事詩」に語られる最古の英雄のひとり。神々の意志により、星の抑止力の力で作り出された兵器。

当初はヒトのような精神や感情を持たず、父も母もない怪物であり、目的としていたのは神から授かった使命のみ。
地上に顕れた後は無数の人間が苦悶する「叫び」のただ中に捨て置かれたが、メソポタミアの神々からすれば、エルキドゥは彼らが自ら作り上げた道具であり兵器であり、自律する演算機構である神造のホムンクルス。

神々はその兵器を最高の物として仕上げようと全霊を注いでいたとも言え、必要な処置としてそのような場所に捨て置いた。
そこで『完全な人間』であるフワワと出会う。エルキドゥが巨大な妖怪じみた泥人形の姿をしていたのは、フワワの『叫び』に身を晒し続けたことが関係している。

その後、ある聖娼と出会ったことで多くの認識を得た。本来持っていた力の大半を失う代わりに知性と理性を得て、「ヒト」となったのである(蜂蜜をまぶしたパンと麦酒を口にして、ようやく人らしくなっていったと王は語っている)。
ヒトとしての形態はその聖娼を尊敬し、模したもの。ギルガメッシュの存在は、彼の幼少期から城塞都市の「呼び声」として認識し、彼の成長を見守っていた。

本来はギルガメッシュを『天の鎖』として天上に連れ戻す筈だったが、ギルガメッシュの慢心(孤独)を諌めるために聖婚の儀を執り行う建物の前で二人は出会う。壮絶な戦いの果てに、互いの力を認め合う。

その際にギルガメッシュは衣服すら作れなくなったエルキドゥの貧相な姿(身体)を見て目を見開き大笑いをして膝を突き倒れて二人は仲良くなり、エルキドゥに出逢えた事でギルガメッシュは改心する。
共に生きるその関係を彼らの中では「友」と呼び、エルキドゥはその“天をも拘束する鎖”を、ギルガメッシュの望み通り、人の為に使う道を選んだ。フワワ(フンババ)の討伐や神獣グガランナとの戦いなど数多くの冒険を二人で行った。
この時の彼(彼女)は「道具である自分は裁定する必要がないから、世界の終りまでギルガメッシュの傍に有り続けられる」と思っていた。

幕間 -共に在るもの- (※キャプション必読)



しかし、大きすぎる力は神の怒りに触れる。

ギルガメッシュの代わりに神から死の呪いを受け、熱病に冒されゆっくりと衰弱する中、エルキドゥは自由意志を持とうとしたことに苦しみ、自らの存在のために完璧な王である彼の矜持を傷つけた事への罪悪感に苛まれる。
慟哭するギルガメッシュに耐えかねたエルキドゥは、「時代と共にとって代わる、ただの道具にすぎない自分を忘れてほしい」とギルガメッシュに懇願して息を引き取る。
肉体に「彼に会いたい、話したい」という強い願いと想いを残しながら。

★


神に作られた人形は、最期は人の感情に溺れもがきながら、深い罪悪感と共に死んでいった。
しかしその価値を薄れさせたくないギルガメッシュは、未来永劫孤独になることを代償に、エルキドゥを人でも道具でもない、「蔵に蓄える財全てと比してもなお尊く眩いもの」……自分のただ1人の友として位置付けることで未来永劫変わることのない、唯一無二で絶対の価値をつけた。
彼(彼女)の存在はギルガメッシュに人生を与え、その死は若き日の王を賢王として完成させる転換点となる。

二人の関係、及び最期のやり取りについては、奈須氏によると「ギルガメッシュにとっては重要な誓約だったが、エルキドゥには呪いのように見えた」とすれ違いが発生しているらしい。
『Fake』の成田氏は「サーヴァントとしての二人は生前の影法師のようなもので、お互いならば殺されても撃ち合いをすることにためらいはない(なぜなら殺し合い程度で2人の仲は切り裂けないから)」としている。

前述のとおり奈須シナリオ・成田シナリオで二人の辿る過程は違うので、微妙なズレが時々見られる(奈須シナリオでは「エルキドゥは幼少期からギルガメッシュを見守っていた」、成田シナリオでは「幼少期のことはシャムハトから聞いた」等)。

また、『Fake』の成田氏が書いたシナリオでは、エルキドゥは未練は全て生前(あちら)で済ませている。別離の悲しみは1人につき一度で充分。と発言。生前の心残りは彼の事だけだったが、カルデアに来てから、新しい心残りが発生してしまったらしく、フワワを助けるための出来る限りの手がかりを座に持ち帰りたいとして活動している。と幕間で書かれている。

彼(彼女)の最期に対するギルガメッシュの反応は、『Zero』と『CCC』でもやや異なる。
これは『Zero』がギルガメッシュ側の回想に対し、『CCC』はエルキドゥの独白という立場の違いがある(双方の視点からだが、結局どちらも号泣している)。

なお、エルキドゥがウルクでギルと共に生きた時間は幕間の「ギルと過ごした千の月夜」発言(比喩の可能性も有り)から三年説と、グガランナが七年間の飢饉をもたらしたことから七年程度とする説がある。

人物

少年と少女、純粋と淫靡、人為と自然、矛盾した印象を併せ持つ人間離れした美しい容姿。幼さを残した顔立ちで、見た目は16歳程度。

白い肌と淡い萌黄色の長髪が特徴。目の色はコロコロ変わるが、基本的には水色に近いうすい青緑色をしている。金色の瞳の時は「兵器」としての完成に近づいた姿であり、意識が遠くなっているという。

会話での一人称は「僕」、モノローグでは「ワタシ」。
基本的に心優しく慈悲深く、相手の話を穏やかに聞く。お人柄もとい"お粘土柄の良い"おっとりとした性格。
全ての生物を「ともだち」だと思い平等に慈しみ、穏やかな口調とたおやかな仕草で、美しい花のようにたたずむ。

しかし戦闘においては決して不戦・不殺主義者ではなく、普段は美しい花のように佇むが、いざ動き出せば内向的・能動的・強気の恐るべきアクティブモンスターとなる。
戦いを楽しまないが、純粋な性能比較としての勝負や正々堂々とした決闘には積極的なタイプ。
本人は否定しているがバトルジャンキーとも言われ、自分から戦いを仕掛ける事はしないものの、相手が戦闘を仕掛けてきたら平和的手段で治めようとせず武力で応えてしまう。

一方で共闘の申し出は受け入れ、更に相手が逃げるまでの盾になる事を申し出る鷹揚さも持つ。戦いによって周囲の生きものを被害に巻き込むことも良しとしない。

死後は自身のことを「兵器」「道具」「システム」として強固に「再定義」しており、マスターに対する物言いもロボットを想起させる機械的な表現をする。
天然で空気が読めないところもあり自覚もある様子。それ故に良からぬ事を考える者の言うことや、歪められた情報も疑いなくあっさりと信じてしまう。

これらも相手のことを理解したいという愚直なまでの真摯さによるものであり、間違っていたり相手の気分を害したとわかれば真剣に謝罪している。
理屈さえ通っていれば話しやすい方であり、理不尽な要求はして来ない。

その人物(あるいは動物)が好ましい性格(博愛精神に満ち、全体主義であり、それでいて自分を第一として考えるもの)であれば心からの敬愛と感心を示し、友人としてこれを支える事を喜びとしている。
人と共に生きる事を選んだ兵器は、生前は「人モドキ」と揶揄される事はあったものの、よく知る人間たちからは「心優しいヒト」にしか見えず「美しい緑の人」として慕われた。
登場する様々な作品内で容姿の美しさに触れられるが、その美しさは担当絵師の森井しづき氏が描写に苦悩し、一時的に現実逃避するほど。


上記の通り、死後、自身は「兵器」「道具」「システム」であって、そうあるべきと自信を強く縛り付けており、人間として生きることはそれを裏切る行為だと考え、たとえマスターであっても一線を引いた対応をする。
マイルームで好きなものを訊くと優しくフラれるとしてマスターから好評(?)。どうやら「特別に好き」の予備がないとのこと。とはいえ普段は優しく、マスターのことも心から心配し敬ってくれる。

機械的な反応は、回想やシドゥリの生前の印象とやや異なるが、後述のとおり死に際に「そうだ。ワタシは兵器だった。道具だった」と強烈に認識したのと関連しているとも考えられる。
子供のように無邪気でいたずら好きな人間らしい一面もあるようだが、その顔を知る者は少ない。

死後は自らを頑なに「道具」であり「システム」であるべきと律し、自分が感情を持つことに否定的でマスターの望みのままに振舞おうとするエルキドゥだが、彼(彼女)にも意思がある。
自己評価が低く、理屈で本心を誤魔化そうとする傾向がある。強気かと思えば内向的で中々の頑固、いつまでも悩み続けるなど、内面は複雑で結構面倒くさい。観察眼の鋭い者には意外に表情豊かに見えるらしい。
良くも悪くも神目線で自我も強いイシュタルとはそりがあわず、イシュタルの依り代からは「ポンコツ」と罵られ、女神からは「ガラクタ」と侮蔑される。

どれほど理不尽な目にあっても世界を恨めないことを、異形な量産型からも憐れまれる。
あくまで自分を「無価値なもの」と卑下している部分があり、その根底には生まれながらに強い自由意志を持つ生命への羨望を抱える。

彼(彼女)の歌う子守唄は天使の歌声のように聞こえるという。綺麗好きで錆や汚れが嫌い。
なお、身に着けている衣はスキル「変容」で作っているので、誰かと同じく全裸っぽい。この白い服に関しては生前ちょっとした騒動があり、ギルガメッシュはそのことも粘土板に詳細に記録して宝物庫に仕舞っているらしい。

ギルガメッシュとの関係

英雄王のことは「ギル」と、人前では「ギルガメッシュ」と呼ぶ。首にかけている楔つきの革紐は、彼が腰につけているものとお揃い。
エルキドゥが常に浮かべる微笑みは「無表情に近い」とも表現されるが、ギルガメッシュに対しては人間味のある表情を浮かべるらしい。

ギルガメッシュが唯一の友に向ける個人的な表情については『CCC』での回想にて、エルキドゥの死に際、他の誰に対してもないほど取り乱し自分を責めるギルガメッシュを見ることができる。
アニメ『絶対魔獣戦線バビロニア』第5話では視聴者が「誰…?」と言いたくなるほどの優しい表情をエルキドゥへ向けていた事が分かり、見てはいけないものを見てしまったの心境を追体験できる。

素で何の計算もなく、理解しがたいギルガメッシュの内面を正確に理解した上で最適解の返答をし、彼から「涼風のような微笑み」を引き出したキレ味を持つ。
一方で「友」の認識はややズレており、例えばギルガメッシュが「後にも先にも友は一人でいい」と考えているのに対し、エルキドゥは「生命は皆ともだち(ただしギルガメッシュが一番)」、自身を無慈悲に使い潰してほしい。とマスターや大地に望むエルキドゥに対し、ギルガメッシュはそれを分かっていたかのように「丁寧に扱ってやれ」とマスターに要求してくる。
とって代わるただの道具である自分が王の矜持を傷つけた事に悩み、彼から「忘れられること」を願ったが、体には「会いたい、話したい」という想いの記憶が残っている。

また、英雄王の「王の財宝から無数の宝具を一斉射撃する」という戦法は、エルキドゥとの決闘で彼(彼女)の弾幕の速さに追いつくために初めて使用されたもの。因みにそれに対するエルキドゥのギルガメッシュへのコメントは「非効率的」と辛辣。しかし実のところ「ワタシの数少ない功績」だと考えている。

ギルガメッシュはセイバーの届かぬ理想を求めて苦悩する姿にエルキドゥの面影を重ねた事で、一時的に彼女に執着した。また『GrandOrder』のセイバーの宝具詠唱は「束ねるは星の息吹」、エルキドゥは「呼び起こすは星の息吹」で始まるなど一部が重複しているが詳細は不明。また並行世界の彼女とは特攻範囲が重複する。

ギルガメッシュの王律鍵を解析するなど思考能力は高く学習は早い。座を通じて並行世界の人格(キングゥの事ではない。キングゥは並行世界のエルキドゥではない。キングゥはエルキドゥではなく別人の魂。)のアップデートがされており、時どき複数の人格を統制しきれていないことを自覚するような発言をする。バレンタインでの台詞では自爆機能があることが発覚した。

また、もう一つのバレンタインではチョコを大切に保管するという発言や、ナーサリーライムとのお茶会では白湯でいいと発言していたり、幕間やバレンタインなどエルキドゥと会話ができるシーンでやたらと食べ物の話は出てくるが、現状ではサーヴァントになってから本人が食べ物を口にしてる描写はない。ちびちゅき7巻の表紙では、キングゥと笑顔でケーキを食べている。

ギルガメッシュを振り回すこともあったようだが、宝物庫のものを用いて彼からからかわれることもあった様子。どうやら、ギルガメッシュの宝物庫を開けて中に入ることができるらしい。
なお、先述したようにエルキドゥ関連の出来事はギルガメッシュ王自ら粘土板に事細かに記録し、宝物庫の中に大事にしまっているという。

性別 

設定のあやふやだった『Fate/Zero』における文章での表記は「男」だが、「元々男でも女でもない泥人形として生まれ落ち、後に聖娼の容姿を真似て人の形になった」という記述があるため、性別に関しては長らくファンの間で意見が分かれていた。
だが、『Fate/EXTRA-CCC』にて「性別はない」設定であることが判明した。
(上記のような変遷を辿った結果、以前は男性とみなされ、男キャラとのカップリング作品に腐向け表記が推奨されていたが、現在では男性ではないと分かっている為、腐向け表記を推奨する必要はない。投稿者の判断に委ねられている。)
FGO』や『Fate/strangeFake』などの小説内や、地の文でも可能な限り性別を断定する表現が避けられており、「彼(と書いてルビが「彼女」)」等の三人称が使用される。

エルキドゥちゃん´・ω・`


「やはり君は僕がいないとダメだね」
エイプリルフール企画(10th本)の『戦車男』では引きこもりギルガメッシュの幼馴染みのごく普通の女の子である。男の娘ではないので注意。
作中では無責任な発言をするギルに辛辣なツッコミを入れるが、友に見られてもバカにされないように優雅なパンツを履く。成田犬のリョウ君を連れている。僕っ娘である(設定画漫画)。

『Grand Order』に登場するにあたり、性別は「無性」と統一されている。
性自認が「男性」の同型機と比べて、そうではないエルキドゥの声は高め。
ゲームシステム上は男性特攻・女性特攻は効かないが、「紳士的な愛」の効果は発動する。男性魅了・女性魅了も効かないが、人型魅了は効く。
バレンタインでは渡す側と、お返し側の両方でプレゼントをやり取りできる。
また、ジェームズ・モリアーティは、彼(彼女)を「エルキドゥ嬢(君)」「彼女/彼」と呼ぶ等、呼称は曖昧。

英語媒体では三人称では単数形の「they」が用いられ、heやsheは使用されない。
成田氏ほか、ライター陣の英語ツイートでは「he/she」という表現が使われている。

バビロニアアニメ11話(小太刀右京さん)でのギルガメッシュには「我を星と呼んだ男」と回想されており、
アニメマテリアルの表情集では 「胸はペッタンコ」「男性っぽくもある女性というカンジで…」と記載がある。

能力

エルキドゥ


たおやかな花のような佇まいからは、想像できないほど苛烈な戦闘能力を持った“意志持つ宝具”である彼(彼女)の戦闘力は、英雄王ギルガメッシュの最盛期のそれにほぼ等しい。
叙事詩に語られるギルガメッシュとの戦いでは、最強の英雄のひとりと目される彼に対して互角の性能を発揮し、Fakeでも開幕早々挨拶代わりに互角な戦いをはじめる。

神々はエルキドゥを作った際にソフトウェアよりハードウェアを重要視した結果、ソフトの入っていないハードをエルキドゥとして作ったのである。つまり、エルキドゥとはハード単体を指す言葉だと本人は分析している。
というと、エルキドゥの人格はその身体に「道」として刻まれる。まっさらな素体に人間らしさを刻まれたのが今の彼(彼女)であり、「座」に登録されているのは魂ではなく肉体であるらしい。

全身がイコール神々の武器にも等しいエルキドゥは、状況に応じて変幻自在に形態を変化させるが、基本は16歳ほどのヒト型。
身体そのものが宝具であり、変幻自在であることから、魔力が注がれれば聖杯の代わり(本人曰く「真似事」)をなすことも可能

また『獣の言葉』を理解できるため、自らのマスターであるキメラと難なく意思疎通が可能。
更に最高クラスの「気配感知」スキルを持ち、遠く離れた場所の水源やサーヴァントの気配を感知できる。
技は「歌」がトリガーとなっている描写が多い。

元々は神によって造られた神造兵装だが、知性を得た代わりにサーヴァントの枠組みで召喚可能な範囲まで弱体化してる。
仮にバーサーカーとして召喚された場合は、理性を得る以前の神にすら届く強大な力を持つ怪物の姿で現界することになる。理性を無くせばギルガメッシュですら勝ち目のない最終兵器となるが、聖杯システムでは事実上召喚不可能とされる。

奈須氏によるステータスはオールAヘラクレスカルナに勝るハイスペックだが、スキル「変容」で筋力をA+に上げると他のステータスが-2される。この特性を活かし、最速の敏捷EX保持者であるセイバー(strangeFake)とも対等に渡り合っている。
奈須氏によると「(変容は)どこかの真祖の姫もこういうえげつない事をやる。」というチート技。「メルブラ」の姫君はとどめの一撃で「星の息吹よ」という言葉を用いながら鎖で攻撃する。
二者の共通点は、星の抑止力が作った決戦兵器であることだが詳細は不明。

ランサークラスにて召喚されているものの、正確には「彼(彼女)自身が神の作り出した宝具」である。定まった形を持たず、どの様な姿にも変形することが出来る。
体を傷つけられても再生能力での復元・回復が可能。他者の蘇生・治療も可能。
彼(彼女)の弱点となるものは「滅びの運命」そのものであり「」や「呪い」には弱い。

怪物だった頃の容姿は漫画版『Fake』にあるが、角の生えた泥人形のような感じである(下図の色は非公式)。

ドゥちゃん



ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
銀狼(仮)-----A++
主人公(FGO)?????A++


保有スキル

対魔力(-)保有スキル「変容」による魔力の値によって上下する。ちなみに、『FGO』ではAランクとなっている。
変容(A)能力値を一定の総合値から状況に応じて振り分け直す、自在人形ゆえの特殊スキル。ランクが高い程総合値が高いが、パラメーターの返還限界は決まっている為すべての数値をAには出来ない。エルキドゥが30の数値を持っていたとすると、パラメーターはそれぞれ(A7 B6 C5 D4 E3)の数値を消費する。また、AからA+に上昇させる際には、2ランク分必要となる。
気配感知(A+→A++)最高クラスの気配感知能力。大地を通じて遠距離の気配を察知することが可能であり、近距離ならば同ランクまでの【気配遮断】を無効化することができる。
完全なる形(A)大地の魔力を利用し、元のカタチに復元する。神代の粘土によって作られたエルキドゥの体は大地からの魔力供給あるかぎり崩れさる事はない。他に類を見ない強力な再生・復元能力。ただし魂は別である。


宝具

人よ、神を繋ぎ止めよう(エヌマ・エリシュ)

FATE LOG


  • ランク:A++→EX
  • 種別:対粛正宝具
  • レンジ:0~999
  • 最大捕捉:1000人

呼び起こすは星の息吹。人と共に歩もう、僕は。故に――
 人と共に地獄を歩みてなお、友という喜びを得たそれは、楽園を謳いあげる

エルキドゥ自身の体を一つの神造兵器と化す能力。ギルガメッシュの宝具と同じ読み。
アラヤやガイアといった抑止力の力を流し込む光の楔となり、膨大なエネルギーを世界が認識できる形に変換して相手を貫く一撃。星、もしくは人類への破壊行為に反応して威力が激増する。

連射効率に優れており、ギルガメッシュの戦法も元はといえばエルキドゥの弾幕の速さに追いつくために思いついたものである。
また、『Fake』ではギルガメッシュよりも後に宝具を展開したにも関わらずそれに追いつき全て撃ち落とす描写がされている。

『Fake』漫画版では「地球に巨大な花を咲かせる」という大規模なエフェクトで破壊力が表現されており、詠唱を「歌」のように響かせている。

Fate/GrandOrder』では、「地面から黄金の楔(『天の鎖』の原型と思われる鎖)を生みだし、それらが一束ねの槍となって流星のように敵に突撃する」という、かなり荘厳かつダイナミックなモーションとなった。
ゲーム中では、カードの種類はBusterで、効果は【敵単体の防御力ダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉&敵単体に超強力な攻撃&〔神性〕特性を持つ場合スタン状態を付与(1ターン)】。
強化後は、防御力ダウンの倍率が増加すると共に【敵単体に超強力な人類の脅威特効攻撃】へ変化する。

民の叡智(エイジ・オブ・バビロン)

  • ランク:不明
  • 種別:不明
  • レンジ:不明
  • 最大捕捉:不明


星に刻まれし傷と栄華、今こそ歌い上げよう

第二宝具。大地そのものを自在に変形させ、操ることができる。
小説『Fate/strangefake』でも使われており、そちらでは大地から槍や剣、弓など千差万別の武具に変形させて活用し、ギルガメッシュの「王の財宝」による無数の攻撃に真っ向から対応してみせた。
FGOの戦闘時に使われる鎖や地面からの光柱(=槍)などはこの宝具によるものであるということが幕間の物語にて語られた。
対応能力に優れ、劇中ではイシュタルの絨毯爆撃を完全に捌ききってみせた程。

???

『Fake』では黒く塗りつぶされた部分があり、まだ詳細が明らかになっていない宝具があると推察される。

経緯

名前の初出は『Fate/staynight』のゲーム内マテリアル。ギルガメッシュが好んで使用する宝具「天の鎖」の真名が「エルキドゥ」だった。この時点で「ギルガメッシュ叙事詩」でギルガメッシュの片割れであり「世界最古のサイドキック(相棒)」とも言われるエンキドゥが型月時空にも存在するとファンから考察されていた。
Fate/hollowataraxia』の作中、『Fate/unlimited codes』の天の鎖使用時にギルガメッシュが天の鎖に対して「友」と呼びかけている。後の奈須氏のコメントから、初期から裏設定の中にエルキドゥの存在はあったらしい(なおファンからは筋骨隆々の男性が妄想されていた)。

その後、『Fate/Zero』におけるギルガメッシュの回想シーンにて初めてセリフありで登場。
アニメでの出番は全てカットされたが、23話のギルガメッシュのセリフでは言及されている(このため、ギルガメッシュの友を言峰だと思う視聴者が続出したという)。
ドラマCDと漫画版8巻には登場している。

ビジュアル初出のコンプティークでは前髪が長いややざんばら髪だったが、メディア展開する過程で徐々に姫カットっぽく髪型が整えられた。まつ毛一本一本が白抜きで表現される等、見た目は幾分引き締まっている様にも感じられどちらとも受け取れる非常に繊細な描き方をされると書かれている。
初期設定ではたぶんこんな感じ↓。

万瘴森羅-フンババ-



Fate/strange Fake』では、ランサーのクラスとして召喚される。
マスターはのような風貌をした、魔術回路を持つ合成獣(キメラ)。マスターと認めた狼型の合成獣を危地から救い、傷ついた彼を介抱するなか、気配感知にて唯一無二の友も聖杯戦争に参加している事を知って圧倒的な歓喜を覚え、歌を唄う。同時に、その歌声を聴いたギルガメッシュもエルキドゥに気づき、王の威厳が揺らぐほどの動揺と感動を覚えて、エルキドゥの元へ向かった。

Fate/EXTRA-CCC』(シナリオ集3巻収録)では、ギルガメッシュの「Secret Garden」に登場。

Fate/GrandOrder』ではサービス開始前には7章に登場すること、開始当初のムック本にてランサーとしての実装が告知されていた。
しかし……

舞台・アニメ化『絶対魔獣戦線バビロニア』にあたって他作品と奈須氏と相談の上、裏設定を取り込み、少々描写が増えている。
また、幕間「神が造り、人が紡ぎ、土に還る」のシナリオは『strangeFake』の成田良悟氏が担当している。

他にも、『アニメUBW』15話や『プリズマ☆イリヤドライ!!』1巻ほか、ギルガメッシュ関連ではそれとなく言及される事が多い。

漫画『Fate/Grand Order 英霊食聞録』の『ウルク飯』では蜂蜜をかけたパンと麦酒が好物で、どうやらよく食べるらしいというのが王の回想で明らかになっている。目を輝かせながら食べ物を頬張るエルキドゥのシーンは必見。

Fate/GrandOrder

配信前のCMやムック本で、実装が予告されたサーヴァントの一騎であった。そして、その第七特異点「絶対魔獣戦線バビロニア-天の鎖-」のとおりのと共に本格参戦が実現した。

クラスはランサー。恒常で、ランクは☆5(SSR)。
スキルを使うと「どこを切り落とそうか」等と物騒なことを言う。ただし、エルキドゥは設定ではオールAであり【変容】で筋力A+になれば他のステが-2される…というシステムであるため、これは「自分のどこのステータスを切り落と(マイナス)して他のステータスにプラスするか」という意味である(つまり物騒)。

第一再臨では髪の毛が短くお揃いの「例の紐」がないため、ギルガメッシュと出逢う前、彼を遠くから見ていた頃の姿であると推察される。第三再臨では光の羽根のようなものが舞う。

バレンタイン



メインシナリオでは特異点へやって来たばかりの主人公達を助ける。だがその後現れたマーリンから、今回舞台となるメソポタミアは、“既にエルキドゥが死に、ギルガメッシュが不老不死の探求の旅を終えた後”の時代である事が明かされ……


シナリオとキャラクターを売りにしたこのゲームにおいて、リリース当初から予告されたサーヴァントの一人であり、章タイトルからも大きな期待を寄せられていた。しかし、実際には新実装の最高レアとして十分な性能や、キャラクターの掘り下げなどのコマーシャル機会を一切与えられないという異例の扱いを受け、いざ配信となってから大きな波紋を呼び「星5最不遇」と囁かれた。

現時点で純粋な彼(彼女)に相見える機会は、わずかにエルキドゥ、イシュタルの幕間とエルキドゥ、新宿のアヴェンジャーでのバレンタインボイス、あとはグッズの描きおろしのみ。
つまり、希少な確率で星5サーヴァントを引き当てるという高いハードルを乗り越えなければならない。エルキドゥのPU機会は少ないため取り損ねないようにしたい。

イベントでは「デスジェイル・サマーエスケイプ」の出演のみとなっている。
後続機の影響もあるのか、監獄を舞台としている同シナリオでは、メイヴの偏見から超A級の危険な知能犯として、地下深くの独房に収監されている。
監獄を去る際、彼(彼女)はゴルゴーンの元を訪れ、女神を戒めから解放する。「僕ではない誰かの想いを大切にしたい」と、エルキドゥというハードウェアの中にいる彼(キングゥ)を尊重した。

また、2020年アイアイエー島では、エネミーとしてエルキドゥが初登場。エネミー名は「漂流者捜索隊Lv.30」、ギルガメッシュは「漂流しているではないか、我──!Lv.100」で参戦。
なお、このエネミーエルキドゥは「疑惑のハチミツ」をドロップする。

CCCに引き続きシナリオでの役割は「過去の人」であり、終章等のわずかな顔見せでは(理由ありとはいえ)人気キャラクターのイシュタルに対する過激な対応が強調され、唯一のイベントシナリオ出演はキングゥのフォローに終わり、エルキドゥ本人の掘り下げは行われない。
このゲームでは召喚で引き当てるしかプレイヤーが出会える機会はなく、あとは他シリーズも含めた情報を集めるしかないためエルキドゥの複雑な内面は理解されづらい

裏を返せば「エルキドゥかと思ったけどエルキドゥじゃなかった」という誰かの心境を何度も察することができる緻密な構成だとも考えられる。やったー。

舞台版のパンフレットでは、奈須氏は7章のエルキドゥを「影の主人公」と語っている。

ゲームでの性能

レベル90のHPは15,300に達する。ATKも10,000を超す。
コマンドカードは「Quick:3/Arts:1/Buster:1」でアサシン型に近く、宝具は「Buster」という珍しい構成。
育てきればトップクラスの高火力・高耐久で、単独での攻撃力と生存能力がずば抜けたサーヴァント。
速攻の超火力が欲しい場面や、対エクストラクラス、1部以降のストーリー攻略で詰みやすいボス戦、高難易度ステージへの適正が高い。神性や「人類の脅威」特攻が効く相手では完封も可能となる。

スキルは、1ターンの間自身のBuster性能とArtsかQuickの“どちらか”の性能がUPする「変容(A)」、敵単体の回避状態の解除とクリティカル発生率が低下(3ターン)する「気配感知(A+)」、自身のHPと弱体状態を回復する「完全なる形(A)」。
特に「完全なる形」のHP回復は、最大10,000ものHPを一瞬で回復することが可能。ただスキル使用後のチャージに最短でも10ターンかかる。
強化クエストで「気配感知」に回避スキルが追加。強化クエストで運用方法が大きく変わるため、解放され次第早急にクリアしたい。
スキルはどれもレベル上げでの伸びが大きいが、1か2→3の順で優先度が高いと言われる。

宝具火力はトップクラスであり、攻撃前に3ターンの防御ダウンが発生し、さらにオーバーチャージで効果が増加するためダメージが伸びやすく、宝具を重ねる価値が大きい。
強敵の多い神性に対しスタンが確定するのも心強い。
宝具火力はトップクラスであり、相性不利のセイバー以外であればクラスや相手の特性関係なしに高火力宝具でのゴリ推しもできる。
相性有利の取りにくいエクストラクラスに対しても関係なく高ダメージを叩き込める希少な戦力。
特攻の範囲が狭いとはいえストーリー攻略に有効な「人類の脅威特攻」も有用である。

最終再臨以降のステータスの伸びが大きいためレベルはMAXまで上げ切りたい。
高性能なArtsが大火力宝具回転のかなめとなるため、運用にあたってはまずArtsにスター集中コードを刻印しておきたい。Artsクリティカルが狙えるのであれば、3枚目に切ることで一気にNPを回収できる。

癖のある性能で「エルキドゥ慣れ」が必要だとされる。扱いが大半のサーヴァントと異なる点に注意されたい。
エルキドゥ以外をサポーターで固め、エルキドゥに優先的にカードを切らせる「疑似単騎」での運用では他の追随を許さない。
QQQチェインで星出し
BQAでAクリさせるか、Aクリ確率が低ければAQQでNP回収
宝具QA ⇒星が出ていれば②へ、いなければ①へ
を繰り返して高火力宝具を回転させ、回避回復で耐久するのが基本スタイルとなる。

また、コマンドコード刻印では次の2点を必ず行っておきたい。
 ○Artsにスター集中(NP獲得用、勝利の兵装など)
 ○弱体解除系(白き器の令印はマナプリズムで交換可)
単騎適正のあるサーヴァントはコマンドコード刻印の恩恵を最大限に受けられるため、他はNP補充や弱体解除・敵の強化解除など、有事に付け替えられるようにしておくことが望ましい。
礼装はNP獲得量UP効果のあるものを装備したい。

サポーターとしてはマーリンとの耐久、アルトリア・キャスターのAバフや人類の脅威特攻の重ね掛け、BB(水着)のAカード固定スキルを使えば宝具連射も可能。
アンデルセン風魔小太郎シェイクスピアら低レアサポーターのスキルを使用し、陳宮らの宝具やターゲット集中で早々に落ちてもらうのも戦法の一つだろう。

基本的に周回適正はないとされるが、素材「禁断の頁」集めに必要な新宿二丁目周回では高HPエネミーを自バフのみの宝具で一撃死させることが可能であるなど、ワンパン火力が必要な場面では重宝する。
単騎で何ターンでも戦い続けられるため、全滅寸前から一人で逆転まで立て直すことも可能。


キャラクターを売りにしたこのコンテンツにおいて、性能でもシナリオでも「雑さ」が目立つ扱いとなり、厳しい立場に立たされたサーヴァントでもある。
プレイヤーからは、設定上の破壊力と汎用性がゲーム性能に反映されていないことや、シナリオ上の不遇で大きな波紋を呼んだ。
後に強化で改善されてきたとは言え設定との乖離が大きく、シナリオでのまともな出番は未だない。

まず性能では、Quick3枚にBuster宝具という偏ったコマンド構成
カードはQuick偏重、宝具はBuster、立ち回りはArts中心というとっ散らかった構成は、この時点でかなり扱いづらいと言わざるを得ず、意図を測りかねるものがある。このカード構成のサーヴァントは数えるほどしかいないが、攻撃力が低い・NPを貯めにくい・チェインを組みにくい・サポーターの補助が難しいという弱点を抱え、エルキドゥはこれらのサーヴァントに多いNPチャージ関連のスキルも持たない。
それでもQuickのカード性能が良ければ問題ないが、エルキドゥのQuickはNP効率が低く抑えられており、NP獲得を1枚しかないArtsに依存する。NP付与スキルを持つサポーターとの噛み合わせも悪いため、Artsにスターが集まらない限りNP獲得に期待できない。
また、Quickはhit数が多いが、ランサークラスは元々のスター発生率が低く、多くのアサシンが持っている気配遮断や騎乗等のクラススキルも持っていないため、Qチェインをしない限りスターが発生しづらい。
また、通常攻撃の威力が低く、ランサークラスのスター集中度も低い。クリティカルアタッカーとしての運用はできず、与ダメージを宝具に依存する。
結果、Quickを3枚も保有しているにも関わらず、性能の良くないQuick3枚を捨てて、1枚しかないArtsやBusterを使わざるを得なくなる。

更に問題なのが、Quick3枚を持ちながらBuster宝具である点。仮にQuick宝具であったのならば、礼装やサポーターなどのユーザーの工夫でQuick性能を補う事もできたが、エルキドゥはBuster宝具であるためそれすら難しい。また、耐久戦にBuster宝具は不向きである。
これは、時期的にジャックら高性能Qを多く持たせたサーヴァントらに配慮しすぎ、エルキドゥに性能の良くないQuickを3枚も持たせた上で、それと一致しないBuster宝具にしたのではないかと推測される。いわばとばっちりと言える。
宝具も神性相手でないとスタンが発生しない点も、そもそも「天の鎖(エルキドゥ)」の設定は原作SNから存在したものであり、神性が高いほど拘束力が高まるとはいえ別に効果は神性に限ったものではない。ところが、スタン対象範囲も特攻範囲もエルキドゥより広いスカサハを同クラスに実装してしまった。
攻防面共に汎用性の高いブリュンヒルデや、広い特攻範囲でクラススキルとカード性能に恵まれたランサー玉藻の前など、他の星5単体ランサー勢がキレイにまとまった性能をしている。ランサークラスは星4以下でも優秀なサーヴァントが多く、NPチャージ持ちも多いため、比較されるとどうしても見劣りを感じてしまうのが辛い。
これらのため、エルキドゥはプレイヤーから「他サーヴァントの下位互換にもならない」と酷評された。すり抜けでヘイトを買いやすく「ハズレ」など公然と批判されるなど、エルキドゥへの風当たりは冷たいものがあった。

また、サービス開始時のムック本では、詳細不明の「固有クラススキル」を含めた3つのクラススキルを持つとされていたが、実装時には「対魔力」1つだけに減らされた。

4年後に実装された幕間で「人類の脅威」の特性を持つエネミーに対して特攻能力を得たが、この特性を持つサーヴァントが非常に少なく、1部で活かされる機会はあまり無い。ただ宝具火力は上がっており、武蔵ちゃんには抜かれるまでは特攻なしでは全サーヴァント中最高の火力を秘めるようになっていた。ただ、この長所となる宝具火力も、大多数のユーザーにあわせ敵HPの最大HPが減らされがちな現環境においては過剰気味であり、発揮する機会もなく持ち腐れとなっている。

ただ、この「人類の脅威」特攻もアルトリア・キャスター実装によって希少価値のあるものではなくなった。いわゆる「ダブルキャストリア」の支援を受けたArts宝具サーヴァント達は、Aバフ50%+特攻50%×2=200%のバフ、つまりエルキドゥの特攻と同倍率のバフを受けられてしまう。

スキルも実際に運用する上で欠点が目立つ。
「変容」は1Tのランダムバフとなっており、同率確定バフのうえに複数の追加効果に恵まれた上位互換スキルも多い。トップクラスの万能性を持つ設定との乖離も激しい。配られていないカードにバフがかかると悲しい。
「気配感知」は、当初は「敵単体のクリ発生率ダウン&回避解除」のみという、星5のスキルか…これが?とささやかれるのであった。もちろん最高クラスの精度を持つ設定とはかけ離れたものである。
「完全なる形」の回復量は多いがCTが長すぎ、戦闘中は1回使うくらいで実用性が薄く、それならば令呪で事足りてしまう。原作では自分のみならず味方の蘇生や回復までも可能なスキルである。

また、NPリチャージの難しいBuster宝具でありながらNPチャージスキルを持たず、原作では「弾幕」と称されギルガメッシュの戦法を変えさせた逸話を持ち、ギルガメッシュの後に宝具を放ってもそれに追いつく描写もある、設定上の「宝具連射効率」は再現されていない
CランクですらNP50%チャージが可能な「動物会話」も持たされなかったため、設定がゲームでの実用性と噛み合っているとは言い難い。

単騎運用では弱点をカバーすることもできるが、単騎運用向けというよりは単騎運用にせざるを得なかったというのが正確であり、扱いづらさは常に付きまとう。何よりエルキドゥは最初から望まれてそうなったのではない。
また、耐久型サーヴァントとしては必須の回避もガッツも初期は持たないため、超回復を使う前に敵の宝具で沈むという致命的欠陥を抱えた。
絆礼装と回避が後付けされた経緯を考えれば、運営が当初から単騎運用を想定していた訳ではないのは明白である。

このように、エルキドゥは設定的には汎用性と破壊力、宝具連射効率が特徴のサーヴァントなのだが、ゲーム性能はむしろ逆を行ってすらいる
原作のエルキドゥの言葉を引用するなら、このゲーム上の性能こそ「非効率的」と言うべきものかもしれない。

加えて、シナリオでも出番がなく、新実装の最高レアキャラクターとして十分な掘り下げの機会も与えられなかった
前述のとおり、(理由ありとはいえ)イシュタルなど人気キャラクターへの厳しい対応など、FGOでは過激な側面のみが強調されがちであり、数少ないイベントでの役割もキングゥのフォローに終わっている。主にFGOから参入したプレイヤーからの同情や共感を得られず、エルキドゥの持つバックグラウンドや複雑な内面は理解され難かった。
ファンからもキャラ愛故に擁護され、キャラ愛故に嘆かれ、実装時の混乱はこのゲームの全キャラクターの中でも激しいものだった。


性能を見る層からも「コンセプトが行方不明」「シナリオ・性能共に不遇だとしてもある程度はガチャが回るだろうという甘い思惑から、意図的に性能を下げられたのではないか」「テストプレイ不足による調整ミスか、あえて性能を落としたのであってもやりすぎた」「景品表示法違反?」という手厳しい批評も上がった。
サービス開始時から予告された実際との落差が大きく、運営側もエルキドゥの強化要望が多いことを認識していたにも関わらず「他人事」ともとれる発言をしたこともあり、エルキドゥの置かれた厳しい状況に向き合う姿勢が見えなかったことも波紋を大きくした。


このようなちょっぴりつらい歴史を経て、何とかしてエルキドゥを「有効に使いたい」と願ったマスターたちによってエルキドゥの運用方法は編み出されたのである。

前日のとおり扱いには慣れが必要だが、ワンパン火力が欲しい場合や、1部以降の高難易度ステージでの適正は高い。
1部以降の詰みやすい高難易度ステージ(神性、フォーリナー、オリュンポス、デメテル、アフロディーテ、コヤンスカヤ、リンボなど、2部マスターにとっていわゆるトラウマボス)で全滅寸前からでも一人で逆転が可能な数少ないサーヴァントである。

関連人物

生前

ギルガメッシュ
はじめは彼を諌めて正す為に戦いを挑み、対決の末に互いを認め合った後は、世界の終わりまで道具として傍に在り続ける事を誓った相手。
自分を『道具』とするエルキドゥにギルガメッシュが与えた言葉は、彼(彼女)に本当の意味で自我を芽生えさせた。
エルキドゥ自身は世界の全ての人を「ともだち」だと思っているが、彼については心の内側まで全て曝け出しても良いと思っている。
ギルガメッシュにとってはセイバーにエルキドゥの面影を追い、また征服王の誘いを断る原因にもなった。

「Fake」シナリオの成田氏が書いた幕間でのエルキドゥは「たまに会えば長く言葉を交わすけど、毎回積極的に会って話すと言う事は少ないね。お互いを理解するのに言葉は重要じゃないんだ。ただいるだけで充分」と話している。

関係性についてはイシュタルをイラつかせるほど「面倒臭いに尽きる。お互い何も思う所がない訳でもないが(というかありすぎて)微妙な関係が続いている。
エルキドゥを前にするとギルガメッシュは王であることを忘れてしまうし、エルキドゥが友達を作ろうとするとギルガメッシュが「試してやる」というていで無理難題をふっかけて追い払ってしまうらしく(実際、『strange Fake』では「(エルキドゥと)仲良くなった」とリチャードが口にした途端、身に纏う空気を裁定モードに切り変え、彼に「俺死ぬ流れじゃないか?」と思わせた。


シドゥリ
ウルク市の祭祀長であり、ギルガメッシュの補佐官。
暴君だった王を改心させたエルキドゥにウルクの民と共に感謝し、エルキドゥの存在で王の「人生」が変わっていくのを補佐官として見守っていた。
自らを道具と律するエルキドゥだが、「心優しいヒト」にしか見えなかったという。

イシュタル
親友に何度も求婚し、自身の死の原因ともなった女神。エルキドゥが唯一嫌う相手。
彼女に対する態度はすこぶる塩対応だが、一応そうしても仕方のない事はされているとのこと。
ウルクを7年間もの飢饉に陥らせた「聖牛グガランナ」を返り討ちにし、イシュタルが怒りに任せてギルガメッシュを呪おうとした時、そこら辺にあったものを投げつけたことがある。
そのせいなのか、サーヴァント化した後も彼女と出会うとものを投げつけると決めているらしい。
その一方で、性格の根源は同じなのにイシュタルの性格を善性寄りにした依り代は尊重している。
良くも悪くも自我が強く神目線のイシュタルとはそりが全くあわず、依り代からは「ポンコツ」と罵られ、女神からは「ガラクタ」と侮蔑されている。
エルキドゥ幕間では案外深くエルキドゥを洞察している事がわかるが、その上で頑なに感情を否定するエルキドゥが嫌いと宣言している。

エレシュキガル
冥界の女主人。冥府下りの際、彼女に対して相応の礼を以て接した。
「冥界でも咲く花」を探しては失敗し、申し訳なさそうにしてたという。
エルキドゥの死後、その遺体を引き取り冥界に埋葬した。

シャムハト
男女の垣根を越えた美しさを持つ聖娼。
(CCCではアヌ神によってあてがわれたと説明されている。)
性別すらなかった泥の塊は、出会って一目見てその美しさに心を奪われ、六日七晩、共に過ごすうちに聖娼を真似るように徐々に己の姿を人間へと近づけながら、己にも聖娼としての美しさを宿して彼女の容姿に模した事で、多くの力を失い、入れ替わりに人としての理性と知恵を手に入れて、エルキドゥはヒトの姿になった。
エルキドゥにとって教師のような存在。(CCCで説明されている。)


フワワ
かつてエルキドゥが聖娼シャムハトからヒトの姿を学ぶ以前に友誼を結んだ、レバノン杉の神域『黒杉森』の番人。至高神エンリルによって鋳造されしもう一体の神造兵装にして、英雄王さえ怖気を振るったと言われている怪物。

彼女達にとってエルキドゥは花みたいな存在だったとされ、寂しさから救ってくれた事や友達になってくれた事に感謝していた。エルキドゥにとっても最初の友だちであり、親のような存在だったそうだ。
そして、彼女達を殺害(停止)しようと戦った当時のエルキドゥは”あの”英雄王が静止を呼びかけるほど『キレていた』。加えて彼に止められたとき、自分のシステムに歪みが生じていることに気付いた。

EXTRA-CCC

主人公
主人公がギルガメッシュと契約する前に契約していたサーヴァントは「バーサーカー」のクラスであった事以外不明なままであるが、ギルガメッシュをサーヴァントとして選んだ時に夢を通じて接触、友への問いを主人公に託したとする説がある。
ギルガメッシュはバーサーカーに対して「貴様が消えた後に何処かへ去っていった薄情者」と恨み事めいた言葉を漏らしている。

エルキドゥは幕間で宇宙旅行には行けない理由を「星と共に生きるシステム」という役割があるからとしており、イシュタルは「本当に素直じゃない」と指摘した。

Grand Order

ギルガメッシュ(キャスター)
自分が亡くなった後のギルガメッシュに対しても遠慮しているが、過労気味の彼を心配して度々「休め休め」と言っているらしく、何だかんだで交流はある様子。
エルキドゥの死をもって人の王として完成したギルガメッシュは「話す自由を失った」としてあえて距離を置こうとしているらしい。

ギルガメッシュは表面上は冷たく扱いながらも、エルキドゥが望めば冥界だろうが座からだろうが出てくるらしいが、エルキドゥは「きっと彼と一緒にいたら、また彼を冒険に連れ出してしまうだろう」と言って会おうとしない。
旧知のイシュタルが「アンタ(ギルガメッシュ)らしくない顔」と言う表情を軽々しく見ることはできないものなのかもしれない。
アニメでエルキドゥのユメを見ている姿が描かれている。

フランケンシュタインブリュンヒルデ加藤段蔵哪吒
自身と同じく作られし者たち。ただエルキドゥ本人はそれだけでは無関心で、共感のそぶりもない。ただ、フランには時々話しかけることがあるらしい。

新宿のアーチャーナーサリー・ライムメフィストフェレス
上記のメンバーとは一転して興味を抱き、幕間の物語では一度話をしてみたいと自分の足で招集を掛けている。上記のメンバーとの違いはその存在を「人に願われた」もの、つまり「虚構の物語」由来のサーヴァントであること。
特にアラフィフはエルキドゥにあれこれ吹き込み、何かを画策しているらしい。

ポール・バニヤン
上記のメンバー同様その存在を「願われた」もの。招集時には出会えなかったが、機会があったら話してみたいとのこと。

モードレッド
新宿のアーチャーから聞いた偏った情報をそのまま伝え、モードレッドの地雷を、それはそれは見事に踏んだ。さすがウルクのキレる斧……。緑の美人。
何やかんやあって彼(彼女)と友達になる。以降エルキドゥを「生モヤシ」と呼ぶようになるが、共闘する時だけ「ランサー」と呼ぶ(間接的にアサシンが「加熱後モヤシ」であることが判明した)。

新宿のアヴェンジャー
人間嫌いの狼が心を開く数少ない相手となる。彼に言わせるとナーサリーとエルキドゥは「紙と泥」。

その他

・アニメ版の第七特異点5話でギルガメッシュと相対した際にエルキドゥの肉体の記憶がフラッシュバックしてキングゥは狙いを外してしまうが、これについて「本物(エルキドゥ)だったら当ててた」というコメントが一部から寄せられた。
エルキドゥには戦闘において他人に迷惑がかからないように砂漠に移動して戦闘を開始する理性がある。「人と歩む」と自身を定義しているエルキドゥに「本当に当てさせる」のであれば、エルキドゥを理性を持たない泥人形状態にまで戻す必要がある。

・マテリアルなどでは、元ネタの原典である叙事詩のギルガメシュのモデルとなったギルガメシュが実在した可能性があるため、ギルガメッシュの出典が「メソポタミア文明、ギルガメシュ叙事詩」であるのに対し、エルキドゥは、元ネタの原典のエンキドゥが実在したという説はないため出典が「ギルガメシュ叙事詩」のみ表記となっている。

関連イラスト

エルキドゥ
エルキドゥ


moon
エルキドゥ


きゅぴ~~~〜ん☆
エルキドゥ



関連タグ

Fateシリーズ ランサー(Fate) サーヴァント
Fate/Zero 戦車男 Fate/strangeFake Fate/EXTRA-CCC Fate/GrandOrder
兵器 神器 天の鎖 緑髪 美人  無性

美しい緑の人…優れたエルキドゥのイラストにつけられる評価タグのようだ

桜エルキドゥ
メソポタミア最強コンビ
???

外部リンク

型月wikihttps://typemoon.wiki.cre.jp/wiki/エルキドゥ

関連記事

親記事

ランサー(Fate) らんさー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルキドゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64514084

コメント