ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

Fate/strange Fake』に登場するキャラクター。

偽りの聖杯戦争に介入したアインツベルンのホムンクルスである女性


人物編集

一人称は「私(わたし)」

アインツベルン出身ではあるが、アインツベルンとは決別している。決別を表明した時に居合わせたアヤカ・サジョウに目を付け、自身の目的のための鉄砲玉になる事を強制。最低限の魔術関係の知識と他のマスターからマスター権を奪い取る令呪を与えて、スノーフィールドに差し向けた。


彼女自身もスノーフィールドへ乗り込んだが、ハルリ・ボルザークによる真バーサーカーの召喚の場所に居合わせてしまったことにより、英霊以上の力を持つ『何か』の器となってしまった。

そして『何か』に乗っ取られた後は、乗っ取られる前にしていたアヤカへの指示や命令を一切放棄してしまい、ショッピングモールやカジノに入り浸っている姿が目撃されている。


元々『何か』に乗っ取られる前はこの世全てへの怒りを顕わにしていた。一方『何か』に乗っ取られた後は奔放に振舞い、その存在に真バーサーカーは恐れを感じ「人類をちゃんと支配してあげる」という物騒極まりないことを言っている。憑りつかれる前は整った人形のような容姿だったが、憑りつかれてからは「彼女が美の定義となる」ほどの妖しい美しさをふりまくようになる。


そして、5巻にて彼女を乗っ取った『何か』の正体が明かされた。





















「もしも、この星でいつか『あの二人』が再臨して出会うような事があれば……

 私が全全霊をかけて――人間達を護ってあげる





プロフィール編集

真名イシュタル
性別女性
出典古代メソポタミア神話
地域メソポタミア
属性秩序・善
ILLUST森井しづき

※ このプロフィールは本百科の推測であり公式によるものではないため注意。


正体(ネタバレ注意!)編集

「大地の豊穣を司り、金星の輝きを持って戦士達に武運と褒章と破滅を与える、人を護る美の女神」――即ち、メソポタミア神話に登場する女神、イシュタルである。


その性格は菌糸類曰く「遠坂凛ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトを足して2で割って人間性を大幅に引いた」とのこと。本来なら『何か』が憑くと器の人格や記憶が融合して変質するのだが、フィリアは「神の器」として作られたかのような存在である為にすんなりと融合できたという。


その実態は、神代において女神イシュタルが世界に焼き付けた「残響」という祝福(呪い)。この発動には「ギルガメッシュとエルキドゥが同時期に何らかの形で蘇ること」という、聖杯戦争という概念がない当時ならば万に一つの奇跡とも言える条件が設定されていた。


すなわち両者が地球上の何らかの形で再会した世界線では、必ずイシュタルも何らかの形で連鎖顕現しうるということになる。神話級の傍迷惑さの具現としか言いようがない。


そして「偽りの聖杯戦争」にて2人がサーヴァントとして現界したことで条件が満たされてしまい、さらに器に適した小聖杯を内蔵するホムンクルス・フィリアもその場にいたことから、同じくメソポタミアに由来するフワワの召喚に連動する形で降霊が行われた、というのが事の真相である。


そのため、彼女は英霊の座と繋がっておらず、別の世界にて召喚されたときの記録を持たないが、現地に来た凛と対面・相対した際には自身の本体や姉妹神との縁をわずかに感じ取っている。


能力編集

魔力の矢で魔獣達を消し潰し、溢れる魔力を自身の周りに循環させることで気配を消したりアルケイデスの矢を弾き返している。さらにどこにも繋がってなさそうな『枝』から「天の牡牛(グガランナ)」を引っ張ってくる、洞窟に捨てられていた『鍵』で戦闘中に展開されていた宝物庫を閉ざす、人や獣ではなく人格の霊基すらない現代兵器をも魅了するなど規格外な力を持つ。


その魅了の力は五感などは関係なく、イシュタルがただここに在るというだけで世界は魅了されてしまう。神殿を空中へ浮き上がらせるようなことも可能であり、周囲の空間や地形、風の流れや空気密度に物理法則などあらゆるものを魅了によって支配し操作する。


飛来してきたミサイルを全ての機能を失くして落下させ、火薬玉の一欠片に至るまで魅了し尽すことで一切の誘爆を起こさず「火薬が爆発する」という当然の理すら失わせており、さらには厚みという概念がなく戦車の装甲だろうと突き抜ける影の刃でも、イシュタルに魅了された石や装飾品などは防ぐことができる。因果の逆転も引き起こし、無機物である大地が魅了される事で疑似的な知能と有機生命体としての機能、感情までをも獲得し、大地が盛り上がり巨大な海のようになって敵対する相手に襲い掛かることも可能としている。


空気を粘性を持った気体へと変じさせたり、ラピスラズリを刃の形に組み替えて飛ばしたりなど、魅了は攻防どちらにも力を発揮するが、神造の兵器など神々にも影響を与える性質を持ち合わせているモノは耐性があるため魅了による直接的な操作を免れることもある。


また、神殿を構成していた装飾品のラピスラズリや黄金を組み上げ『天舟マアンナ』を造り出したり、アルケイデスの放ったヒュドラの化身とでも言うべき魔矢を、その在り方すら魅了して、まったく違う存在へと造り替えることで『七頭の戦槌シタ』をも生み出している。

シタを振るって巻き起こす光や衝撃波は凄まじく、もしも人類社会に対して振るわれれば、真名を開放してない一撃でも、ただの一振りで都市に致命的な破壊を与える程の威力だとされている。


ステータス編集

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
自分自身CCAEXAEX

※ 仮にサーヴァントであった場合のステータス


保有スキル編集

対魔力(A)本来はアーチャーなどのクラススキル。魔術に対する抵抗力。Aランクともなると、魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上、現代の魔術師が『魔術』という概念で傷付ける事は不可能なレベル。
単独行動(A++)本来はアーチャーなどのクラススキル。マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。A++ランクともなると、マスター無しでも行動可能となるレベル。ホムンクルスの身体に憑依している状態なので高ランク。
女神の残響(B+++)『女神の神核』スキルと同等のスキルだが、上述のように女神の祝福(呪い)によって生まれたので微妙に異なる。条件が揃うと自分のコピーを生み出すプログラムを星の焼き付けたような形であり、その立ち位置は疑似サーヴァントと本物の狭間に位置する為、このランクとなる。精神干渉系の攻撃などは基本通じない。『神性』を内包した複合スキルであるかは不明。
美の顕現(EX)美の女神としての能力。その魅了の力は魔物や無機物、物理法則にすら影響を及ぼすが、相性の悪い冥界関連の概念などには行使出来ない。人間に対しては(自分を崇めて当然と考えているので)使う必要は無いと思っている。
魔力放出(A+)ありあまる魔力を武器ないし自身の肉体に付加させる事で攻撃力を増幅するスキル。土地を魅了して直接魔力を引き出し、出し惜しみなく放出する。
輝ける大王冠(A−)女神イシュタルの数多の権能の内の一つを顕す大王冠が輝き、様々な効果を齎す。あくまで残響なので、神代の頃と比較するとやや権能の力は落ちる。

宝具編集

八荒拝跪す天空の鎚(ジュベル・ハムリン・ブレイカー)編集

  • ランク:A+++
  • 種別:???
  • レンジ:999〜???
  • 最大捕捉:???

アーチャーとして召喚された際の『山脈震撼す明星の薪(アンガルタ・キガルシュ)』の別名。戦鎚シタに魔力と権能を込めて振り下ろす一撃は、魔力が叩きつけられれば一帯の全てを破壊し、スノーフィールドの地が地図から消え去るほどの威力。ただし、自身の神殿などは破壊を免れる。


天の牡牛:凶猛(グガランナ・ストライク・アウトレイジ)編集

  • ランク:EX
  • 種別:???
  • レンジ:999
  • 最大捕捉:999

自身の神獣『グガランナ』を召喚、使役する。

劇中では巨大台風という形で顕現し、スノーフィールドに襲来した。


詳しくは当該項目を参照。


関連項目編集

Fate/strangefake 災厄

関連記事

親記事

Fate/strangefake ふぇいとすとれんじふぇいく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43907

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました