ピクシブ百科事典

天の牡牛

ぐがらんなすとらいく

「天の牡牛」とは、Fateシリーズに登場する宝具である。
目次[非表示]

概要

  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~99
  • 最大補足:400人


Fateシリーズに登場するイシュタル宝具
女神イシュタルがかつてウルクを破壊するために遣わした、最大にして最強の神獣『天の牡牛』を一時的に召喚。
上空に『天の牡牛』を出現させ、その超大な蹄によって地上を粉砕せしめる。

隕石落下(メテオストライク)にも等しい大破壊。輝く空が落ちてくる。美しい光を放つ明けの明星が空を埋め尽くすかの如く、黄金の大蹄は大地と空との間にあるすべてを磨り潰すのである。
敵味方問わず大ダメージを与え、一時的に全ステータスのランクダウン効果(重圧)を与えるが、イシュタル本人のみ一切ダメージと効果を受けない

物理的に実体化させている訳ではないため、建造物を破壊することなく「屋内」という空間に限定して使用することも可能。
なお元々はTYPE-MOONデザイナーのひとりPFALZ氏の同人誌に登場するデザインだったが、2017年水着イベントを期にほぼそのままの形で正式採用されることとなった。

能力

シュメル最大の神獣と言われるだけあってか、暴風だけで物体を吹き飛ばし、雷鳴でサーヴァントの霊基を砕き、全盛期ならティグリスも干上がらせる力を持っている。
人間にとって事実上無敵の神獣であり、勝ち目がないとイシュタルが自負している。

神々ですら手懐けられないが、イシュタルは時に厳しく、時にもっと厳しく扱うことでグガランナを自在に操ったとされている。

経歴

Fate/Grand Order」にて疑似サーヴァントとして現界したイシュタルも元々は有していたが、何故か突如行方不明となってしまい、ウルク中を探し回ったが終ぞ発見することができなかった。
そして、それを間際まで言い出せなかった事で彼女の面目は丸つぶれとなり、唯一原初の女神を食い止められる力を失った特異点ウルクは、九分九厘壊滅する自体に陥った。

以降、カルデアで召喚された彼女も依然グガランナを呼び出す事が出来なくなってしまい、2017年水着イベントでやらかした企ても、この牡牛を再誕させ自らの権威を取り戻す為であった。


別作品「Fate/strange Fake」では、サーヴァントではなくホムンクルスに憑依する形で降臨したイシュタルが、欠けた力を補うべく、並行世界の枝葉から無理やり引っ張ることで強制的に召喚を試みた。

…実は、その「無理やり引っ張ってきた並行世界」こそが上記の特異点ウルクそのものであり、本来の酷薄さが健在であったこちらの彼女は「少しの間グガランナが無くても権能が使える自分なら大丈夫だろう」と思って悪びれなかった。
結果はご欄の有様であり、(半分他人に近い状態だが)ある意味では自業自得というか、並行世界の自分すら搾取対象にした横暴さに読者は呆れる事となった。

関連項目

Fate/GrandOrder Fate/strangeFake イシュタル(Fate) 宝具
神獣 召喚  

関連記事

親記事

宝具 ほうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天の牡牛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17063

コメント