ピクシブ百科事典

ハンザ・セルバンテス

はんざせるばんてす

ハンザ・セルバンテスとは書籍「Fate/strangefake」の登場人物である。

概要

聖堂教会の神父で代行者。派手な眼帯を付けた三十代半ばほどの男性。
スノーフィールドで行われる「偽りの聖杯戦争」の監督役を務める。
師父と仕事の会話をする時も携帯電話を弄っていたり、出先でカジノに行く気満々だったり、社会に害を与えないなら死徒を積極的に討伐しないなど職務に対してやや不真面目なところがある。

型月作品では半ばお馴染みである「YAMA育ち」であり幼少期から並はずれた身体能力の持ち主。
また体の七割ほどを聖別した義体に置き換えた言うなれば聖ボーグ。義体に内蔵された様々なギミックを生かした戦いを得意とし、腕には飛ばないが最大3メートルまで伸びる黒鍵の刃が直接出てくる手首が開いて聖水入り榴弾を撃ち出す等の仕掛けがあり、足にも仕込みチェーンソードリルの有無はまだ明かされていない。さらに本気で戦う時には何らかの武術も用いるようで、そちらの方もかなりの実力者。通称『サイボーグ代行者』
子どもっぽいところがありフラット・エスカルドスにサイボーグボディを褒められたとき満更でもなかったようで本来は機密の上記のスペックを語った。
師父デルミオ・セルバンテスは武術の師であると同時に養父でもある。
また、カルテットと呼ばれる4人組の修道女をアシスタントとして連れている。

オーランド・リーヴとの会談中、警察署を襲撃してきたアサシン、そして死徒ジェスター・カルトゥーレとの戦いに巻き込まれる。オーランドらとアサシンの戦いには傍観を貫いていたが、ジェスター乱入後は実質オーランドらを助ける形で参戦。ジェスターと激闘を繰り広げ退けた。

代行者は辛い物好き」の伝統を守っており、「女性のマスターにはジョロキア・ジャンバラヤをご馳走したい」という発言から、ハバネロ以上の辛さと言われる唐辛子の料理が好物な様子。
3巻では聖別されたジョロキアとハバネロをそのままもぐもぐ食べていた。


関連タグ

Fate/strangefake ディーロ神父 代行者

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンザ・セルバンテス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26233

コメント