ピクシブ百科事典

メソポタミア最強夫婦

めそぽたみあさいきょうふうふ

Fateシリーズの、ギルガメッシュとエルキドゥのコンビタグ名。
目次[非表示]

概要

古代メソポタミアの文学作品『ギルガメシュ叙事詩』において、唯一無二の朋友同士として記されていることに由来する。
原典での時空系列およびFate世界での設定上、主に『英雄王』と呼ばれるアーチャークラスのギルガメッシュとエルキドゥのコンビを指す言葉として使われることが多いが、FGO以降は『賢王』と呼ばれるキャスタークラスのギルガメッシュ、またはギルガメッシュが若返った姿である子ギルとのコンビ作品にも使用されている。

元はまほうつかいの箱のコンビ投票にて、公式に採用されたコメントの中にあったことで広まった呼称。

Zeroのみでの文章では、男と表記されていて(ZeroのドラマCDではCVが男性声優)
戦車男ではエルキドゥが女性。後に公式の設定でエルキドゥの性別は無い事が明らかになった。
(エルキドゥのCVも女性声優に変更。)

ただ、「夫婦」とつけることに抵抗や羞恥心がある人が存在するため、コンビタグが新たに用意されている。→メソポタミア最強コンビ
定義がゆるいため、カップリング要素の無い作品につけられる事もあるが、取扱いには一応注意。
昨今だとカップリング表現だと「ギルエル」または「エルギル」のタグがつけられることもある。
また、pixivにおける夫婦とは必ずしもカップリング目的とは限らないため、そちらに関しては夫婦参照。(ただし一般的には夫婦とは婚姻関係を指すものである)

なお、2009年のTYPE-MOONエース付録では、夫ギルガメッシュ、妻エルキドゥ、子ティーネ、ペット銀狼が家族のようになり四畳半に住む公式家族パロイラストが存在する。
ネタとしてはこれが一番古いことになるが、まほうつかいの箱の投稿者もそれを採用した公式もそれを踏まえていたのかは最早定かではない。

また、エルキドゥはCCCで「」に例えられ、以降のFGOでの扱いといい一見ギャグのようだが、れっきとしたギルガメシュ叙事詩元ネタ。叙事詩ではがっつりしっかりこいつら××したんだ!!というシーンでこの表現が出てくる。意味まで深堀りすると更に言い逃れできなくなる。
みんなも調べてみよう。

原典では夫婦に例えられることもある。古代人(&その研究者)が強火。

関連イラスト

英雄王

メソポタミア
{fate}++ G & E ++


賢王

センシティブな作品
FGO始めました


子ギル

ギルエルkiss X3
傍にいたいよ


ギルガメッシュ達

Enuma Elish
Happy New Year!!



関連タグ

Fate/staynight Fate/Zero 戦車男 Fate/extra ccc
Fate/strangefake Fate/GrandOrder
ギルガメッシュ(Fate) ギルガメッシュ(キャスター)
子ギル エルキドゥ
メソポタミア最強コンビ 
熱砂の語らい:二人が描かれている概念礼装
ギルエル
術ギルエル

関連記事

親記事

Fateシリーズのコンビ・グループ・カップリング一覧 ふぇいとしりーずのこんびぐるーぷかっぷりんぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メソポタミア最強夫婦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12793629

コメント