ピクシブ百科事典

アヤカ・サジョウ

あやかさじょう

アヤカ・サジョウとは、書籍「Fate/strange Fake」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

私を殺してもいい、呪ってもいい。きっとあなたには、その権利がある。
私はあなたが怖い、だけど..... 今は、セイバーから逃げ出す方が怖い

概要

Fate/strange Fake」に登場する主人公のひとり。
白い女の指示で「偽りの聖杯戦争」へと参加することになった少女。
劇場で魔術師に捕まり殺されそうになっていたところを、偶然が重なりセイバーの召喚に立ち会う。彼の問いを拒絶したものの、意図せず魔力パスが繋がってしまったため、「保護」という形でセイバーと行動を共にする。

略歴

日本からスノーフィールド市へやってきた旅行者。10代後半ほどの背格好の、眼鏡をかけた女性。染めているのか髪は金髪で右手・右肩・背中・左肩・左手に令呪を持つ。日本の冬木市出身で、国内であることから逃亡を続けていたが、故郷でフィリアから5つの令呪と呪いを押し付けられたことをきっかけに渡米する。スノーフィールドに入ってすぐカーシュラによって拘束されてしまうが、その状況のまま聖杯戦争1日目にセイバーと邂逅してしまう。エレベーターに乗ることを極度に恐れており、またそれに付随する「赤ずきんをかぶった少女」の幻影に苦しんでいる。

一見すると髪の色を除けば沙条綾香に瓜二つだが、この世界の綾香はルーマニアに滞在していることがロード・エルメロイⅡ世によって確認されており、アヤカが何者かは現状では不明となっている。

人物

一人称は私。綾香と同じ制服を身に纏い、容姿、性格ともに彼女とそっくりだが、アヤカの髪は金に染まっており、口調も彼女より強気。過去のある体験によって強い罪悪感を持っており、自分には護られる価値などないと感じている。不器用。本来は人に懐かないはずのエルキドゥマスターである銀狼に妙に懐かれている。

魔術回路を持ち魔術の存在は知っているが、「魔術」と「魔法」の違いを知らない。
またセイバーとは偶発的に魔力供給パスが繋がっているものの、正式なマスターではない事からステータスやスキル、果ては人間と英霊の区別すら付かない。そもそも他者の魔力を感知するすべを持っていない可能性もある。
 
「余程疲れていたのか眼鏡を外さずに寝ている」と本編で態々描写されていることから、綾香と同じく眼鏡を外すと容姿や性格が変わる変身キャラである可能性が高い。
 
好奇心旺盛で自分の欲求に素直なセイバーに振り回されているものの、彼の足手まといにはなりたくないと思っている。
そのため、巻き込まれただけの自分が彼のマスターになるべきではないとも考えていたが、真キャスターとの邂逅をきっかけに願いを見つけたセイバーからの申し出を受け、出会って3日目にして正式に契約を結ぶ。

能力

前述したように魔術には疎いが、魔力の供給能力は異常と言えるほど高い。
セイバーが宝具を連発しても肌がピリピリする程度で済み、一時的にではあるが第二宝具のセイバーの従者達5名を実体化させる(並行して恐らく偽アサシンの魔力もセイバー経由で肩代わりしてる)等、並の魔術師でもあり得ないような魔力量を保持している。

関連事項

Fate/strangeFake 沙条綾香 主人公 金髪 眼鏡 ツンデレ
セイアヤ リチャアヤ

関連記事

親記事

Fate/strangefake ふぇいとすとれんじふぇいく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アヤカ・サジョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55157

コメント