2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

私を殺してもいい、呪ってもいい。きっとあなたには、その権利がある。
私はあなたが怖い、だけど..... 今は、セイバーから逃げ出す方が怖い

概要

Fate/strange Fake」に登場する主人公のひとり。
白い女の指示で「偽りの聖杯戦争」へと参加することになった少女。
劇場で魔術師に捕まり殺されそうになっていたところを、偶然が重なりセイバーの召喚に立ち会う。彼の問いを拒絶したものの、意図せず魔力パスが繋がってしまったため、「保護」という形でセイバーと行動を共にする。

略歴

日本からスノーフィールド市へやってきた旅行者。10代後半ほどの背格好の、眼鏡をかけた女性。染めているのか髪は金髪で右手・右肩・背中・左肩・左手に令呪を持つ。日本の冬木市出身で、国内であることから逃亡を続けていたが、故郷でフィリアから5つの令呪と呪いを押し付けられたことをきっかけに渡米する。スノーフィールドに入ってすぐカーシュラによって拘束されてしまうが、その状況のまま聖杯戦争1日目にセイバーと邂逅してしまう。エレベーターに乗ることを極度に恐れており、またそれに付随する「赤ずきんをかぶった少女」の幻影に苦しんでいる。

一見すると髪の色を除けば『Fate/Prototype』の主人公沙条綾香に瓜二つだが、この世界の綾香はルーマニアに滞在していることがロード・エルメロイⅡ世によって確認されており、アヤカが何者かは現状では不明となっている。

綾香は『prototype』ではオリジナルの聖剣を持つ騎士王のマスターだったのに対して、彼女はそれを模倣した宝具を持つセイバーのマスターとなっているが、この関係は意図したものであるかは不明。

人物

一人称は私。綾香と同じ制服を身に纏い、容姿、性格ともに彼女とそっくりだが、アヤカの髪は金に染まっており、口調も彼女より強気。過去のある体験によって強い罪悪感を持っており、自分には護られる価値などないと感じている。不器用。本来は人に懐かないはずのエルキドゥマスターである銀狼に妙に懐かれている。

魔術回路を持ち魔術の存在は知っているが、「魔術」と「魔法」の違いを知らない。
またセイバーとは偶発的に魔力供給パスが繋がっているものの、正式なマスターではない事からステータスやスキル、果ては人間と英霊の区別すら付かない。そもそも他者の魔力を感知するすべを持っていない可能性もある。
 
「余程疲れていたのか眼鏡を外さずに寝ている」と本編で態々描写されていることから、綾香と同じく眼鏡を外すと容姿や性格が変わる変身キャラである可能性が高い。
 
好奇心旺盛で自分の欲求に素直なセイバーに振り回されているものの、彼の足手まといにはなりたくないと思っている。
そのため、巻き込まれただけの自分が彼のマスターになるべきではないとも考えていたが、真キャスターとの邂逅をきっかけに願いを見つけたセイバーからの申し出を受け、出会って3日目にして正式に契約を結ぶ。

能力

前述したように魔術には疎いが、魔力の供給能力は異常と言えるほど高い。
セイバーが宝具を連発しても肌がピリピリする程度で済み、一時的にではあるが第二宝具のセイバーの従者達5名を実体化させる(並行して恐らく偽アサシンの魔力もセイバー経由で肩代わりしてる)等、並の魔術師でもあり得ないような魔力量を保持している。

余談

経歴の元ネタ

彼女の語る「赤ずきん」とはFateシリーズ第2作『Fate/hollowataraxia』冒頭の怪談が元ネタ。
新都玄木坂四番地に建つ蝉名マンションにて20代学生のA氏が一家心中に巻き込まれたと思しき、隣人の3歳ぐらいの少女が赤い外套姿(赤ずきん)で毎晩訪問してくるというもの。そしてしまいにはA氏は行方不明になってしまったというオチ。
エレベーターはその怪談中で少女の血痕が途絶えた場所とされ、遺体も見つかっていない。
氷室鐘の口から実際に起こった事件だと明言されている。

PVもこの怪談話が導入になっている他、「玄木坂の工房の残滓か」というワードが確認でき、魔術師絡みの事件であると推測されるが…。

『hollow』本編では単なる与太話でしかなかったのだが、『Fake』ではモロに本編に絡んでいるらしく、「A氏」というイニシャルがアヤカと一致するなどの点から関連性が窺えるものの、いくつか矛盾点もあり、アヤカは女であるのに対してA氏は作中で「青年」と明言されている点などである(声も男性声優が当てている)。

余談だが、赤い外套は型月において抑止力がらみで登場する服装でもある。
代表的な例で言えば、初代アーチャーや英霊もどきのアサシンが該当し、『魔法使いの夜』でも蒼崎青子の前にも抑止力と思しき「赤い影」が登場している。

元になったキャラクター

三つ目に元ネタになったキャラクターは2008年に成田良悟氏がエイプリルフール企画として発表した『Fake/states night』(のちのFakeの原型)の「プレイヤー」だと思われる。
セイバーの穴を埋める英霊を使役するスノーフィールドの聖杯戦争参加者という共通点を持つ。
ただし、本編とは異なり、サーヴァントは十数種類の中から五柱を30分だけ召喚できるという設定。判明しているサーヴァントはスキュレー董白ペルセウスイアソンスカサハヒュドラとなっている。
複数サーヴァント使役は形を変えて相棒のセイバーに受け継がれ、個別に限られた数のサーヴァントを短時間だけ召喚するという特徴は後に『Fate/Grandorder』の主人公が実現している。

また、エイプリルフール版で名前が挙がったサーヴァントのいくつかは後に公式に設定されてシリーズに登場しているものもある。イアソン、スカサハ、ペルセウスが該当し、ここまではサーヴァント化されたが、ヒュドラは『Fate/grandorder』での巨大エネミー、スキュレーはキルケーが召喚する存在としての登場となった。


関連事項

Fate/strangeFake 沙条綾香 主人公 金髪 眼鏡 ツンデレ
セイアヤ リチャアヤ

関連記事

親記事

Fate/strangefake ふぇいとすとれんじふぇいく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アヤカ・サジョウ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アヤカ・サジョウ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63821

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました